情報

カナリアの品種:クレスト

カナリアの品種:クレスト

原点: イギリス(ノーフォーク郡)。

古代の起源を持つカナリア。おそらくノリッジの品種の被験者を使用して作成されました。ノリッジと同一の品種を作成しようとする際に、房が存在することで、イギリスは未編集の品種、すなわちクレストを作成するようになりました。
したがって、家紋は、ノーリッチとランカシャーの品種間の交雑から生じます。この品種は、その特性を安定させる前に一世紀の選択を経て、品種をユニークにします。

頭:
房は、同じように小さな中心から放射状に広がる、長くて筋の多い豊富な羽で構成されている必要があります。湾曲したしだれ状の房は常に優先されますが、平らな房は、首の上でもなしでも十分に長い限り、良いと見なすことができます。分割。房は、うなじ、側面または額に後方クロワッサン、開口部またはひび割れがあってはなりません。中心は長く、開いたり、頭の中心からずれたりしてはならず、羽毛が少ないか、糸状になっていてはいけません。ブレッドの頭は、どこでも締め付けたり、くちばしの上で平らにしたり、平らにしたり、まばらな、短い、または粗い羽で覆ったりしてはなりません。頭は大きくて丸く、四方が広く、小さなくちばしがあり、うなじの上にある鼻孔から後方に流れる大きくて長い羽がたくさんあり、厚い眉毛が被験者にふくれっ面のような外観を与えます。

羽毛:
羽は幅が広く長い羽で構成されますが、輪郭を混乱させるような羽毛布団の山があってはなりません。深刻な欠陥は、尾の付け根に垂れ下がる羽(オンドリの羽と呼ばれます)がないことです。翼(岬)を流れる大きくて柔らかい羽を持つ個体は、特定の値をとります。羽の種類が長いものであっても、体にしっかりと密着し、光沢があり、きれいでなければなりません。短くて細い尾、過度に長いまたは落ちる尾、および胸のカールは欠陥です。

体:
ノーワイドタイプのノーワイドタイプとは大きく異なるボディで、クレストは細身で長さに比例した一貫性があります。幅広で丸みを帯びたバック。丸くて丸みのある胸。首はできるだけいっぱいになりますが、頭は肩に引っ込んではいけません。印象は力のあるものでなければなりません。体は薄くてはならず、背中にくぼみがあってはいけません(サドルバック)。

それを切ります:
大きいサイズは、他の特性を犠牲にしてはならず、およそcmと見なす必要があります。 16/17。したがって、大きいサイズは優先タイトルではありませんが、指定されたサイズのデフォルトのサイズにはペナルティが課されます。

条件:
衛生、清潔、健康、気質を最大限に。

ポジション:
それが主題に与える一般的な側面について十分に考慮される声。したがって、約40度の半直立位置。緊張状態は対角線に沿って続きます。

アリ:
彼らは交差したりぶら下がったりしてはならず、羽を圧縮せずに体の近くに保たれなければなりません。

脚:
脚は短く、十分に露出している必要があります。脚の長さおよび身体との接合点は、被験者の位置、ひいては身体の位置に大きく影響するため、慎重に評価する必要があります。


ビデオ: Youtuberryいちごの再生栽培を始めてから4ヶ月後の様子と品種改良プロジェクト再生野菜 (九月 2021).