コレクション

ゾーン7の開花ブドウ

ゾーン7の開花ブドウ

混合ブドウ。 Fotolia.comのmdbによる画像

花の咲くブドウの木は、フェンス、壁、アーチ、ガゼボの魅力的な覆いとして一般的に使用されています。しかし、開花ブドウを植えたいゾーン7に住む庭師には、いくつかの魅力的な選択肢もあります。ゾーン7には、ノースカロライナ、アーカンソー、オクラホマ南部、サウスカロライナ西部、バージニア東部の大部分が含まれます。また、テキサス州北部、アラバマ州、ミシシッピ州、ジョージア州にも広がっています。この地域の年間平均最低気温は華氏0〜10度の範囲です。

スイカズラ

Fotolia.comのStylezInkによるスイカズラの画像

スイカズラ(Lonicera japonica)は、ゾーン4から10まで丈夫な、粘り強く、多年生の絡み合うつる植物です。日本原産のこの種は、現在、米国全土で自生しています。暖かい地域では常緑樹になる傾向があり、寒い環境では毎年葉を失います。スイカズラはやわらかい緑色で少しぼやけた葉を持っています。そのトランペットの形をした、長く刺された花は、色が白から柔らかい黄色で、時には紫がかった色合いです。これらの香りのよい花は、ミツバチ、蝶、ハチドリを魅了する甘い蜜が豊富です。このつるは、完全な太陽または部分的な日陰で最もよく育ちます。花の生産は大幅に減少しますが、それは完全な日陰で生き残ります。乾いた砂からねばねばした泥まで、あらゆる種類の土壌が許容されます。

  • スイカズラ(Lonicera japonica)は、ゾーン4から10まで、粘り強く、多年生の絡み合うつる植物です。
  • このつるは、完全な太陽または部分的な日陰で最もよく育ちます。花の生産は大幅に減少しますが、それは完全な日陰で生き残ります。

秋のクレマチス

日本のクレマチスとしても知られている秋のクレマチス(Clematis terniflora)は、日本原産のキンポウゲ科の活発なつる植物です。成長ゾーン5から10では丈夫で、この植物は温暖な気候では常緑樹で、寒い気候では落葉性です。秋のクレマチスは、光沢のある濃い緑色の深い縞模様の葉と、香りのよい香水を放つ星空の白い花の豊富なクラスターを持っています。秋のクレマチスは、栽培が最も簡単なクレマチス種の1つとして園芸家から賞賛されています。それは日陰にそのルーツを持ち、太陽の下にその葉を持つことを好みます。成長の最初の年の間、成長と分岐を促進するために頻繁にトリミングする必要があります。

クロスバイン

ツリガネカズラ(Bignonia capreolata)は、ゾーン6〜9で丈夫な、登山用の樹木が茂った多年生の常緑のつる植物です。 3月から5月にかけて、長さ2インチの派手な赤と黄色のラッパ型の花が咲きます。これらのハチドリに優しい花は、長さ4〜6インチの茶色の種子のさやに取って代わられます。ツリガネカズラは米国東部に自生しています。それは、湿った、水はけの良い土壌で、完全な太陽または部分的な日陰のいずれかで繁栄します。

  • 日本のクレマチスとしても知られている秋のクレマチス(Clematis terniflora)は、日本原産のキンポウゲ科の活発なつる植物です。
  • 秋のクレマチスは、光沢のある濃い緑色の深い縞模様の葉と、香りのよい香水を放つ星空の白い花の豊富なクラスターを持っています。

パッションフラワー

メイポップ、パープルパッションフラワートゥルーパッションフラワー、Fotolia.comのAmpamukaによるワイルドアプリコット画像

パープルパッションバインおよびメイポップとしても知られるパッションフラワー(Passiflora incarnata)は、バミューダおよび米国東部に自生する多年生のつる植物です。ゾーン7から10では丈夫です。25フィートの長さに成長するこの特異なつるは、大きく、深く葉のある、落葉性の緑の葉を生成します。 4月から9月にかけて、鮮やかな紫色の10枚の花びらが咲き乱れます。これらの絶妙な花は、食用のオレンジイエローの果物に取って代わられます。このつるの葉と根は、神経を落ち着かせ、耳痛を治し、炎症を和らげるための薬草として使用されてきました。


ビデオを見る: ぶどうの栽培入門14#摘粒 そのナガノパープル (10月 2021).