情報

ヤギの品種:ファチャナまたはコロンビーナ

ヤギの品種:ファチャナまたはコロンビーナ

起源と拡散

イタリアのヤギの品種。イタリア北部、特にピエモンテでは、この品種はファサーナまたはコロンビーナと呼ばれ、他のヨーロッパ諸国、オーストリア、フランス、ドイツでは「パボーネ」と呼ばれています。
農場はピエモンテの北部地域に分布しており、266の標本が分類され、いくつかの成体の雄、とりわけ女性の系統からなる68の農場に分けられています。
純血種の飼育を得るために、20匹のファサーネ山羊が復帰プログラムで使用され、バルセシアで選ばれました。

形態的および生産的な特性

品種ファチャナまたはコロンビーナ

FažanaまたはColombina(写真J. Errante Turin Zootechnical Sciences Department RARE Association)

在来種のアトラス
イタリアで飼育されている牛、馬、羊、山羊、豚
Daniele Bigi、Alessio Zanon-Edagricole-2008年11月

この本は、農業生物多様性、生態学的バランス、伝統、およびそれらに由来する典型的な製品に基づくニッチ経済を維持する上で、イタリアの在来品種の育種が果たすかけがえのない役割の普及と意識向上に貢献することを目的としています。
インターネットで買う


ビデオ: ヤギ競りの裏側まですべて見せますSP前編 (九月 2021).