情報

植物学のアトラス:葉の形態

植物学のアトラス:葉の形態

単純な複合葉

葉にマージン全体があり、わずかに影響を受けるか深くカットされているが、中央のリブまではない場合、単純な葉(Betula pendula、Ostrya carpinifolia、Castanea sativa、Alnus glutinosa)について話します。逆に、シートが分割される部分が互いに完全に独立し、それぞれが独自の葉柄も備えることができる場合、複合葉(Robinia pseudoacacia)と呼ばれます。

葉(ソースIprase Trentino)

複合葉
複合の葉は、ペンのように葉が背骨の左右に配置されている場合は羽状であり、葉が扇状に配置されている場合は網状になります。 pinnateは、ターミナルリーフレットがあるかどうかを学習します。それ以外の場合はピン留めされます。羽状の葉は2倍(2羽状)または3倍(3羽状)です。 3つだけの葉で構成された葉は、三葉(Trifoglio、Fragola)であると言われています。

複合葉

フォイル形状

ブレードの形状に応じて、糸状の葉(長くて薄い)、針のような、lesiniform(千枚通しで作られ、薄い千枚通しに似ています)、線形(細長い刃で)、披針形、長方形(長さの約2倍)ワイド)、楕円形、卵形、へら状、楕円形、円形...
画像は、自然に見られる多くの形態の一部のみを示しています。

いくつかの形のホイル

リブアレンジ

肋骨は、リンパ管の輸送のための血管と線維の束によって形成され、また、椎弓板の骨格を形成します。リブの配置に応じて、葉は Penninervia:鳥の羽(Carpinus betulus)のように配置されたリブ付き。 Parallelinervia:イネ科のようにほぼ平行な肋骨。 パルミネルビア:すべてが1つのポイントから始まるメインのリブ(Acer campestre)。

リブアレンジ

マージン:刻まれた葉

多くの場合、葉のエッジには、ローブと呼ばれる突起を強調する深い溝がほとんどありません。これらの場合、葉は葉状と呼ばれます。くぼみがマージンと中央肋骨の間の距離の約半分に達する場合、それはひびの入った葉と呼ばれ、代わりにそれらが中央肋骨、肋骨に到達したときに分断(または切断)まで達する場合に残されます。切開部が主肋骨の左側と右側にある場合、羽状の葉について話します。代わりにそれらが手の指のように開くとき、葉はパルマトロバタです。上葉が他のものよりもはるかに大きい場合、それはリラタであると言われています。

刻まれた葉

マージン:彫刻されていない葉

マージンの形状に関しては、完全なマージン(切り込みまたは突起がない場合)、波状(波線)、鋸歯状(鋭い歯がラミナのラミナに面している)、歯付き(鋭い突起が外側に面している)の葉があります。 )、二重に歯(順番に大きな歯)、クレナー(丸い輪郭の突起)。ラミナがマージンの近くで折りたたまれているときは、ラミナレボルタまたはマージンレボルトのことを言いますが、代わりに上に折りたたまれているときは、マージンでインボリュートであると言われます。

刻印されていない葉の余白


ビデオ: 理科中1-11 植物の呼吸 (九月 2021).