情報

短い観賞用草

短い観賞用草

ジャイロ写真/ amanaimagesRF /アマナ画像/ゲッティイメージズ

短い観賞用の草はすべての庭の場所に値します。品種に応じて、さまざまな成長条件に耐え、これらのメンテナンスの少ない植物は、他の植物に影を落としたり脚光を浴びたりすることなく、色、花、興味深い質感を提供します。最良の結果を得るには、お近くの米国農務省の植物の耐寒性ゾーンで耐寒性があり、既存の栽培条件で繁殖する品種を選択してください。

以下の草はどれも侵入性ではありません。

ジャイロ写真/ amanaimagesRF /アマナ画像/ゲッティイメージズ

日当たりの良いスポット

多くの短い観賞用の草は、毎日少なくとも6時間の直射日光を受ける完全な太陽の領域で繁栄します。

タフテッドフェスク 'クローゼ'(フェストゥカ アメチスティナ 'Klose')は、春に青緑色の葉を提供し、オリーブグリーンに成熟します。春の終わりには、紫がかった薄緑色の花が現れます。 「クローゼ」はUSDAゾーン4から8で丈夫で、通常8インチの高さに成長しますが、花は18インチの高さに成長する場合があります。幅9〜12インチの塊で成長する「クローゼ」の葉は、直立またはアーチ状で針状です。

ウィートグラス 「ブルータンゴ」(エゾムギ magellanicus 「ブルータンゴ」)は、高さと幅が9〜12インチの房で成長する、細くて鋭くとがった灰青色の草の刃を提供します。青緑色の花のスパイクが春の終わりから初夏にかけて現れ、続いて黄褐色の種子の頭が現れます。 「ブルータンゴ」はUSDAゾーン5から8では丈夫です。

乾燥した土壌

干ばつ耐性は観賞用草の一般的な特徴であり、装飾的な特徴も提供できます。

シルバーヘアグラス (ミノボロ ケイトウ)完全な太陽と乾燥した土壌でよく育ちます。 USDAゾーン6から9のハーディでは、銀色の毛草は、高さと幅が12から18インチの薄い草の密な房に生えています。草の葉の下側は銀色で、シルバーグリーンのツートンカラーの効果があります。

ブルーフェスク 「イライジャブルー」(フェストゥカ グラウカ 「イライジャブルー」)は、高さ9〜12インチ、幅6〜12インチに成長し、きめの細かいシルバーブルーの葉を提供します。 「イライジャブルー」はまた、春の終わりから初夏にかけて紫がかった薄緑色の花が特徴で、その後にバフシードヘッドが続きます。 USDAゾーン4から8のハーディは、この草は半常緑で、日当たりの良い場所で育つことを好みます。

日陰のサイト

部分的な日陰を許容する短い観賞用草は、芝生の草が繁殖できないことが多い日陰の地域での代替手段を提供します。部分的な日陰の成長スポットは、1日あたり4〜6時間の直射日光を受けます。

コバンソウ (ブリザメディア)高さ12〜18インチに成長し、春から夏にかけて咲きます。紫色の花の小穂は、そよ風の中で振動する繊細な茎の葉の上にそびえ立っています。 USDAゾーン4から10のハーディでは、コバンソウは完全な日光と部分的に日陰の場所で育ちます。

青い湿原草 (Sesleria caerulea)は、幅が6〜12インチ、幅が9〜12インチの緩い房で成長する、狭くてねじれた青みがかった緑の葉にちなんで名付けられました。緑がかった花は春に狭いスパイクに現れ、時間とともに銀色に変わります。ブルームーアグラスはUSDAゾーン5から8では丈夫です。

湿った土壌

湿った土壌で育つ観賞用の草は、池や小川の隣、そして庭の他の湿った場所で育つことができます。

日本の森の草 (ハコネクロアマクラ)は、USDAゾーン5〜9で丈夫で、高さ12〜18インチ、幅12〜24インチに成長します。日本の森の草は、アーチ型の明るい緑の紙の葉を提供し、湿った土壌や部分的に日陰のある場所でよく育ち、1日2時間の直射日光に耐えます。

房状の毛草 'オーロラ' (Deschampsia caespitosa 「オーロラ」)は、春にバラ色のピンク色に染まる多彩な緑とクリーミーな白い葉が特徴です。夏にはバフ色の花が咲き、秋にはローズピンクの赤面が葉に戻ります。高さと幅が12インチまで成長する「オーロラ」は、USDAゾーン4〜9で丈夫で、フィルターをかけた太陽の下で最もよく成長します。

開花観賞用草

開花観賞用草を選ぶ前に、植物の成熟したサイズを考慮してください。花の色は品種によって異なります。スイッチグラスは2〜8フィートの高さに成長し、2〜4フィートの広がりがあります。ピンクのネズミガヤ(Muhlenbergia capillaris)も、庭の日当たりの良い場所を好みます。流れる葉は、鮮やかな色の花とのコントラストと、そよ風に揺れる風景に柔らかさを加えます。国立園芸協会は、多くの種類の観賞用草が根の深いシステムを発達させ、一度定着するとかなり干ばつに強いと述べています。草に応じて、初秋または早春に3〜4年ごとに草を分割します。

  • 房状の毛草 'オーロラ' (Deschampsia caespitosa 「オーロラ」は、春にバラ色のピンク色に染まる多彩な緑とクリーミーな白い葉が特徴です。
  • ピンクのネズミガヤ(Muhlenbergia capillaris)も、庭の日当たりの良い場所を好みます。

シルバーヘアグラスと「イライジャブルー」も大気汚染と浅い岩の多い土壌に耐えます。


ビデオを見る: 雑草を抜かずに利用ツユクサメヒシバなどの夏草を畑づくりに利用する方法自然農パーマカルチャー (12月 2021).