面白い

芝生の種をドラッグする方法

芝生の種をドラッグする方法

Fotolia.com のAlisonBowdenによる草の種の画像

芝生のドラッグシードは発芽率を高めます。種子を引きずるときは、土で覆い、地面の穴に押し込みます。植えている草の種の種類や住んでいる気候に関係なく、種をドラッグすると、緑豊かな芝生になります。

植栽エリアまで4〜6インチの深さまで。すべての土を緩めるためにその領域に均等に回転式耕うん機を動かしてください。

  • 芝生のドラッグシードは発芽率を高めます。
  • すべての土を緩めるためにその領域に均等に回転式耕うん機を動かしてください。

それを平らにするために領域をすくい取ります。それらが均一になるまで、ディップと低地のスポットに表土を追加します。浸すと水が溜まります。

手または放送スプレッダーで草の種を蒔きます。シードパッケージに指定されている適用率に従ってください。植物の種子を半分に分け、芝生の上で2回実行して、均一に覆われるようにします。 2回目の実行は、最初の実行から垂直方向である必要があります。

  • それを平らにするために領域をすくい取ります。
  • 植物の種子を半分に分け、芝生の上で2回実行して、均一に覆われるようにします。

チェーンリンクフェンスまたは小さなフェンスポストを芝刈り機、トラクター、または四輪バギーに取り付けます。フェンスを後ろにドラッグしながら、庭をドライブします。 4 x4の材木で作られたフレームまたは加重はしごを使用することもできます。これは土を引きずって草の種を覆います。

土壌を湿らせておくために、毎日土壌に水をやります。乾燥した天候では、より頻繁に水をやる必要があるかもしれません。それがいつ水を必要とするかを決定するためにそれを感じてください。

  • チェーンリンクフェンスまたは小さなフェンスポストを芝刈り機、トラクター、または四輪バギーに取り付けます。
  • 乾燥した天候では、より頻繁に水をやる必要があるかもしれません。

種を蒔いてから6ヶ月後に草を刈ります。草の種類で指定された高さに保ちます。通常、2〜3インチが理想的です。

芝生を掘って草の種を植え直す

播種前に芝生を掘り起こすことを含む芝生の改修を開始するには、年の秋の時期を選択してください。メーカーの推奨に従って、庭の噴霧器でグリホサート除草剤を混合します。掘り起こす芝生の部分にグリホサートの混合物をスプレーします。保護のために手袋と保護メガネを着用してください。耕うん機の操作については、製造元の指示に従ってください。芝生を横切って耕うん機を動かし、草や根を完全に緩めます。播種プロセスを続行する前に、芝生の凹凸のある部分をすくいで滑らかにします。

  • 種を蒔いてから6ヶ月後に草を刈ります。
  • 芝生を横切って耕うん機を動かし、草や根を完全に緩めます。


ビデオを見る: 別荘の庭耕して芝生撒くぞ!!  PDS (1月 2022).