情報

カナリアの品種:スイスのカール

カナリアの品種:スイスのカール

原点: スイス。

非常に最近の起源を持つ品種。このカナリアは1968年に決定的に認められました。それは非常に育ちが悪く、広まった品種はほとんど残っていません。これは南部のカールに非常によく似た品種で、セクターの非専門家と簡単に交換できます。彼の母国以外では、購入するのは非常に困難です。

それを切ります:
長さcm。 16-17、完璧なプロポーション-ポイント10。

習慣:
時間の経過とともに長引く;トランクとテールがほぼ同じ角度でトランクとネックに角度を付け、テールが止まり木を放牧する規則的な半円を形成する-ポイント10。

羽毛:
シルキー、豊富、合成。滑らかな腹部;すべての色を許可-ポイント10。

肩パッド:
よく分割され、対称的でかさばる(厚みがあり、幅が広く、背中全体に伸びている)-ポイント10。

ヒップ:
ボリュームのある(厚くて広い)、サポートされている、対称、ストラップの端を超えるまで上向きに湾曲-ポイント10。

ジャボ:
ツバメの巣の形をした、対称的でよく検出された-ポイント10。

頭と首:
やや小さく、蛇行した滑らかな頭。首は滑らかで、軽く、長さも良く、やや前傾している-ポイント10。

アリ:
レギュラー(完全な状態で、通常は発達し、鷹の羽が付いています)、よく着用されています(体に付着し、落下も交差もありません)-ポイント5。

下肢:
長くてよく伸びる。またはかかとのわずかな角のあるもの;ぴったりと完全に見える羽を備えた脚;強い、定期的な足裏、指、爪-ポイント15。

尾:
まっすぐ、均質、完全、体に比例、わずかに分岐した。オンドリの羽がない;通常のアンダーテール-ポイント5。

条件:
清潔、活気、健康状態-ポイント5。


ビデオ: インコが飼いたくなる動画声低くて大阪弁しゃべるインコsuzu編 (九月 2021).