情報

森林栽培:フラニョ

森林栽培:フラニョ

分類、起源および拡散

部門:精子植物
サブディビジョン:血管新生
クラス:双子葉植物
家族:ドングリ

Il Fragnoは、南東ヨーロッパ(プーリアからバルカン半島、黒海まで)の原産のオークです。典型的には地中海種で、海面から海抜約600メートルまで成長します。イタリアではプーリア(Murgeとサレント)とバジリカータ(マテラ)にあります。

Fragno- Quercus trojana Webb(写真www.pavia.be)

Fragno- Quercus trojana ウェッブ

一般的な特性

サイズ、幹、樹皮
高さは15メートルに達することもありますが、ほとんどの場合、低木でできています。葉は水平方向に球形に拡大され、基部までまっすぐで枝分かれした幹があります。外皮は溝があり、暗い。

葉は革のようで、光沢があり、交互になっていて、卵形の楕円形のラミナがあり、鋸歯状です。葉は長さが最大9 cmで、冬から秋にかけてすべて緑色になり、形成後の春にのみ乾燥して金色になります。
生殖構造
雄花は糸状体で薄い尾状花序に配置され、6テパルの小さなペリゴニウムを備えています。女性のものは、無茎性で、枝に個別にまたは2〜4の小さなグループで配置されます。
果実は長さ2〜4センチの球状のドングリで、2年で熟し、鱗状のドームで保護されています。

使用する

Fragno木材は主に薪として使用されます。イタリアではほとんど栽培されていません。


ビデオ: 人と木 第章 世界の森林と日本の木材利用 (12月 2021).