その他

バンドソーで素晴らしいカットをする秘訣

バンドソーで素晴らしいカットをする秘訣

Fotolia.comのAndresRodriguezによるバンドソー画像

帯鋸は、木材店で最も用途の広いツールの1つです。この多様性により、バンドは愛好家と専門家の両方にとって素晴らしいツールを見ました。これらの宝石の1つを所有している人なら誰でも、バンドソーで素晴らしいカットを行うための鍵は、ソーの調整方法にあると言うでしょう。

ブレードテンション

適切なブレード張力により、切断中にブレードが曲がるのを防ぎます。これは、特に直線をカットしようとしている場合、ピースを台無しにする可能性があります。

のこぎりをオンにする前に、ブレードが正しく張られていることを確認してください。ほとんどのバンドソーの張力は、のこぎりの背面にあるノブで調整できます。各ブレード幅の理想的な張力を示すゲージもあります。理想的には、取り付けたブレードの幅に対してゲージが正しい張力を示すまでノブを回します。次に、ノブをさらに4分の1から2分の1回転させます。これにより、鋸の刃の張力スケールの変動が許容されます。

  • 帯鋸は、木材店で最も用途の広いツールの1つです。
  • 理想的には、取り付けたブレードの幅に対してゲージが正しい張力を示すまでノブを回します。

ブレードを指で押すことで、適切な張力を確認することもできます。帯鋸テーブルの真上で、指でブレードを押します。ブレードは少したわむ必要がありますが、1/4インチ以下です。それ以上にたわむ場合は、ブレードの張りを強くしてください。ブレードがまったくたわまない場合は、ブレードの張力を少し緩めます。

フェンスの配置

帯鋸の刃は、切断するときに少し片側にドリフトする傾向があります。このため、フェンスを使用するときに完全な直線を切ることは不可能です。これを補正する方法は、ブレードのドリフトの角度と一致するまでフェンスを横方向(左右)に調整することです。

  • ブレードを指で押すことで、適切な張力を確認することもできます。
  • これを補正する方法は、ブレードのドリフトの角度と一致するまでフェンスを横方向(左右)に調整することです。

バンドソーに付属しているほとんどのフェンスには、横方向の角度を調整できるネジが前面と背面にあります。直線を切るときの刃の角度やずれに応じて、前後どちらかのネジを締めたり緩めたりするだけです。

ショップ製のフェンスを使用している場合は、一方の端を簡単に固定し、もう一方の端を固定する前にフェンスの角度を調整できます。角度を完全に一致させるには、数回の試行が必要になる場合があります。

手っ取り早いヒントは、スクラップボードに直線を描き、バンドソーでその直線を切ることです。ブレードを直線に合わせるには、ボードを少し傾ける必要があることに気付くでしょう。カットの途中で、ピースを静止させ、のこぎりの電源を切ります。ボードを所定の位置に保持し、ボードの端を鉛筆でテーブルまでなぞります。それがフェンスに最も近い端であることを確認してください。ボードを取り外し、フェンスをその角度に調整します。

  • バンドソーに付属しているほとんどのフェンスには、横方向の角度を調整できるネジが前面と背面にあります。
  • ブレードを直線に合わせるには、ボードを少し傾ける必要があることに気付くでしょう。

位置ガイドブロック

ガイドブロックは、ブレードの両側にある2つの小さな正方形です。彼らはそれが切断の緊張の下でねじれるのを防ぎます。最大の結果を得るには、これらを適切に調整する必要があります。

各ブロックには、それを所定の位置に保持する小さな六角ネジがあります。ネジを緩め、ガイドブロックがブレードにほぼ触れるまで動かします。これを行う最良の方法は、ブレードとガイドブロックの間に一枚の紙を滑り込ませることです。ブロックが紙にかろうじて触れたら、六角ネジを締めます。他のガイドブロックについてもこれを行います。

  • ガイドブロックは、ブレードの両側にある2つの小さな正方形です。
  • これを行う最良の方法は、ブレードとガイドブロックの間に一枚の紙を滑り込ませることです。

ブレードの側面にブロックを配置したら、ブロックの前後の位置を調整する必要があります。通常、ガイドアセンブリの背面には、両方のガイドブロックを前後に動かすネジがあります。ブロックの前面は、理想的にはブレードの歯のカーブ、つまり「食道」のすぐ後ろに配置する必要があります。

帯鋸の下輪にもガイドブロックのセットがあります。トップセットと同じように調整します。これで、ブレードがよりスムーズに動作し、よりクリーンにカットされます。


ビデオを見る: 今までの苦労はなんやったんバンドソーで厚くて硬い木も楽々カット (1月 2022).