コレクション

鉢植えのアジサイを咲かせる方法

鉢植えのアジサイを咲かせる方法

ブランドXの写真/ブランドXの写真/ゲッティイメージズ

鉢植えのアジサイは、冬と早春のアレンジメントに春の色のバーストを追加します。米国農務省の植物の耐寒性ゾーン5〜11で栽培される花屋アジサイ(Hydrangea macrophylla)は、通常屋内で栽培される品種です。これらのアジサイは開花が止まった後、屋外に移植することができますが、鉢植えとして2度目に開花させることも可能です。アジサイの再開花には、魅力的な花を咲かせるには、適切な剪定と手入れ、そして休眠期間が必要です。

ステップ1

最後の花がしおれて死んだ後、アジサイを切り取ります。きれいな剪定ばさみを使用して、下の2セットの葉または葉のつぼみだけが茎に残るように各茎をトリミングします。

ステップ2

等量の培養土とピートモスを混ぜ合わせます。古い容器より1サイズ大きい鉢に土の混合物を入れます。古い鍋からアジサイを持ち上げ、古い土をできるだけ払い落とします。以前に成長していたのと同じ深さで新しいコンテナに植え直します。

  • 鉢植えのアジサイは、冬と早春のアレンジメントに春の色のバーストを追加します。
  • アジサイの再開花には、魅力的な花を咲かせるには、適切な剪定と手入れ、そして休眠期間が必要です。

ステップ3

一日中日光が当たる場所に鍋を置きます。春に霜の危険がすべてなくなったら、植物を屋外に移動し、アジサイが完全な朝の太陽と明るい午後の日陰を受け取るように配置します。

ステップ4

土の上部1インチが乾き始めたら、アジサイに水をやります。余分な水を鍋から排出させます。小さじ1/2杯の24-8-16肥料を1ガロンの水で希釈し、2週間ごとに肥料溶液で灌漑します。

ステップ5

植え替えたときから7月上旬まで、4週間間隔で茎を一番上の葉につまんで戻します。より大きな花の房が必要な場合は、アジサイの主茎が3つまたは4つになるように剪定します。内部の茎を元に戻し、外部の茎を成長させたままにします。

  • 一日中日光が当たる場所に鍋を置きます。
  • より大きな花の房が必要な場合は、アジサイの主茎が3つまたは4つになるように剪定します。

ステップ6

最初の霜が降りる前の秋に、ポットを屋内に持ち込みます。 11月の初めまで必要に応じて土壌に水をやり続け、その後、植物に残っている葉を取り除きます。アジサイを華氏35度から40度の暗い場所に移動し、6週間すべての水やりを止めます。

ステップ7

休眠期間の終わりにアジサイを保管場所から移動します。終日日光を当て、定期的な水やりと施肥を再開します。アジサイは通常、休眠保管後4か月以内に開花し始めます。

土壌の酸性度が花の色を決定します。青い花の場合は、小さじ7杯の硫酸アルミニウムを1クォートの水と混ぜ、真夏から保管まで10日ごとにアジサイに水を加えます。保管後、10日間隔でさらに4回ソリューションを適用します。ピンクの花の場合は、小さじ2/3の消石灰を1クォートの水に混ぜ、毎週この溶液でアジサイに水をやります。

アジサイは摂取すると毒性が高く、植物は軽度の皮膚刺激を引き起こす可能性もあります。