情報

犬の品種:ポデンコアンダルスの歴史-アンダルシアポデンコ

犬の品種:ポデンコアンダルスの歴史-アンダルシアポデンコ

起源と分類

起源:スペイン。
F.C.I分類: 未認識の品種FCI
グループ5-スピッツと原始犬
セクション7-プリミティブタイプ-狩猟犬
試用なし
ブリードスタンダードの発行日:1992年3月

品種の歴史

地中海盆地のポデンコスの歴史。
ポデンコの起源は時間の霧の中で失われていますが、歴史が狩猟の不溶部分を形成する地中海盆地、特にポデンコとウサギの組み合わせで密接に関連していることはまだ明らかにされていません。この質感は、アンダルシアポデンコの場合、D。マヌエルC.ジャレンネボット氏によって見事に確認されています。偉大な学者であり、ネイティブアンダルシアの品種の愛好家であり、彼のモノグラフ「アンダルシアポデンコ...謙虚な王」は、人種。
ここに彼の言葉があります:(雑誌Todo Perrosから取られた、n。21、1996)。

ちょっとした歴史
歴史の中で、イベリア半島の住民が私たちのルーツについて考える時間はほとんどありませんでした。多くの民族、文化、文明が私たちの土地と緯度で起こりました。祖父母は戦いと植民地化の中で祖先に注意を払いませんでした。
徐々に、そして何世紀にもわたって、原始的なケルト、イベリア、タルタルの文化は、魅力的な品種の組み合わせと融合し、短時間で、時には努力して、時には栄光で私たちの愛するスペインを築きました。私たちが生まれる素晴らしい文化的活力により、私たちは多様性を誇り、時には私たちの団結を誇ることができます。しかし、私たちの原始的なイベリアはどうですか?私たちの領土に他の都市から輸入されていないものは残っていますか?何が私たちを祖先と結びつけ、何が私たちを民族に結びつけるのでしょうか?人々が自分のアイデンティティを失わないのはなぜですか?
伝統は明らかです。伝統のない人はいない。
スペインでは、伝統は無数にあります。多くの人が最近の時代にさかのぼり、他の人は時間の霧の中で失われています。私たちの国には2つの文化的伝統があり、それがなければ私たちの歴史は同じではありません。一方は闘牛、もう一方は狩猟。カスティーリャ語の最初の本は狩猟に特化したものであり、私たちの歴史の中で狩猟がもたらした影響は根本的なものでした。私たちの国には、映画の問題に独自の意味合いがない領域はありません。これは、種と同じ親密な自然に没頭するものです。
旧石器時代にはすでに、私たちの半島には人間が住んでいました。
旧石器時代上部のアルタミラ、イルカステッロ、ラパシエガの洞窟、中石器時代のアルバセテのビエハアンアルペラ、ミナテラ、レリダのコガルなどの洞窟は、(氷河期の終わり、ワームIV期、紀元前9000年)狩猟が原始的で根本的なものであるロックアートシーン。犬の系統的起源は不明であり、一部の著者はオオカミのような血統を示唆し、他の人はジャッカルからの進化について理論化しており、多くの人は証明するのが難しいステートメントに手を出さない方が良いと信じています。 Delgado Bermelo y colsは、「犬種の機能分類-犬の遺伝的改善」の作品で、片側からスペインのグレイハウンド、Galgo、およびもう一方からPodencoを派生する、グレイオイドのグループのPodencoタイプの犬を考慮しています。人と犬の協力が旧石器時代に始まることにほとんど誰もが同意します。
明らかに、男性に加わった原始的な犬は、自給自足であり、彼ら自身を支えることができなければなりませんでした。それ以来、人間と犬の協力のごく初期の段階で、半島でのロックアートの表現は、西サハラのタサリnアジエルのそれなど、北アフリカの洞窟で描かれたものと非常によく似たイヌ科動物を示しています。一部の著者や考古学者は、これらのイヌ科動物をオオカミと解釈しています。しかし、耳の比率、胸郭の形状、尾の形状、およびこれらの動物の一般的な構造などの側面は、それらがオオカミではないことを示唆しています。彼らは常に私たちの近くにいる動物で、これらの動物はポデンコスです!
原始的なPodenco犬は、時間の経過とともに、さまざまな品種で進化しました。 Cirneco dell'Etna、Basenji、またはCanaanの犬などは、地中海西部の犬と系統的に関連づけられて統合されました。しかし、Podencoの真のゆりかごと聖域は、同じ場所、つまりイベリア半島にあります。 4つの異なる地域で、Podencoイヌの分化した家族(人種核)が生まれました。これらの核の3つは、群島、カナリア諸島、バレアレス諸島、アゾレス諸島にあります。 Podenco Canario、Ibicenco、Azorianoは、これらの土地の固有種です。半島近くの群島に差別化された人種が存在することは、簡単に説明できます。もともとこれらの島々は生息しておらず、種としての犬はそこには存在していませんでした。人間によって導入されることに加えて、Podencosは、孤立または遺伝的派生、選択、近交のプロセスのために、形態学的および機能的な違いの両方を明らかにし始め、それ以来、独自の特性を持つ品種に存在する遺伝的遺産を統合しました。半島では、時間の経過とともに、ポデンコは2つの大きなグループで構成されたままであり、一方はポルトガルのポデンコ、もう一方はこの作品の主人公、アンダルシアのポデンコでした。

現在のアンダルシアポデンコスと、洞窟壁画に描かれている犬との大きな類似性は並外れています。
なぜ彼らは1万年でほとんど進化しなかったのですか?回答させていただきます。私たちが見てきたように、ポデンコの起源の領域は、典型的な地中海性気候帯に接続されています。地中海性気候は、低雨、非常に暑い夏、寒い冬が特徴です。

アンダルシアの内陸部では、夏の45度から冬の零下の数度になることも珍しくありません。これらの地域に存在する植生は、この過酷な環境に順応しており、夏季には降雨がまったくないことに加えなければなりません。
植物は、棘、皮革の葉、硬くて強い茎などの防御構造を発達させました。
アンダルシアのポデンコスが発達するのはこの地形です。シエラモレナに存在するスポット、とげのある茂み、コスコハ(木の植物)、とげのある渓谷の恐ろしい密度を訪れた人は誰でも、そこに狩りをする勇気のある動物がどれだけ耐性があるに違いないかを知るでしょう。
ポデンコのすべては狩猟、その解剖学、性格、心理学、そしてその動きのためのものであり、狩りをし、私たちの緯度で狩りをする以外に理由はありません。これが進化していない理由です。なぜそれが必要ないのか;ここで彼は卓越しているので、彼は王です。

文学におけるPodenco

私たちの国では、狩猟文学は比類のない富です。歴史を通じて、Podencoを絶対的に正しい形式として選出することに同意した何人かの著者がいます。なぜなら、その動作を見たすべての人は、他の犬種と比較して私たちのPodencoの計り知れないほどの優位性を主張できるだけだからです。
フルタドデメンドーサ家がカスティーリャの王に手紙を書いたのは15世紀のことで、前述の家族が王冠から受け取った多大な支援に関して彼の贈り物の1つが発送されました。フルダドデメンドーサ家は「カサ・デル・インファンタド」、そして彼らは広い土地と多数の牛を所有していました。彼らは貴族として狩猟に精通し、壮大な厩舎と大量のポデンコ、グレイハウンド、グレートデーンズを備えた大きなスーツを所有していました。
...「主があなたに3つ、2つのPodencosと1つのPodencaを送ってくれました...それはその中で最高のカーストであり、私はそれが改善されないことを保証します」
硬い髪のウルタドのポデンコスは法廷で大いに愛され、その子孫は長年カスティーリャの君主が所有する最高の犬と交配しました。
1644年(17世紀)のアロンソマルテネスデルエスパーナルの作品「Arte de Ballestreria yMonterìa」では、当時のハンターに最も人気が高く評価されている犬の1つとしてPodencoについて説明していますが、XVII世紀では貴族が展覧会と当時のほとんどの参考文献は、ほとんどすべてレトリーバーとポワント犬に捧げられています。ポデンコは人々の犬に改宗しなければなりませんでした。マイナーな狩猟のためのPodencoの絶対的な自給自足は、狩猟がスポーツではなく自給の方法であった少数の資源を持つ農民の素晴らしい同盟国になりました。
18世紀の間、狩猟をテーマにした文学作品を書く傾向が続いた。手紙に専念し、外国の俗物に明らかに影響された貴族は、質素な出発を開始し、単純な人々に対してより大きな特権を得ることができるようになりました。急性かつ独創的な退去が、ほとんど神の働きによって、選民のグループのメンバーであることを主張し始めました。
ホセ・カダスもムーアの手紙でこう言っています:……..クリスチャンの友人に、遺伝性の貴族が何であるかを彼に理解していないことを教えた後、そして彼が言った多くのことで私と一緒に笑った後、世俗の貴族について説明してもらいました世界中で、彼はこれらの声で終わり、多くの笑い声のカスケードによって中断されました:遺伝性の貴族は、私の誕生の800年前に私のように呼ばれた誰かが亡くなり、偉大な功績のある人だったという事実を誇示する虚栄心です、私はだめですが。
これは、高貴な階級に大きな特権があり、生き残るためにいわゆる経済スープがどのようにして生き残るかを見た農民にとって大きな苦痛と飢饉の時代に社会を支配するタイプの雰囲気ですビート、固いパン、豚脂、塩と酢、水。この準備の25ポンドは50人のための配給だった。
この状況は18世紀の後半まで続き、アンダルシアでは農民を最悪の惨めさへと引きずり込みました。この文脈では、
実質的に自給自足の動物としてのPodencoは、飼い主の貧しい胃に狩猟肉を運ぶのに1匹の犬だけで十分だったので、大きな助けとして貧しい人々の側にいました。
19世紀は、スペインの人々にとってはうまくいかなかった。18世紀の飢饉の後、フランスの占領が到来し、その結果、戦争中に食糧不足が続いたからである。しかし、ポデンコは農民とともにそこに残った。
1864年に「狩猟犬の宝物-犬の品種を知る芸術」がマドリードで出版されました。この修復された作品は、本社や金種がわからない狩猟会社に受け継がれました。ポデンコに捧げられた段落では、次のように読むことができます。「ポデンコは非常に軽く、ただしガルゴほどではなく、広い頭、鋭い目、オオカミのような耳、まっすぐで奇妙な尾、非常に太い髪でなければならない下部に。この犬は非常に鋭く、細く、線路の匂いが非常に優れています。ウサギやイノシシを殺し、夜間でもうさぎを捕まえます。Galgoはそうではありません。痕跡ほど風が少ないためです。一般に、Podencoはあらゆる種類の狩猟に使用され、それらを訓練するには、彼らを狩猟する必要があります。
ミューデンスと呼ばれるポデンコスの狩猟グループには、他の犬から獲物をハンターに連れ去ることだけが機能する犬がいます。これらの専門犬は、「Quitaores」または「taker / retriever」という名称を受け取ります。多くの著者がこれらのポデンコスを大きなポデンコスであると考えてきました。上記で引用した研究では、Quitaorは次のように定義されています。
…「ウサギの狩猟では、PodencoとGreat Daneの混合犬が命名されます。これは、パックリーダーと見なすことができます。ハンターがすべての犬の複合体を指定する名前です。一般的に、Quiororは狩りをしませんが、他の犬が引き離して食べる前に、他の犬が獲物を奪って飼い主に連れて行くのを観察します。
したがって、この定義は明らかになる可能性があります。最近では、大規模なPodencosによって実行されるQuitaorの機能が渡されたことは確かです。一方では、この横断を不可能にしたアラニの欠如のため、そして他方では、この作業を実行するためのポデンコスの絶対的により大きな能力のために。しかし、Quitaorは小さなウェットスーツで活動するだけでなく、野ウサギを狩猟するためにスペインのグレイハウンドの行動範囲まで拡大しました。有名なポデンコス「コンパネロス」(現在の大型アンダルシアポデンコの代名詞)は、良い野ウサギが住む穀物の広大な地域があるカルモナのカンパーナの地で、本物のスペシャリストです。ガルゴスのどの種族も、ハンターから数キロ離れた場所に簡単に移動できます。クワトールがノウサギをガルゴスに連れて行き、ハンターに運ぶのは非常に貴重です。ポデンコになる理由は狩猟であることはすでに述べました。私たちの文学で最も偉大なハンターの1人は、AntonioCorvasìです。彼は数多くのエッセイで、Podencoを狩猟に最適な犬だと述べています。
…「狩猟犬の王は、常に、そして常に、Caccia CacciaのPodencoです。戦闘には勇気があり、疲れは疲れず、リスのように堅く、素直で機敏、そして迅速で、彼の魂に高貴で忠実です。それは壮大な狩猟犬のすべての良い状態をまとめます。」古代の作家のほとんどは、Podencoを定義するときに、正確な人種グループについて区別をしていません。 1898年に、半島のPodencosをカタログ化した最初の作品が出版され、最終的には、アンダルシアのPodencoとして今日知られている品種の理論的基礎が築かれました。アンダルシアのポデンコとの関連で最も重要な彼の例外的な作品。

ネイティブスペインの品種のパノラマで犬Podencoアンダルス

スペインの犬の世界でポデンコ​​アンダルスについて話すと、大きなパラドックスと矛盾が生じます。一方では、アンダルシアでのみ、他の在来種の合計よりも多い個体数を数え、私たちの中で最も多くの種であり、公式の承認を得た最後の種の1つであり、ちょうど無期限の状態のままでした。一年前;一方、品種の中で最も一般的であるので、それは不明であり、「歴史がほとんどなく、忘れられている品種」である。たとえば、アラナ・オルティスの著書「Canicultura」(1963)では、深い技術的研究や80年代初頭から、特に90年代から科学的です。この状況は、機能、適応性、素朴さが田舎の男性によって世代から世代へ課された基準である不必要なファッションや雑食の端にある、その最大の機能状態ですべてのスタッフを保護するための正しい方向に進化しましたそして自然淘汰。品種に関する最初の生体認証研究の基礎が確立されたのは1982年のスペイン犬種の第1回会議に続き、1992年に次のシンポジウムから始まり、Podenco Andaluzは公式に認められた品種として具体化し、公式に認められたブリーダーであるアンダルシアポデンコナショナルクラブ。認識された品種のパトロネージ(このシンポジウムの結果)と群れの本。その記録はスペインのレアルソシエダ中央デフォルメントデラザスカニーナのスペイン原産地(L.O.E.)に含まれています。それ以来、この品種は3つの異なるサイズまたはその中のサイズを考慮して正式に形になりました。ラージサイズ、ミディアムサイズ、スモールサイズに加え、ショートヘア、ハードヘア、ロングヘアの3種類のヘアタイプ。このことから、さまざまなサイズとさまざまな髪の組み合わせにより、アンダルシア風のPodenco品種には9つの異なる実体が存在することがわかります。

起源が不明な古代の品種

いくつかの品種はより大きな古さを呼び起こし、その痕跡、手がかりがより明白になり、先史時代に発生した最初の犬と男の関係の起源に近づきます。
今日、私たちはこの関連がどのようにして起こったかの概算を試すことができます。なぜなら、一方で、私たちは食物の残骸を求めて人間の個体群に近づいている現在のイヌ種の日和見的な習慣を知っています。古代これらの肉食動物を狩猟するためのスキル、そして後に彼の領土の監護感。どちらの種も、捕食を通じて動物性タンパク質を得るための完全な共生関係を形成することができました。
この相互の関連は、両方の種の共通の行動学的特徴、特定のヒエラルキーをもつ社会集団の形成、およびその社会学に関連するさまざまな行動規則から生まれました。このようにして、野生の犬と人間との共存が始まり、2番目に高い階層の枝を占めました。
その男は当時、形のない、または最近の犬種のような、エキゾチックな(珍しい)犬を必要としませんでした。運動能力のある犬まで、抵抗力があり、強力ですが、実用的な助手であり、優れたハンターをモデルにしています。人間のように、何百万年にもわたる進化のモデルとなったイヌ科動物。
この品種の祖先の意味は、その行動学よりも明白な形態学および生理学の簡単な研究で見つけることができます。形態については、その原始的な、あまり人工的ではない、人工的な側面は明らかでしたが、母なる自然によって造られたこれらの土地の歴史に関連する環境タイプのまったく逆です。この証拠は、この品種が他の個体群との交配に残している素晴らしい遺伝的印象です。その特徴と遺伝が支配的であり、常に他の遺伝子型を利用しているためです。第二に、その生理学的特性は、あらゆる種類の環境、優れた機能の多様性、繁殖の容易さ、さまざまな気候状況への耐性、あらゆる種類の食事の受け入れ、限られたまたは豊富な貧しい病状に現れる並外れた適応性を強調します。 、など最後に、これと、そして行動学と映画の観点から、彼らは、勇敢なウサギから激しい野生のイノシシまで、すべての狩猟動物相での狩猟の並外れた適性に言及し、流行にもかかわらず、この用途ではかけがえのないものです。実際、いくつかの狩猟シーンでは、それは男性との完璧なコラボレーションを表しています。たとえば、犬がマスチックツリーに隠されたウサギを捕まえると、ハンターと正反対の位置を占め、ウサギがこの側から出てきます。最後に、それは人間との協調の意識的な戦略を示唆しています。同様に、これまで一緒に狩りをしたことがなくても、チームを実装することにより、誰もが彼に対応する機能を知っているように見えるグループで狩猟を観察することもできます。
これらすべての特徴は、彼の古風さ、原始的な犬、選択が永久的で非常に厳格だった最初の犬との彼の大きな類似性の結果です。歴史的および経済的に。飼育のニーズに対応していない子犬はすぐに犠牲にされ、不要な口への給餌が回避されます。このことから、この品種では古代からほとんど謎に包まれていないことがわかります。

品種の現状と構造

ポデンコアンダルスは、1992年3月29日、パトロネージの承認を得て、レアルソシエダセントラルデラザスカニーナデエスパーニャに認められました。この品種の愛顧はおそらくスペイン大学の犬の形態に関する研究グループによって承認された最初のものであり、スペインの犬の品種に関するIIシンポジウムで科学フォーラムで初めて発表されたいくつかの研究の結果です。 1992年3月のコルドバ。
これは、前述の品種の保護、群れの本の管理、ブリーダー協会の存在、アンダルシアポデンコナショナルクラブの存在など、保護、保護、品種改良。
公式には群れの本に3つの異なるサイズと3つの異なる髪の品種があります。群れの本の記録によると、髪のサイズと種類の違いによる生殖の隔離を考慮すると、9つの異なる可能性が浮上します。つまり、9つの異なるグループが形成され、グループ間では再現できますが、グループ間では再現できません。他の。

したがって、これらの条件から始めて、保全の観点からそれらのそれぞれについてプレゼンテーションを行い、遺伝的改善作業を実施できる主要なグループと、遺伝的変異性維持ポリシーを作成できる少数派を区別しますその保全のため。
アンダルシアポデンコをサイズで分割すると、タグリアグランデは総人口の約34%を占めます。これらの動物は、大部分が脱皮(犬のセット)の狩猟に特化しており、「キタオール」の機能はそれほどではありません。代わりに、中規模のグループは、平野から山脈まで、湿地から山脈まで、最も数が多く、最も普及しているグループであり、全体の53%に達します。最後に、最小のグループはスモールサイズで、全品種の13%を占めます。後者は主に、植生が豊富で高密度の低木がある土壌でのウサギの狩猟に使用されます。そのサイズは、これらの活動のための品種の中で最も効果的です。
品種に関しては、髪の種類に応じて、ペロラソまたはリシオが最も豊富で、全体の約52%が続き、登録標本の43%と標本の5%のペロデュロまたはセルデーニョがそれに続きます。ロングヘアまたはセデニョ。伝統的に、品種を扱った著者の多くは、硬くて長い髪の犬は聴覚がよく、視力があり、荒れた地形、茂み、屋内などに強く、抵抗力があることを選択しました。滑らかで短い髪の犬は、速くて軽く、水の不足に対してより抵抗力があり、平野でより高く評価されました。髪のタイプは、犬が狩る媒体や地形(田舎、森、山)と関係のあるキャラクターであるという事実を考慮に入れていますが、犬の態度と直接の同等性はありませんが、つまり、狩りの傾向、スピード、肉体的な持久力などです。したがって、Pelo Raso(平坦な土地、田園地帯、高温、干ばつに関連)、Pelo Duro(山、低木、荒れに関連)、Pelo Long(低温でシエラの高い地域に関連)などのキャラクターがいると言えます。 )、地形や気候への適応のみであり、機能的な影響はありません。

奇妙なアンダルシアの短い髪のポデンコ(写真http://podencalia.blogspot.com)

アンダルシアの短い髪のpodenco(写真http://podencalia.blogspot.com)

群れの本の構造を以下に示します。

ビッグサイズ
ペロドゥーロ(またはセルデーニョ)
ロングヘア(またはセデニョ)
サテンの髪(またはリソ)

ミディアムサイズ
ペロドゥーロ(またはセルデーニョ)
ロングヘア(またはセデニョ)
サテンの髪(またはリソ)

小さいサイズ
ペロドゥーロ(またはセルデーニョ)
ロングヘア(またはセデニョ)
サテンの髪(またはリソ)

大きなアンダルシアポデンコ

このセットを分析すると、このサイズに存在する男性/女性の比率が前者に有利であり、メンバー数の60%を超えているが、後者は残りの40%に達していないことがわかります。機能的な観点からこれを分析すると、大きなアンダルシアポデンコの場合、性別の割合は髪のタイプによって異なると推定されます。これは、ハードヘアとロングヘアの品種が基本的にハント専用であるという事実によるものです。アンダルシアの山脈で脱皮する犬のように、短髪の犬は、野ウサギを追い求めるレースでガルゴに同行する田舎で「quitaores」の機能を継続します。最初のケースでは、これらの犬は鹿やイノシシのより大きな狩猟に使用され、これらの獲物に大きな熱情、スキル、強さ、勇気と厚かましさ、男性により適した資質。雌は、主に子犬の飼育の役割を残して、狩猟にはあまり使われていません。
次に、滑らかな(滑らかな)髪の多様性を考慮すると、Quitaorに関する機能が大幅に制限されていることがわかります。この作業では、男性が優先されますが、女性がガルゴスの前でこのタスクを完全に解決することは間違いありません。 (スペインのグレイハウンド)、したがって、実際のメンバーの50%が両性で登録されていることがわかります(関係1/1)。
一方、このサイズで登録されている3種類の髪の種類の割合についても説明できます。これは、硬い髪と長い髪の発生率の合計が動物の90%を超えているため、髪の毛の剃毛率をさらに高くすることができます。 6%。これらのパーセンテージは、主要なハントでのサイズの主な使用の結果であり、Quitaoresとしての使用です(または頻度が低くても手でハントするため)。したがって、下草や低木が豊富な土壌で行われる最大の狩猟では、最適な適応をするのは、このタイプの固くて長い髪を持つ犬で、棘や引っかき傷などからよりよく保護されます。ペロサテンのものは通常、田舎や植生の少ない他の地域で見られます。
コートの広がりについては、白いサイズのコートがこのサイズで最も豊富であり、森や山の風景の中で非常によく目立つため、最大の狩猟犬にはほとんど見られないことを観察しましたが、一部の標本では主に頭、目の周り、側面や背中に色の大きな斑点があるシナモンの存在。反対に、マイナーハンティングを専門とする犬は、ほとんどの場合、シナモンコートを独特の色合いで持ち、シミ、星、頭のリスト、胸のリスト、または端のフラウンスなど、コートの補完的な特性に追いやられています。

中型アンダルシアポデンコ

このサイズは、最も用途が広く、順応性があるため、最大です。平均サイズにより、あらゆるタイプの映画のタスクを実行でき、小さなサイズから大きなサイズの地形でも解放できます。
これにより、ウサギとヤマウズラ、ウサギ、マガモの両方に使用できるため、彼は最も一般的な犬、ハンターにとって最も用途の広い犬になりました。
このサイズでは、ラージサイズで発生するのとは逆に、男性と女性の比率が逆転しているように見えるため、男性は総人口の3分の1(33%)、女性は3分の2(66%)を占めています。 。これは最も用途が広いですが、基本的にはマイナーハンティング、特にウサギに捧げられており、このため、必要に応じて獲物を追跡するために大きなエクステンションは必要ないため、機能の観点からはセックスは制限要因ではありません。代わりに、イノシシやシカの前にタリアグランデがいます。
さらに、このタイプの活動では、狩猟旅行中に暑さの中で女性を「覚えて」仕事を放棄する男性がいるため、またはさまざまな男性の場合、男性よりも女性を管理する方が簡単であることを区別できます彼らは一緒に狩りをし、お互いに迷惑をかけ、喧嘩し、狩猟グループで複数を使うことはお勧めできません。
しかし、アンダルシアポデンコにおけるこの問題は、その最も近い親族の場合ほど強調されていません。
さらに、中規模のアンダルシアポデンコの所有者がマイナーハンティングの場合、所有者を3つか4つしか持たない場合、ウェットスーツが多数の標本で構成されることが多いタグリアグランデの場合とは逆に、これは、繁殖の可能性のために、より多くの女性を飼うことが彼にとってより興味深い動物です。
髪の分布と広がりについては、登録されているすべてのほぼ4分の3に相当する、髪がどのように豊富であるかを明確に観察します。これは、大部分の動物が平野や植生の少ない地域で狩りをするためです。 。
さらに、これらの領域は高温を特徴とする場所と一致します。このコートは、熱に強く、したがって干ばつに対してより耐性があることを証明するため、これらの動物をより適切にします。残りの4番目の部分は、硬い品種または長い髪の品種、あるいはその両方で構成され、豊かな植生と低温のシエラ地域で成長する動物が属しています。
Rispetto ai mantelli rappresentati dagli animali appartenenti a questa taglia, la stragrande maggioranza è cannella, dalla tonalità più chiara al cannella acceso, essendo poco frequenti gli esemplari con mantello bianco. Inoltre si distingue una piccola proporzione di manto bicolore, nella quale il bianco e il cannella si distribuiscono a grandi macchie.

Podenco Andaluso di Taglia Piccola

Il Podenco Andaluso di taglia piccola è il gruppo meno numeroso all’interno della razza e ciò è dovuto al fatto che è stato dedicato esclusivamente alla caccia del coniglio, in aree molto precise dove, per motivi di suolo e di vegetazione, risulta più risolutivo. In questo gruppo la proporzione maschi/femmine è la più squilibrata delle tre taglie, essendo favorevole alle femmine nella relazione di 4 a 1. Probabilmente per costituire una popolazione poco numerosa dove gli allevatori considerano più importante controllare e accaparrarsi la popolazione delle femmine.
Si è costretti ad alludere alla scarsa quantità di esemplari di pelo lungo esistenti in questa taglia.
Ciò può essere dovuto al fatto che è la varietà più rara all’interno della razza, essendo difficile accedere a loro, poiché le aree di diffusione naturale sono regioni molto piccole. Per quanto riguarda le altre due varietà stimiamo la gran proporzione di pelo raso o corto (85 %) a fronte di quella pelo duro che presenta una incidenza del 15 %. Le ragioni che spiegano queste incidenze coincidono con quelle spiegate nella Taglia Media. Rispetto al colore del mantello osserviamo che la maggior parte degli esemplari di questa taglia sono cannella monocolore nelle sue distinte tonalità, anche se si possono presentare particolarità di mantelli di pelo bianco (macchie, stelle, balzane, etc.), mentre quelle con il mantello bianco o bicolore e cannella sono scarsissimi.

Funzionalità

Come affermavamo precedentemente, la morfologia è strettamente legata alla funzione per cui, esaminando le capacità di questa razza, dobbiamo affermare che il Podenco Andaluso è eccezionalmente dotato per la caccia, realizzando perfettamente tutti i tipi di impiego, tanto nella caccia maggiore che nella caccia minore.

Caccia minore

All’interno della caccia minore è eccellente in quella sul pelo, risultando insostituibile nella caccia del coniglio dove mette alla prova tutte le sue qualità. Una volta localizzata la preda con un grande olfatto, la insegue aiutato dalla vista e dall’udito e spesso arriva a raggiungerla nella corsa riportandola al suo proprietario. Questo compito, molto caratteristico della taglia media e piccola di questa razza, può essere realizzato con un solo esemplare, in coppia o in gruppo, formando una muta. E’ senza dubbio la caccia del coniglio dove il Podenco Andaluso è un vero specialista, non essendo superato da nessun altra razza, grazie al suo particolare modo di cacciare dove un gruppo di cani batte il monte e, quando uno di essi scova la preda, gli altri agiscono molto “affiatati” (sapendo istintivamente ciascuno la propria funzione) circondando la macchia, i rovi o le pietraie per tagliare così la strada al coniglio, chiudere l’uscita naturale e/o via di fuga (evitando la possibile fuga) e mettendo la preda a tiro del cacciatore.
In questi casi possiamo differenziare distinte e voci o latrati che il Podenco Andaluso emette in relazione a una funzione o situazione durante la caccia.. Così possiamo distinguere il “ululato di chiamata” o “llamada de morada” che emette quando ha individuato il coniglio rintanato nel sua tana. Dall’altra parte quando la preda è stata individuata è caratteristico il “latrato” propriamente detto (latrato corto, buono e molto continuo). Infine il coniglio scompare dalla vista del Podenco Andaluso e la voce diviene diversa, un latrato ( “ladra”), è il “relatido” o “rallado” (latrati gravi e più lenti), voce propria dell’inseguimento sulla traccia della preda.
Si distingue anche nella caccia ai volatili, essendo principalmente usato nella caccia alla pernice e per la quaglia, dove in numerose occasioni fa una figura perfetta, come se si trattasse del migliore cane da riporto. Analogamente si utilizza nelle poste per il recupero del tordo, la tortora e il colombo. Si dimostra come un eccellente ausiliare perché realizza sempre un recupero perfetto, insuperabile, indipendentemente dal terreno dove se trova. Inoltre può essere utilizzato come cane da riporto di tutti i tipi di anatra nell’acqua, sia nelle paludi che negli acquitrini come nei fiumi.

Quitaor Toglitore/Recuperatore (Lo specialista)

(Quitaor: Il cane che sottrae la preda agli altri cani che l’ hanno catturata e la riporta al padrone)
Un’altra utilità che presenta nella caccia minore è quella del “Quitaor”, sia nelle poste oppure accompagnando gli inseguimenti dei levrieri nella caccia della lepre. Questa funzione è svolta normalmente da un Podenco di Taglia Grande, ma senza scartare né la Taglia Media, né quella Piccola, giacché questo compito è richiesto al cane più forte, al più rispettato tra loro, al capo del gruppo e, se la muta è composta soltanto da esemplari della Taglia Media o Piccola, uno di loro si distingue sempre per questa funzione. Quando parliamo di caccia alla lepre con i levrieri spagnoli, l’unico “Quitaor” possibile è il Podenco Andaluso di Taglia Grande, perché un cane di tale portamento è quello che può imporsi ai levrieri spagnoli. Normalmente le prede sono rincorse da quattro o cinque Galgo ed è totalmente imprescindibile la presenza di uno di questi Podencos per evitare che i Galgo rechino danno alla preda, la sbranino e la divorino. In molte occasioni, il Quitaor con il solo ringhiare ai suoi compagni a lunga distanza ottiene che questi la abbandonino nelle sue mani. In caso contrario il Podenco Andaluso tenderà ad imporre il suo dominio, mostrando le sue armi, altresì affermandosi nello scontro.
Dall’altro lato, se approfondiamo la descrizione di questo lavoro, affermeremo che principalmente si incaricano di localizzare le prede, farle uscire dalla tana e procedere al loro inseguimento. Immediatamente si sciolgono i Galgo che corrono dietro la lepre fino a prenderla. Normalmente una corsa di Galgo si può allontanare vari chilometri, perdendosi alla vista dei galgueros, e ancora una volta l’aiuto del “Quitaor” è inestimabile. Se la lepre però scappa e si rifugia in qualche anfratto naturale, denominato in spagnolo “perdeero” o “encerraero” (covo, tana), il Podenco entra di nuovo in azione girando a scovare la preda per metterla a disposizione dei Galgo. Questa azione si ripete mille volte finché i Galgo catturano la lepre. In quel momento il Quitaor la prende e la consegna al suo padrone.
Di questo cane si afferma che è “di vento alto e che va diritto alle prede”, però se nel terreno dove noi ci troviamo esiste molta cacciagione, non ha tempo per scovare e seguire le prede, così si dedica esclusivamente a scovarle e a prenderle al resto dei compagni per poi consegnarle al suo proprietario.

Caccia maggiore

Nel parlare di caccia maggiore, dobbiamo riferirci obbligatoriamente alle cacce con muta, intendendo come tale un insieme di cani che, guidati da un podenquero, sono capaci di assolvere sul terreno la ricerca, l’alzata, inseguimento e la presa delle prede.
L’impegno, la sua attenzione, il modo di abbaiare correndo, l’ agilità nei cambi di direzione e nella presa, la resistenza nel salire e scendere per dirupi e nell’attraversare la densità della boscaglia del monte, fanno che il Podenco Andaluso sia il protagonista di qualunque muta. Per quanto riguarda il modo di latrare esistono due possibilità, la prima è il lamento. il “latido”o “ralla” propriamente detto e è emesso quando il cane insegue la preda tenendola d’occhio, mentre l’altra, denominata “relatirse” o “jiparse por el rastro” è quella del cane che abbaia senza vedere direttamente la preda, basandosi sull’udito e sull’olfatto (scagnare sulla traccia).
La struttura classica di una muta ha come componente principale il Podenco Andaluso di Taglia Grande nelle funzioni di “cani da cerca” e “cani da seguita”, insieme ad alcuni esemplari di Taglia Media o Piccola come “cani da punta”, inoltre di Mastini o “Amastinados” come “cani da presa”. Non molto tempo fa non era insolito imbattersi in una coppia di Alani impiegati in quest’ ultimo compito.
Questa razza, sviluppatasi nell’orografia Andalusa ha portato ad acquisire delle qualità nella caccia difficilmente superabili. La battaglia, che ha come obiettivo quello di dare la caccia al cinghiale o al cervo, si compone essenzialmente di una sequenza nella quale dapprima i cani da punta individuano la preda e la scovano , conseguentemente i cani da seguita la inseguono fino ad accerchiarla , passo precedente alla cattura, che può realizzarsi da parte degli stessi Podencos, grazie al loro grande ardore, oppure la funzione può essere delegata ai cani ausiliari.

Guardia

Non possiamo tralasciare la compito di guardia, tradizionale in tutte le fattorie Andalusa, che gli esemplari di Taglia Grande hanno storicamente realizzato. La sua audacia, mole, così come il suo carattere litigioso e diffidente di fronte agli estranei, sono stati sfruttati a questi fini quando non andavano a caccia.
Tutti questi impieghi riferiti al nostro Podenco Andaluso sono il prodotto del prodigioso adattamento ecologico ai difficili terreni della geografia Andalusa e alle esigenze funzionali che le sono state demandate fino ad oggi. Quindi la razza, in qualunque modo, dispone attualmente di un eccellente stato funzionale essendo nostro intendimento svelare e conservare questo patrimonio cinofilo nel complesso delle razze canine Spagnole.

Distribuzione geografica

Secondo il gran maestro D. Rafael Sarazá Ortiz, questa razza si incontra ovunque in Andalusia. Dalle disabitate regioni montane, dove sovente sono l’unica compagnia e strumento esistente per l’uomo nella solitudine delle fattorie; passando per le estese campagne, fino alle città più popolate e distanti. Ed è così perché è sempre stato il cane del popolo, cane per tutto e per tutti, rimanendo durante tutta la storia come un ausiliare dell’uomo semplice in tutti gli angoli del mondo rurale.
Prova di ciò sono le decine di migliaia di esemplari che possiamo trovare in Andalusia, migliaia di esemplari tra grandi e piccoli, tra i pelo duro, pelo raso o pelo lungo, oppure, di mantello bianco, cannella o pezzato. E’ una realtà ricca, diversa e plurale che non sfugge a nessuno e che dipende dalla particolare zona dove ci troviamo perché le varietà presenti nella razza sono frutto degli adattamenti ecologici persistenti durante i secoli.
L’Andalusia offre una grande varietà paesaggistica, grande diversità di terreno, con diverse altitudini, vegetazione, clima etc. etc. e anche se oggigiorno possiamo incontrare qualsiasi tipo di Podenco Andaluso nel luogo più insospettato si potrebbe supporre questa ipotesi rispetto alla distribuzione geografica delle varietà del Podenco Andaluso. In assenza di migrazioni speciali, in origine noi possiamo incontrare il Podenco Andaluso che aumenta di taglia dal piano alle alture, dalle pianure fino ai monti, alle catene montuose più alte e al medesimo tempo ciò accade alle varietà di pelo, con la presenza di pelo raso nelle zone dal clima più mitigato e i peli duri e lunghi in quelle dove le basse temperature sono la caratteristica climatica predominante.
E’ ovvio che tutto ciò è relazionato con la funzionalità delle differenti taglie e pelo.
Il Podenco di taglia grande incontra i tassi di densità più alti ovunque sulle catene montuose della Sierra Morena, sulle catene montuose di Huelva fino a Jaén, passando da Sevilla e Córdoba. Normalmente queste zone si caratterizzano per le basse temperature e abbondanza di gelate nei freddi inverni e spetta ad esse la maggioranza della popolazione di pelo duro. Dall’altra parte, nelle zone più fredde delle catene montuose di Granada, possiamo incontrare i pochi esemplari a pelo lungo, animali questi ultimi che necessitano di una maggiore copertura pelosa per sopportare le inclemenze climatiche. Al contrario, nelle zone delle pianure, quella di Siviglia o quella della provincia di Mezquita, si trovano cani di taglia grande con pelo raso, impiegati fondamentalmente come “quitaores” insieme ai levrieri spagnoli. La taglia media, senza alcun dubbio, è la più cosmopolita, non già all’interno dell’ Andalusia, bensì fuori dalle nostre frontiere. Nella nostra regione, osserviamo gli esemplari di questa taglia con pelo raso come i più numerosi e diffusi, però principalmente si distribuiscono per la maggior parte nelle Province di Cádiz, Málaga -zona costiera- e Sevilla (zone di clima più mitigato) oltre alle campagne di Cordoba e diverse regioni delle province più orientali. Le varietà di pelo duro di questa taglia sono localizzate fondamentalmente tra le aree di Huelva (quasi sempre mantelli completamente bianchi), nel Parque Natural delle Sierre Subbéticas di Córdoba, con esemplari con il mantello cannella monocolore e alcune aree de catene montuose della provincia di Málaga.
In ultimo, gli scarsissimi esemplari di pelo lungo; in questa taglia ne incontriamo nelle sierre jienenses, nei dintorni del Parque Natural de Cazorla, Segura e a las Villas.
Infine, la taglia piccola si concentra fondamentalmente in zone molto precise delle province di Cádiz e Sevilla, e nuclei isolati a Córdoba e Málaga. Gli effettivi di questa razza sono così scarsi che non esiste una relazione indicativa fra distribuzione geografica e le varietà di pelo.
Fuori della nostra regione la taglia grande pervade anche l’Extremadura, la zona sud di Badajoz, e le Provincie di Villa Real e di Toledo nella Comunidad di Castilla - La Mancha.
Analogamente, inoltre ravvisiamo la migrazione di molti esemplari fino ad altre regioni spagnole, principalmente nei Comuni di Aragón e Cataluña, così come abbiamo riferimenti di esportazione fino ad altri paesi come è il caso degli Stati Uniti. Riguardo alla taglia media, anche se è facile incontrarne in tutto il Paese, ultimamente sta aumentando il suo numero in modo vertiginoso nell’area levantina, seguita dalla Cataluña e alcune aree della Gallegas. Circa l’esportazione di esemplari verso altre latitudini dobbiamo constatare la presenza aneddotica (per il momento!) di alcuni cani in Grecia.

Pericoli che insidiano la razza

Il Podenco Andaluso è una razza millenaria che è arrivata fino ai nostri giorni dopo aver lottato per la sopravvivenza faccia a faccia con molti altri, che ha prevalso e che ha predominato su tutti i tipi di mode e culture, non si può affermare che sia una razza in pericolo di esistenza.. Almeno nel futuro immediato, nei prossimi anni, dove tutti gli indizi suggeriscono una crescita esponenziale della sua popolazione poiché attualmente esistono molti cacciatori che richiedono questo tipo di cane che si impone, sia nella caccia maggiore che minore..
Dal punto di vista generale il Podenco Andaluso conta una popolazione sufficientemente importante, con tante linee di sangue definite che difficilmente si provocheranno problemi nella popolazione se si segue una direzione zootecnica ragionevole. La razza verrà insidiata unicamente da due problemi. Il primo di questi sarà l’aumento futuro della consanguineità media della popolazione nel caso che sia chiuso il registro ausiliare del libro genealogico, o porta di entrata del rinfrescamento del sangue nella razza dei cani che annoverano una genealogia conosciuta, e che gli allevatori attuali si riversino sull’allevamento endogamico (accoppiamento sistematico tra cani parenti) per seguire loro linee di sangue, con il conseguente pericolo di comparsa di caratteri deleteri nella popolazione per l’espressione di geni recessivi e/o con le conseguenze della depressione endogamica con perdita di vigore ibrido, riduzione della grandezza delle cucciolate, etc. D’altra parte, il secondo problema zootecnico sarà la separazione della dualità morfologico funzionale nella razza, vale a dire, la separazione degli animali in una linea di bellezza e altre linee di lavoro, problemi con i quali ci imbattiamo nelle razze canine collocate nella cultura cinofila delle gare e delle esposizioni di bellezza. In questo momento comincerebbe a degenerarsi la razza stessa come è successo con molte razze straniere. Sinceramente crediamo che il Podenco Andaluso sia lontano da questa dinamica poiché nella idiosincrasia del cacciatore non c’è spazio di esistenza per un esemplare “bello” senza funzionalità in campo, giacché fino ad oggi tutti i cani che non sono adatti alla caccia non solo non hanno procreato, ma sono stati eliminati.
Dall’altro lato, anche se, come abbiamo visto prima, la razza in quanto tale non è in pericolo attualmente, non è detto che così non accada in alcune varietà che potrebbero trovarsi in una situazione critica nei prossimi anni. Ciò avviene perché esistono determinate varietà (combinazione di taglia e di pelo) che cominciano a scarseggiare attualmente a causa della maggiore diffusione di altre che risultano essere molto competitive, oppure per i cambiamenti nelle diverse arti che hanno fatto scomparire o ridurre drasticamente alcuni tipi. Così abbiamo il caso dei cani di taglia grande e pelo raso, frequenti da pochi anni, nelle funzioni di quitaores o “perros quitaones” che hanno visto ridurre la loro popolazione allo sparire in concreto della caccia della lepre, giacché modernamente non si accompagnano ai levrieri spagnoli. Similmente accadrà con il pelo duro di taglia media e di taglia piccola che si sono visti relegati in secondo piano dalla brutale espansione delle varietà di pelo raso o fine, in modo tale che sul campo appaiono in minor quantità quelli a pelo duro. Infine, speciale attenzione meritano i pelo lungo che sebbene siano stati da sempre i più rari, ora sono tanto infrequenti che la loro presenza è quasi aneddotica , perciò devono essere le varietà prioritarie nei piani di conservazione.

Per gentile concessione di Bizarro Kennel

Traduzione di Susanna Hollesch


ビデオ: 相模湾を探る 深海に見る地球の変動 (九月 2021).