情報

ハトの品種:フィオレンティーノ

ハトの品種:フィオレンティーノ

起源と経済的特徴

イタリアの品種。かつてはピエモンテ語またはチロルの鶏の鳩の名前でも知られていました。もともとは肉用に飼育されていましたが、今日ではそのクラスと美しい外観でショーの品種と見なされています。イタリアでは育ちますが、珍しい品種であると考えられていますが、ドイツやアメリカでも飼育されています。

形態学的特徴

コロンボは非常に巨大で、丸みのある体型と水平姿勢です。胸と幅広の肩、まっすぐな姿勢で高い尾を持ちます。対象の全体の高さは、緊張と首、体、脚の3つの等しい部分に分かれています。
一次移住を伴う短い翼が尾を乗り越えた。
染色は、白いレミガンティを除いて、ジプシートリガニーニの染色に似ています。
白い、中型の鼻孔。
マント:背景色は白、頭、翼の盾、尾、くさびは色付きです。存在する色は、黒、赤、黄、青、茶色で、ロッドやハンマリングの有無にかかわらず、さまざまな色があります。

フィレンツェのハトのペア:黒い棒を持つ黒い雄、青い銀色の雌(写真F. Zambon)


コロンボフィオレンティーノブルー(写真:Mc Neillie)

Copyright©ウェブサイト-ISSNコード1970-2620-ウェブマスター:Marco [email protected]プライバシー


ビデオ: 広島東洋カープ 応援歌 フィオ選手 (九月 2021).