情報

イタリアの野生生物:にがり-Egretta garzetta

イタリアの野生生物:にがり-Egretta garzetta

体系的な分類と分布

クラス:
注文: Ciconiiformes
家族: アルデイディ
種類: ボタウルス
種: B. ステラリス

イタリアでは珍しい種であり、ウンブリアからフリウリヴェネツィアジュリアまで、中部北部の湿地帯で見られます。他の種で起こることとは異なり、冬のにがりの個体数は増加します。実際には、営巣の割り当てに対して、冬を過ごすために私たちの国を選択する個人、特に中央ヨーロッパのグループがかなりの数存在します北部(ドイツおよびポーランド)およびバルト海地域(ラトビア、スウェーデン、フィンランド)。
2つの亜種:
-Botaurus stellaris stellaris
-Botaurus stellaris capensis

にがり- ボタウルス・ステラリス (写真Oasi Gabbianello)

にがり- ボタウルス・ステラリス (写真Emanuele Stival www.ornitologiaveneziana.eu)

にがり- ボタウルス・ステラリス (写真www.robertocobianchi.net)

特徴的なキャラクター

長さ:75 cm
重量:1.200グラム
翼幅:最大110 cm

まだらの羽があり、それが葦、それが住み、繁殖する環境と調和することができます。ジャバラに似たライン。

生物学

沼地、沼地、葦、沼地、水田に生息し、巣を作ります。


ビデオ: ゆっくり解説ナニこの果物世界の珍しいフルーツ11選 -パート1- (10月 2021).