面白い

シバはどの温度で茶色になりますか?

シバはどの温度で茶色になりますか?

Flickr.comによる画像、VilleMiettinen提供

シバは、その緻密で魅力的な外観で米国南東部で人気のある暖かい季節の芝です。干ばつや日陰に強いですが、冬になると休眠する傾向があります。

歴史

シバは、中国、日本、および東南アジアの他の地域に自生しています。 Texas Cooperative Extensionによると、zoysiaは、18世紀のオーストリアの植物学者Karl vonZoisに敬意を表して名付けられました。 1911年、USDAの植物学者C. V. Piperによって、マニラからシバが米国に紹介されました。

ロケーション

米国では、シバはフロリダからコネチカットまでの大西洋岸に沿って、湾岸からテキサスまで、米国の移行帯を通ってカリフォルニアで見られます。

品種

シバにはさまざまな種類があります。マイヤー、エメラルド、エンパイア、エルトロ、エンプレス、ベレアは、多くの種類のいくつかです。それぞれが異なる耐寒性と日陰耐性、テクスチャーと緑色の色合いを持っています。

  • シバは、その緻密で魅力的な外観で米国南東部で人気のある暖かい季節の芝です。

事実

気温が55度を下回ると、10月中旬にシバは茶色に変わります。気温が55度を超える3月または春の初めまで茶色のままです。

解決

冬季にシバが茶色になると、緑色になります。緑の草の着色剤は、園芸用品店で購入できます。

ゾイシアグラスを始める

シバプラグは、樹立に最適な条件である5月に設置してください。カッターの上部が土の表面と同じ高さになるまで、既存の芝生にプラグツールを押し込みます。ツールをひねって持ち上げ、コアを取り外します。最初のシバプラグを最初の穴に入れます。シバの定着の最初の月には肥料を適用しないでください。ただし、8月中旬には窒素肥料を1回処理して、草をさらに強化します。

  • 気温が55度を下回ると、10月中旬にシバは茶色に変わります。
  • シバの定着の最初の月には肥料を適用しないでください。ただし、8月中旬には窒素肥料を1回処理して、草をさらに強化します。


ビデオを見る: 手入れしなくてここまでできる園芸店 店長がプロではない庭紹介します お庭づくりに迷われている方 デザイン 植物選びの参考にしてくださいオープンガーデン豊橋 japan garden (10月 2021).