その他

スズメノカタビラを取り除く方法

スズメノカタビラを取り除く方法

Fotolia.comのThomasQuinlanによる草の画像

スズメノカタビラとしても知られるスズメノカタビラは、殺したり防除したりするのが難しい侵入雑草です。もう1つの課題は、この草を取り除くために特別に設計された除草剤がまだないことです。スズメノカタビラは冬草であるため、晩夏または初秋に発芽し、晩春に種子を生成します。

初秋(ほとんどの地域では9月上旬)にサッチレーキで芝生を完全にすくい取ります。すべてのサッチを袋に入れて取り除きます。

芝生を非常に短く刈り取ります:1〜2インチ。

  • スズメノカタビラとしても知られるスズメノカタビラは、殺したり防除したりするのが難しい侵入雑草です。
  • その理由の1つは、低く刈った場合でも、問題が修正されたと思ってから何年もの間、多くの季節や発芽を続けることができる種子をたくさん生産することです。

9月上旬に発芽前の除草剤を適用して、スズメノカタビラの種子と新芽が出現したときにそれらを殺します。

雑草の春の発芽を制御するために、早春に発芽前除草剤の2回目の散布を適用します。

芝生の専門家を呼んで、発芽後の除草剤にエトフメセートを噴霧します。 Ethofumesateは、資格のある専門家のみが適用できます。 9月から12月までの4週間間隔で3回の申請が必要になります。

最後の手段として、グリホサートを含む非特異的除草剤を適用します。これは芝生全体を殺します。風が強くなく、少なくとも24時間は雨が降らないと予測される日に、グリホサートをスプレーします。グリホサートはすべてを殺すので、維持したい植物にグリホサートを付けないように注意してください。 7日間待ってから、グリホサートを再スプレーします。

  • 9月上旬に発芽前の除草剤を適用して、スズメノカタビラの種子と芽が出てきたら殺します。

グリホサートがその仕事を終えたら、すべての死んだ植物をすくい取り、芝生を回転させ、少なくとも1インチの有機肥料を加え、新しい草で再播種または芝を植えます。

晩秋と初春に発芽前の除草剤を適用して、芝を再播種または敷設した後の新しいスズメノカタビラの成長を抑制します。

スズメノカタビラの殺害には時間がかかる場合があります。これは、雑草が防除されているように見えてから数年後でも種子が発芽する可能性があるためです。


ビデオを見る: スズメノカタビラ防除にウェイアップフロアブルユーザーインタビュー使用実績 (12月 2021).