情報

ハトの品種:ありふれた

ハトの品種:ありふれた

起源と経済的特徴

Mondanoは古いフランスの品種です。世紀の変わり目に、最も経験豊富なブリーダーが協力して現在のタイプを開発しました。この品種の基準は1931年に認められ、採用されました。この品種の先駆者の中には、この高く評価されている品種のメインブリーダーである "Amis du Pigeon"の社長であるアルフレッドグリットン氏がいました。

形態学的特徴

コロンボは非常に大きく重く、脚は低く、胸は非常に広く目立ちます。男性の体重が最大1000グラムに達するのに対し、女性の体重は約900グラムです。
頭は体の容積に比べて小さく、滑らかです。根元の短くて厚い首;非常に大きく、在庫の豊富な肉の胸肉。短く閉じた尾。
マント:白、黒、赤、黄色、スエード無地。ツートンストライプとスロットルブラック、レッド、イエロー。すべてを白いしこりで敷き詰めました。


モンダーノビアンコ(写真www.pigeons-france.com)

ありふれた:赤いスロットル-Zarzano vergato(写真www.pigeons-france.com)

Copyright©ウェブサイト-ISSNコード1970-2620-ウェブマスター:Marco [email protected]プライバシー


ビデオ: 第15回 希少がん Meet the Expert肉腫サルコーマ子宮の肉腫講演 加藤 友康 (九月 2021).