情報

ハトの品種:レッジャーニーノまたはイタリアのネクタイ

ハトの品種:レッジャーニーノまたはイタリアのネクタイ

起源と経済的特徴

レッジョエミリアが原産のイタリアの小サイズ品種。起源は16世紀以前にさかのぼります。一部の著者によると、それは地元の鳩とのアフリカ起源のトラ鳩の交雑育種から生まれました。品種「ロンドン」については、ダマシン・ハトの貢献を考えています。
活発で、国産で、非常にエレガントで、優れたチラシ。

形態学的特徴

平均重量300グラム、長さ20-25 cm。
色:白、黒、黄色、赤、暗い石など、さまざまな色があります。乳酸、山羊、パステル、敷き詰められた他の色、そして様々なマグナンとザルザニ。 「サブレースと見なされるスイフトは、色で飼育されています」「乳酸スイフト」と「キジスイフト」。
滑らかな頭、長いくちばしよりも幅の広い非常に短いくちばし。ふくらみと広い目。ミディアムレングスの襟、やや後ろに折り返された細いネクタイまたはフラッパー。縦にラインで分割され、発散しフリルのある羽の2つの等しい部分になっています。
広くて丸みのある胸。

赤を敷いたレッジアーノ(写真ファビオザンボン)

黒で槌で打たれたレッジャーニーノブルー(写真ファビオザンボン)


Reggianino Swift Pheasant(写真http://commons.wikimedia.org)

Copyright©ウェブサイト-ISSNコード1970-2620-ウェブマスター:Marco [email protected]プライバシー


ビデオ: こうすれば鳩は飛ぶ600k700k (九月 2021).