情報

犬の品種:ロシアのおもちゃ-Russkiyおもちゃ

犬の品種:ロシアのおもちゃ-Russkiyおもちゃ

起源、分類、歴史

起源:ロシア。
F.C.I分類:グループ9-愛玩犬。

20世紀初頭、イングリッシュトイテリアはロシアで最も人気のある装飾用犬の1つでした。しかし、20代から50代にかけて、品種改良は行われず、個体数は危機的なレベルにまで減少した。 1950年代半ばに始まり、ロシアのシノロジストはこの品種を再構成するための努力をしました。トイテリアのために確立された基準は、多くの基本的な点でイギリスのトイテリアの基準と明らかに異なることが判明し、この瞬間からロシアでの品種の開発はその特定の道を歩みました。
1958年10月12日、モスクワで2人の男性の短い髪のおもちゃテリア(そのうちの1人は少し伸びた髪の毛)が、耳と手足に派手な髪の毛が過剰に生まれました。子孫のこれらの特性を安定させるために決定がなされ、彼らはまた少し伸びた毛皮を持っていた女性と彼を交差させました。このようにして、トイテリアの長い髪の変種が得られました。
長年に渡る開発と選択の中で、長髪と短髪の2種類の新しい品種、ロシアトイテリアが選択されています。

一般的な側面

脚が高く、骨の構造が小さく、筋肉が乾いた、小さくてエレガントな活気のある犬。正方形の形。肘の高さは枯れの高さの半分を少し超えています。胸はかなり深いです。

キャラクター

愛情深く、インテリジェントで自信があり、俊敏でアクティブで、強く、恐れを知らず、オーナーに献身的です。
活発で非常に活気があり、恐れも攻撃的でもありません。

シェール・ペッピー、おもちゃのラッソの女性-長い髪のラッスキーのおもちゃ
(写真Tsetlin Ludmila、ロシアのおもちゃ農場の所有者www.russkiytoy.de)

標準

重量: 3kgまでの男性と女性
枯れの高さ:男性と女性20-28 cm。

頭:小さい。
スカルボックス:高くはあるが幅は広くない、丸みを帯びて横から見たところ。額から銃口までの通路:マーク。
鼻:小、黒、またはコートの色合い。
銃口:頭頂部より少し短い、先のとがった乾いた口。唇:薄い、薄い、ぴったり、暗い、またはコートの色合い。
顎/歯:小さく、白い、はさみタイプの歯の交連。
頬骨:わずかに突き出ている。
目:非常に大きく、丸く、わずかに突き出ており、広くまっすぐな位置にあり、暗い。まぶたは黒っぽいか、コートの色合いがあり、よく付着しています。
耳:大きく、薄く、高く、直立している。
ネック:長く、乾いていて、高く、わずかに湾曲しています。

トランク
上のライン:しぼみから尾の付け根までゆっくりと下降します。
ウィザー:わずかにマーク。
戻る:強く、まっすぐ。
腎臓:短く、わずかに突き出ている。
クループ:わずかに丸みを帯び、傾斜している
胸部:非常に深くはなく、大きくない楕円形。
下の線:腹部が狭く、脚の付け根にフィットし、胸部から鼠径部にかけて緩やかでよく曲がった線を形成します。
尻尾:ショートカット(2〜3個の椎骨が残っている)、犬は喜んで上向きに保持します。好ましくは鎌の形状である、切断されていない尾部も可能であり、背部の線より低くないままである。

芸術
正面:エレガントで筋肉質で、正面からまっすぐ平行に観察します。
肩甲骨:限られた長さで、あまり傾斜していない位置。
オメリ:肩甲骨とほぼ同じ長さ。上腕骨の肩関節の角度は約105°です。
肘:厳密に後ろ向き。
前腕:長くまっすぐ。
手首:ドライ。
中手骨:ほぼ垂直。
足:小さい、楕円形、アーチ型、閉じている、前方を向いている、爪が黒またはコートの色合いがある、植物が伸縮性がある、黒またはコートの色合いがある。
後部:それらを後ろから見ると、真っ直ぐで平行で、前のものよりも幅が広いだけです。ジョイントのすべてのコーナーがかなりマークされています。
大腿骨:乾燥した発達した筋肉組織。
脛骨:大腿骨と同じ長さ。
スラストジョイント:十分な角度。
中足骨:垂直に配置されます。
脚:前脚のようにアーチ型で、爪や植物は黒か、コートの色合いがあります。
動き:無料、直線、高速。犬の姿は動きがほとんど変わらず止まります。

皮膚:薄く、乾燥しており、体によくフィットします。

ペロ
コート:黒と黄褐色、茶色と黄褐色、青と黄褐色、また子鹿、時には黒または茶色の色合い。
存在する 二品種:長髪のロシアのおもちゃのテリアと滑らかな髪のおもちゃのテリア。長い髪の品種は他の品種のコピーであり、耳の毛の房のみが異なります。
翻訳:フェデリコペッテルティ博士

www.russkiystoy.comに感謝


ビデオ: 知育玩具歳児のおもちゃ紹介番ヒットしたおもちゃはどれかな (九月 2021).