情報

ウィスコンシンの日陰植物

ウィスコンシンの日陰植物

Fotolia.comのMicheleMaakestadによるギボウシの画像

ほとんどの植物は成長と開花のために日光を必要とするため、光の少ない庭のエリアでは、目を引くランドスケープデザインを作成することが困難になる可能性があります。いくつかの植物種はウィスコンシンの日陰の庭に最適であり、開花期間が完了すると魅力的な葉を維持します。

出血ハート

ケマンソウ(Dicentra spectabilis)は、日陰を好む多年生植物で、5月と6月にハート型のピンク色の花を咲かせます。植物は、光が部分的または完全に日陰になっている、栄養分が豊富で水はけのよい土壌で育つことを好みます。出血している心臓は、USDAの成長ゾーン3から8では丈夫なので、ウィスコンシンのすべての地域に植えることができます。出血している心臓の植物を3年ごとに分割して、さらなる成長を促進します。湿った状態と涼しい状態が病気を促進するので、葉の斑点の存在について植物を監視します。

  • ほとんどの植物は成長と開花のために日光を必要とするため、光の少ない庭のエリアでは、目を引くランドスケープデザインを作成することが困難になる可能性があります。

コロンバイン

オダマキ(Aquilegia)は春と初夏に咲く多年生植物で、部分的に日陰の光条件を好み、水はけが良い限りほとんどの土壌タイプで成長します。植物は2〜3フィートの高さに成長し、白、赤、青、黄色の色で魅力的な冠状の花を生成します。コロンバインは、USDAの栽培ゾーン3〜9では丈夫なので、ウィスコンシンのすべての地域に植えることができます。開花中に枯れたコロンバイン植物は、開花期を延長するため、使用済みの花を取り除きます。追加の植物は、植物からの種子の広がりを通して現れるかもしれません。

ツボサンゴ

ツボサンゴ(Heuchera)は、日陰の庭で育つ人気の多年生植物です。植物は18インチの高さに成長し、小さなベル型の花を持つ長い花のスパイクを生成します。ツボサンゴは、USDAの栽培ゾーン4〜9では丈夫であるため、ウィスコンシン州のほとんどの地域に植えることができます。栄養豊富で水はけのよい土壌と部分的な日陰の光の条件がある地域にツボサンゴを植えます。ツボサンゴは花壇の前に置くことができます。植物は夏に繊細な風景の特徴を提供します。

  • オダマキ(Aquilegia)は春と初夏に咲く多年生植物で、部分的に日陰のある光の条件を好み、水はけが良い限りほとんどの土壌タイプで成長します。
  • ツボサンゴは花壇の前に置くことができます。植物は夏に繊細な風景の特徴を提供します。

ギボウシ

ギボウシは、アジアの地域に自生する多年生植物であり、サイズ、色、葉の形がさまざまであるため人気があります。植物は深い日陰のフラワーガーデンでよく育ち、青、緑、または白の色の厚い茂みのような葉を生成し、白、クリーム、紫の色の花のスパイクがあります。ギボウシは、USDA栽培ゾーン3〜9で丈夫なので、ウィスコンシンのすべての地域で栽培できます。植物は4〜8年で成熟し、簡単に分割して追加の植物を繁殖させることができます。


ビデオを見る: 我が家の宿根草#2ガーデニング宿根草でナチュラルな庭づくりTs Garden (12月 2021).