情報

ハトの品種:コーショワ

ハトの品種:コーショワ

起源と経済的特徴

もともとはノルマンディーのコー地域から生まれたフランスの品種で、1600年にすでに育ち、1774年にブッフォンによって記述され、1824年にボワルとコービーによって「ピジョンマイレ」と呼ばれ、ブレム(1840)によって呼ばれました。 )品種はゴズートとマンダネ(王室の鳩として意図され、序文「国内の鳩」を参照)の間の交配に由来するという意見を表明しました。

形態学的特徴

中型のコロンボ。エレガントで重さは700〜800グラム。その自然な位置では、体は地面から45度以下の角度を形成する必要があります。首は短く、ベースは頑丈で、一部の被験者はゴズーティのように膨らむ傾向があり、多少存在する可能性がある特徴的な白いよだれかけを強調しています。
マント:青、青、赤、ピンク、白の羽パターンで編まれています。黄色と白のデザインのシルバーの背景で編まれています。青、黒、ピンク、白の棒。黄色の白い棒の付いた銀。ロッド付きの赤。棒で黄色。単色の赤、黄、黒。


Cauchoisシルバーイエローロッド(写真www.pigeons-france.com)

Cauchois:ブルーニットレッド-イエローソリッド(写真www.pigeons-france.com)

Copyright©ウェブサイト-ISSNコード1970-2620-ウェブマスター:Marco [email protected]プライバシー


ビデオ: ぷくぷくぽんぽん 可愛い鳩ぽっぽ cutest pigeons ever (九月 2021).