情報

Indoor plants heater

Indoor plants heater



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Caring for indoor plants in winter is much harder than it is during the summer. Growing plants indoors in winter gives us the satisfaction of nurturing plants, being surrounded by greenery, and getting our hands dirty. But in the dead of winter when the days are short and the house is dry, caring for houseplants can quickly turn into a huge chore. The lack of sunlight, dry air, and cooler temperatures make it much harder to keep healthy indoor plants in winter. Some types of houseplants adapt to the harsh winter indoor environment better than others. The reason you see the same common indoor plants for sale at garden centers during the fall and winter is because they can adapt the best.

コンテンツ:
  • Winter Houseplant Care: Key Points for Keeping Your Indoor Plants Alive
  • How not to kill your house plants this winter
  • Emergency Care for Indoor Plants During a Winter Power Outage
  • How to help your indoor plants getting through winter
  • Heat Lamps for Plants
  • Love the GardenのWebサイトのローカルバージョンが存在します
  • 5 houseplants to help keep your house cool during summer
  • How Your AC Is Killing Your Houseplants (and How to Save Them)
  • 11 Ways to Keep Houseplants Happy this Winter
WATCH RELATED VIDEO: Surviving Your First Winter With Houseplants - Indoor Plants Winter Care Tips

Winter Houseplant Care: Key Points for Keeping Your Indoor Plants Alive

If you are being blocked from reading Subscriber Exclusive content, first confirm you are logged in using the account with which you subscribed. If you are still experiencing issues, please describe the problem below and we will be happy to assist you.

Assuming you don't need to kill off indoor plants, here's how to keep them alive this winter. George Weigel. Don't write yourself off as a hapless "brown-thumber" if you're prone to killing houseplants. Everyone kills them sometimes because indoor plants all face one very big drawback, namely that none of them are naturally adapted to growing in a Pennsylvania living room.

The most common houseplants are tropicals and subtropicals selected for their fortitude in dealing with the low light, dry air and potential care abuses of indoor life. In other words, they hang in there, but they're not as happy or as long-lived as, say, in a Brazilian rainforest. Fortunately, there's a lot you can do to minimize mayhem.

If you're going to kill a houseplant, the fastest way to do it is by overwatering. Especially in winter when growth is slow, houseplants don't use much water. So if you're watering enough to make the soil soggy, you'll rot the roots and kill the whole plant - sometimes in a matter of days. The first way to prevent this is by making sure your pots have drainage holes in the bottom. Excess water needs to drain. Assuming you don't want it to drain on the carpet or coffee table, set plastic plant trays or similar water-catchers under the pots.

Empty them after the water finishes draining. The second strategy is to go with great-draining, quality potting mixes that are primarily compost, bark fines, coconut coir, perlite and vermiculite with little to no peat moss.

Avoid heavy, cheapo mixes that compact and hold too much moisture. This is also why it's a good idea to change out even quality mix every couple of years. As any mix breaks down, it compacts and makes the medium more prone to root-rotting. Your third line of no-kill watering is to wait for the surface to dry and for the pot to feel noticeably lighter before watering. If the soil surface is damp to the touch, wait.

If you tilt the pot a little and sense weight that's due to water, wait. In winter, you can usually get by with watering houseplants just once a week. The bottom line is to water only when your finger and tilt tests tell you the plant needs it. The type of water you're using also can affect plants.

An under-appreciated cause of brown leaf tips and edges is softened water. Water softeners typically use sodium to counteract the calcium that makes water "hard. The fluoride that's added to treated public water is another little-known tip-browner - especially in sensitive species such as spider plant, dracaena and anything in the lily family. Over-fertilizing is another possible brown-tip culprit because salts in fertilizer can build up and lead to the same problem as excess sodium.

Most houseplants need little to no fertilizer in winter while they're barely growing.そのすべてについてどうしますか?柔らかいまたはフッ化物処理した水の場合は、雨または溶けた雪から救われたボトル入りの水、蒸留水または水を検討してください。それ以外の場合は、数年以内にそれを行っていない場合は、新鮮なポッティングミックスでリポートしてください。散水に関連するもう1つの問題は、家の屋内空気です。これは、冬の暖房のために観葉植物のネイティブ環境よりも乾燥している可能性があります。

暑さによって爆破される植物は、茶色の葉の先端と縁のもう一つの原因です。水を摂取することを心配することなく湿度を高める最良の方法は、部屋または家全体の加湿器を使用することです。これらはあなたの植物だけでなく、おそらくあなたの乾燥した副鼻腔も役立ちます。 2番目に良いオプションは、植物のすぐ近くで湿度を増やすことです。

オプション1は、ポットインポットのトリックです。大きな装飾的なポットの中に穴を入れた鍋を置き、スパニャムモスやココナッツコイアなど、軽量でよく排水された素材を詰めます。素材を湿らせてください。わずかなヘルプのオプション2は、1〜2インチの小石の層で裏打ちされたトレイに植物を設定することです。小石の上部に水で満たされたトレイを保ちます。霧の葉は、乾燥した空気に対抗するのに事実上役に立たない。観葉植物の葉の先端は、乾燥土壌、通気口からの熱の爆発、土壌の過剰な塩など、さまざまな理由で茶色に変わることがあります。

良い配置は別の戦略です。ハウスプラントをヒーターの通気孔や外側のドアの近くの冷たい爆風から十分に遠ざけることに加えて、植物を明るい設定に合わせます。南と西に向かう窓は最も明るい光を与え、北と東向きの窓はより低い光を供給します。窓に近接すると、より明るいほど近づくほど大きな違いが生じ、窓の清潔さでさえ光に影響します。

一部の観葉植物は他のものよりも低い光に適しているため、購入時に宿題をすることで成功を決定できます。

いわゆる「栽培ライト」または高度の金属ハロゲン化物ライトは、日光を模倣するのに最適ですが、蛍光チューブでさえも役立ちます。温度に関しては、ほとんどの観葉植物は次の範囲で最もよく成長します。 55度以下のものは、熱帯生地の観葉植物にとって少し涼しいです。小さな植物の場合、時折シャワーへの旅行は、葉の毛穴を詰まらせることができるほこりをきれいにするのに最適な方法です。

大きなものには、湿った柔らかい布を使用して、汚れた葉を優しくきれいにします。オイルが葉の毛をきれいにするのではなく、葉の毛穴を詰まらせることができる葉の光線製品をスキップします。

バグの問題については、スカウトを定期的にスカウトして、アルコールで湿らせた柔らかい布を使用して治療することができるときに早期に発生します。そうでなければ、殺虫剤石鹸スプレーまたは他の農薬が必要になる場合があります。

製品を特定のバグに一致させ、ラベルの指示に従います。一般に、植物の選択は、バグや病気の問題を避け、植物を生かし続けるのに大いに役立ちます。

あなたが初心者であるか、これまで多くの運があったことがないなら、最も厳しい種の種に傾いてください。すべての観葉植物については、夏に外に移動することで「家の味」を与えます。

私たちの暖かく湿気の多い夏と長い日は、観葉植物のネイティブの家によく似ています。観葉植物は外の「夏休み」を高く評価しています。それらを出入りするときに数日間にわたって徐々に順応し、日中の直射太陽の衝撃が屋内の光と空気に適応した植物に害を及ぼす可能性が高いため、それらを屋外の屋外で部分的に怪しげに表示します。

この「夏休み」は、観葉植物を充電し、内部の別の冬を乗り切るためにエネルギーを与えるのに十分です。これらすべてが役に立たない場合は、堆肥の山の観葉植物の写真を見せてみてください。たぶんそれは彼らの態度を変えるでしょう。読者への注意:アフィリエイトリンクのいずれかを通して何かを購入すると、手数料を獲得できます。すべての権利は私たちについて留保しています。このサイトの資料は、事前の書面によるローカルの事前の書面による許可を除き、複製、分布、送信、キャッシュ、またはその他の方法で使用することはできません。

コミュニティルールは、アップロードするか、このサイトに提出するすべてのコンテンツに適用されます。広告の選択。デジタルサブスクリプションの問題を報告するサブスクライバーの排他的コンテンツの読み取りがブロックされている場合は、最初にサブスクライブしたアカウントを使用してログインしていることを確認してください。 Overwateringは、低照度の設定については、Housplantsに関するGeorgeの記事を読んでください。最も困難な10の困難な観葉植物に関するジョージの記事を読んでください。

観葉植物に関する8つの神話に関するジョージの記事を読んでください。ハウスプラントの周りを飛んでいる厄介な真菌の塊を扱う新しいオプションに関するジョージの記事を読んでください。


この冬、あなたの家の植物を殺さない方法

サービスチャンピオンは、クライアントとチームメンバーのために安全で健康的な環境を維持することに取り組んでいます。私たちの技術者があなたの家に到着しているとき、あなたが自信を持っていることが重要です。各クライアントの訪問の前後に手洗いや消毒を含む、衛生ルーチンの増加を実装しました。さらに、私たちの技術者は、手を振るなど、クライアントとの典型的な接触を避けています。あなたの家のすべてのサービスチャンピオンチームメンバーには、次のものが装備されます。私たちは、クライアントの暖房、エアコン、屋内空気の質のニーズを週7日、クライアントの暖房、空調、屋内の空気の質を維持するためにフルタイムで開いたままにします。

これは、栽培植物の革新が、超裕福な屋内暖房シーズンの植物(および植物の親)の特徴である場所です。

冬の停電時の屋内植物の救急医療

始める前に、不快な真実に対処しましょう。屋内植物のようなものはありません。乾燥した、まだ空気、不規則な散水、限られた光の組み合わせは、植物が自然に適しているものではありません。簡単に言えば、彼らは皆、屋外に住むことを好みます。しかし、いくつかのタフな植物はこれらの不自然な条件に対してより寛容であり、初心者、忘れっぽい人、または「黒人親指」の自信を高めるために大きな選択をしています。ジェイソンは文字通り数百の植物を自宅にいる専門家ですが、彼はこれらの「簡単な」植物の多くを「砕氷船」と呼んでいます。古いお気に入りが試されてテストされているにもかかわらず、これらの美しさはまだInstagramで自分のものを張って素晴らしいように見えることができます。毎週毎日ABCの最高のニュースレターを入手してください。 ZZ植物またはZanzibar宝石としても知られているZamioculcas Zamiifoliaは、最もスタイリッシュな容器を誇示するのに最適な、硬くて直立した茎に沿って暗い光沢のある葉のペアを持っています。彼らは低光に耐えますが、彼らは明るい状態で最善を尽くしますが、完全な太陽からです。彼らが少し長くて気が狂っているように見えるなら、彼らは十分な光を得ていません。

屋内の植物が冬を乗り切るのを助ける方法

最後に、10月27日にBoveesとともにGrowによって更新されました。この洗練された範囲のライトは、植物が繁栄するのに適切な量の光を提供することにより、屋内で成長を植えるのに役立ちます。植物のヒートランプは、自然の日光に代わる素晴らしい代替品であり、一年中、多種多様な新鮮な果物、家の植物、野菜を育てることができます。利用可能な無数のオプションにより、最高の、エネルギー効率の高い熱照明器具を購入することは、少し圧倒的です。いくつかの理由で、この最良のヒートランプのこのリストの1位、特にそれが発する一流の熱品質の1位にある植物のレオターヒートランプ。

原因は複数です:中央の暖房は空気を乾燥させ、woodストーブを燃やすストーブ、そして暖炉は部屋を暑すぎる可能性があります。特に閉じたカーテンの後ろに隠れている場合、夜間の温度は低下する可能性があります。ストレッチしてフロップします。

植物のためのヒートランプ

秋はここにあり、ホリデーシーズンはもうすぐです。天気が寒くなり、人々が楽しませるために家を飾り始めると、あらゆる種類の屋内植物が家を活気づける人気のある選択肢になります。しかし、あまりにも多くのACと熱があなたの植物を殺すことができることを知っていましたか?心配しないでください、エアコンに耐えることができる植物がたくさんあります。低湿度は、おそらく冬の間に克服する最大のハードルです。そして、除湿機の近くに植物があることは、植物が必要とする空気から水分を取り除くことができます。

Love the GardenのWebサイトのローカルバージョンが存在します

再び水をやる前に、土壌は触れるために乾燥する必要があります。あまりにも少なすぎる水が少なすぎます。植物がほとんどの葉がなくなった重要なポイントに達した場合は、しばらくの間、シャワーで少し時間を与えることを検討してください。バスルームに拡散した光と、より湿った環境がそれを救うことができます。余分な水は植物から排出できる必要があります。そうしないと、根が腐敗し、それを知る前に植物は福音です!

ハウスプラントは、ラジエーターに置かれることを楽しむことはありません。ラジエーターがどれだけ熱くなるかについては、一般的には、植物をヒーターから遠ざける必要があります。

夏の間あなたの家を涼しく保つのに役立つ5つの観葉植物

精通した家の庭師は、家の植物が屋内に美しさと価値を加えることを知っていますが、屋内植物の経済的な利点については知らないかもしれません。そのような利点の1つは、エネルギーコストの削減です。屋外の植物は家を暖かくて涼しく保つことでエネルギーを節約するのに役立つことはよく知られていますが、多くの人は屋内植物が同じであるが、それほどではないが効果を持っていることを知らない。

あなたのACがあなたの観葉植物を殺している方法(およびそれらを保存する方法)

私たちは植物が大好きです。それらは素晴らしい装飾として機能するだけでなく、私たちの家やアパートの空気をきれいにして浄化します。春まで貴重な緑の友達が生き残りたい場合は、冬の季節に植物を生かし続けるための9つのステップに従ってください。日が徐々に短くなると、植物は自然な日光を減らすことが少なくなり、利用可能な日光を利用するために、植物を窓の近くに移動します。また、植物が窓に近づいたら、窓をきれいに保ち、できるだけ多くの光を入れてください。

屋内空気は通常、屋外の空気よりも汚染されていることをご存知ですか?

この冬、観葉植物を幸せに保つ11の方法

緑の家が事件になっているので、それらの冬の心配に別れを告げる!私たちは、屋内のガーデニングの魔法使いに誰でも作るために、最高の冬の屋内植物のケアのヒントとコツを集めました。今年、あなたの屋内植物は生き残るだけでなく、繁栄します!冬の間は、蒸発の減少は言うまでもなく、温度と日光の時間が減少しているため、植物は遅くなります。これはすべて、私たちの植物が成長期に受け取っていたよりもはるかに少ない水を必要とすることを意味します。適切な経験則は、水の量を最小限に抑え、散水の頻度を下げることです。

多くの家の植物では、晩秋の光レベルの低下は、潜在的に厳しい冬を進めるための準備のために、休眠相に入るための手がかりです。夏のように水をまとめて餌を与え続けると、これは彼らが成長を続け、緊張の下に置き、弱くて紡い去りの成長につながることを促します。ほとんどの家の植物では、2週間ごとに水やりを減らします。