情報

ヤギの品種:ペドゥラ

ヤギの品種:ペドゥラ

起源と拡散

この品種の起源は不明です。それはアッパーとミドルヴァルテッリーナ、ヴァルマレンコ、ヴァルキアヴェンナに広まっています。 90年代半ばの品種は数百頭と推定され、オスとメスの比率が良好でした。それは、コモンアルパインに似た多くの形態学的側面を持っています。

形態的および生産的な特性

サイズ:中大
コートは短くて濃いベージュの髪で構成されており、色合いは灰色になりがちで、頭と手足の四肢、アンダーテールと胸骨の領域には特徴的な黒い縞があります。ペドゥラの品種集団では、2つの主要なタイプが強調表示されています。黒のシャモアシェードを持つマントを持つクラシックペドゥロタイプと、白または白っぽいシェードを持つアッパーモニャバレーでのみ呼ばれる2番目のタイプです。
ヘッド:小さく、軽く、まっすぐなプロファイル。耳は直立しています。男性では、ひげは厚く、sincipite地域には豊富な房があります。女性では、ひげは多かれ少なかれ存在することができます。
ホーンはサーベルの形をしており、常に両性に存在します。特に男性では、印象的な次元に達する可能性があります。
ネック:調和の取れた、しっかりした、tettoleの存在で短くなる傾向があります。
体幹:長く、胸部は広くて深く、腹部は発達しています。わずかに傾斜したクループは長く、適度な幅があります。胸はしっかりした靭帯の装置でよく形作られています。
四肢:実質的に正しい、しばしばアクセスできないエリアでの放牧に適応した人口の典型。

優しい性格で搾乳に適しています。
素朴で質素な品種で、山の牧草地での牧草システムへの適応の典型的な例です。

ペドゥラ(写真www.associazionerare.it)

Capra Pedula(写真Luigi Brambilla www.associazionerare.it)

在来種のアトラス
イタリアで飼育されている牛、馬、羊、山羊、豚
Daniele Bigi、Alessio Zanon-Edagricole-2008年11月

この本は、農業生物多様性、生態学的バランス、伝統、およびそれらに由来する典型的な製品に基づくニッチ経済の維持において、イタリアの在来種の育種によって果たされるかけがえのない役割の普及と増加に貢献することを目的としています。
インターネットで買う


ビデオ: 荒地を牧場へ ヤギ除草カ月の挑戦 (九月 2021).