情報

ハトの品種:ロマグノロ

ハトの品種:ロマグノロ

起源と経済的特徴

ロマニョーロは19世紀の終わりに「本物の」ハトから選ばれ、おそらく古代のコロンボアスコラーノに由来するため、1800年代後半にカリストギギ(著名な養殖学者、アレッサンドロギギ教授の父)によって命名されました。

形態学的特徴

それは大きなハト(約750-850グラム)で、かなり短く、重い飛行、滑らかで光沢のある羽毛、しっかりと収集されたトランク、水平またはわずかに隆起した習慣があります。
滑らかで中型のヘッド。中型の目、オレンジのアイリス。白の黒、まぶたの白。くちばしは薄く、まっすぐで、まっすぐで、少し発達した鼻孔があり、滑らかで白い。強くて首全体、広くて目立つ胸、広い背中、強い翼、水平方向に運ばれる閉じた尾、足裏に羽が付いた強い脚、豊富で最大10-12 cm )。
色:白、黒、ライラック、赤または黒、ロッドまたはハンマー。 Piebaldsとスロットルも使用できます。

Romagnolo(写真http://imageshack.us)

Romagnolo(写真http://imageshack.us)

Copyright©ウェブサイト-ISSNコード1970-2620-ウェブマスター:Marco [email protected]プライバシー


ビデオ: 広島鳩勉強会 e - 11 羽色銀灰 (九月 2021).