情報

ヤギの品種:ベリーヤギCou Clair

ヤギの品種:ベリーヤギCou Clair

起源と拡散

起源:フランス(Center-Val de Loire)

この品種は絶滅したと考えられており、シェール県とアンドレ県に再び現れています。 Cou-clair du Berryの最初の公式の痕跡は1900年代初頭にさかのぼります。1920年から1930年まで、それらはベリーや近隣地域で多数見られ、すぐに他の品種に取って代わられました。これはおそらくベリーヤギ(現在は絶滅している)と高山種の標本との交配の結果です。

形態的および生産的な特性

ミディアムラージサイズ。
フロントは白から茶色のスエードまでの色で、リアはダークブラウンブラックで、2つのパーツの間に明確な区分があります。髪は剃毛されていますが、背骨や胴体を超えて落ちる髪の部分は長くなることがあります。
腰と後肢の上部に体の前部の色の斑点があります。しかし、明るい色の頬には、一種の暗いコンマがあります。足には「黒い靴下」があります。ホーンは分岐しており、後方に湾曲しています。

非常に生産性が高く、この品種は伝統的に牛乳で育てられ、チーズに変わりました。


Cou Clair del Berryヤギ(写真http://chevre-du-berry.e-monsite.com)


ベリーゴートクークレア(写真www.urgcentre.fr)


ビデオ: 荒地を牧場へ ヤギ除草カ月の挑戦 (九月 2021).