情報

ハトの品種:ローマ

ハトの品種:ローマ

起源と経済的特徴

イタリアの品種は他のすべての鳩の品種よりも大きい。その先祖であるコロンボディカンパニアは、ローマ帝国時代にはすでに存在していた。 Varro、Columella、およびPlinyはこれらのハトのニュースを私たちに提供し、ローマ人が彼らの別荘や宮殿でそれらを育てることを約束した「狂気」に言及します。
戦闘的で社交的ではない性格で、飛行は重い。

形態学的特徴

中重量:
-女性0.9 kg
-1.3kgまでの男性。
くちばしの先端から尾の終わりまでの長さ、約55 cm。 110-120 cmの翼幅。本体は横長、ロングテール。強くて幅広の凸型ヘッド。大きくくちばし、わずかにアーチ型、かなり発達した鼻孔があり、白く滑らかです。 Lyridは完全に白色で、かなり目立つ眼球が存在する必要があります。短くて太い首。胸の羽で覆われた太もも。カーマインレッドターシ。
コート:黒い棒のある青、棒のある茶色(乳酸塩)、まれに赤、黄色、黒、暗い石、白、マグナン。


棒付きローマンブラウン(乳酸菌)

Copyright©ウェブサイト-ISSNコード1970-2620-ウェブマスター:Marco [email protected]プライバシー


ビデオ: 珍事発生!!ドーム内でカラスが鳩を襲撃し試合中断 (九月 2021).