情報

果樹:ミロバラン

果樹:ミロバラン

分類、起源および拡散

部門:精子植物
サブディビジョン:血管新生
クラス:双子葉植物
家族:バラ科

ミロバラン(またはチェリープラムツリー)は、コーカサスおよび西アジア原産の木で、ローマ時代以前にヨーロッパに導入されました。

花の サクラセラシフェラ えー. 品種Pissardii

Pissardii品種の左側にあるミロバラン果実

一般的な特性

サイズ、幹、樹皮
直立した茎のある樹木(高さ最大8メートル)。時々ねじられているだけでなく、その枝も、基部または上部から分岐して分岐しています。細い幹はまっすぐに曲がりくねった節があり、若い標本では滑らかな皮があり、成虫では荒くて溝があり、色は茶色がかっています。
葉の色は、ピサルディ栽培品種の柔らかい緑から濃い紫がかった赤までです。

シンプルな落葉性の葉で、長さが6〜7 cmの、鋸歯状のエッジと目印の付いたpenninerviaリブを備えた楕円形の薄層があります。色はライトグリーンからダークグリーン、ダークパープルレッド(Pissardii栽培品種)までさまざまです。
生殖構造
3月から4月に1センチメートルの茎に咲く孤独な花は、幅が2 cmを超え、白い花びら(品種Pissardiiではピンク色)と、紫がかった紫の雄しべがあります。果実は、熟した、甘くてジューシーな場合、幅3 cmまでの球状の球果、赤またはピンクがかった黄色です。

使用する

果物栽培の台木として広く使用されていますが、フランスでは果樹が栽培されていますが、イタリアでは、ミラボラーノは装飾的な機能しかありません。