面白い

シャクナゲにとってのアリの重要性

シャクナゲにとってのアリの重要性

Fotolia.comのAnjaLangnerによるシャクナゲの画像

庭の昆虫はしばしば植物の成長を助ける目的を持っています、そしてこれはアリとシャクナゲの場合です。どちらも花粉交配者と害虫を引き付けます。両方が引き付ける1つの害虫はアブラムシであり、アリにとって魅力的な道を残します。

アブラムシ

アブラムシは、多くの園芸植物や低木に見られる厄介なバグです。それらは葉を突き刺し、栄養素を吸い出し、それがウイルスを植物に移す可能性があります。アブラムシは、甘くてべたつく残留物であるハニーデューと呼ばれる痕跡を残します。この残留物が葉に残っていると、すすのカビが発生する可能性があります。コナカイガラムシなどの他の害虫もハニーデューの痕跡を残します。

  • 庭の昆虫はしばしば植物の成長を助ける目的を持っています、そしてこれはアリとシャクナゲの場合です。
  • 両方が引き付ける1つの害虫はアブラムシであり、アリにとって魅力的な道を残します。

ハニーデュートレイル

庭の害虫や昆虫は、庭で何かを食べて魅力的だと感じます。アリの場合、これはハニーデューであり、てんとう虫やクサカゲロウも引き付けます。その後、植物の花粉がアリの甘露に付着します。

アリ

アリはすぐに手に入る食料源から一定のエネルギーを必要とし、この食料をコロニーに戻します。アリはアブラムシや他の庭の害虫の捕食者になることができます。アリはまた、植物の周りの他の有機物の腐敗を増加させ、土壌を豊かにする可能性があります。

共生

シャクナゲは次の植物や花に受粉することで繁殖します。この花粉は昆虫や風や水によって運ばれます。アリは蝶やミツバチと一緒に花粉を運びます。これは相互に有益な関係、共生です。アリは甘露の小道を食べ、シャクナゲとアリのコロニーの両方を助けます。このバランスは、庭の健全な生態系の兆候です。

  • 庭の害虫や昆虫は、庭で何かを食べて魅力的だと感じます。アリの場合、これはハニーデューであり、てんとう虫やクサカゲロウも引き付けます。
  • これは相互に有益な関係、共生です。アリは甘露の小道を食べ、シャクナゲとアリのコロニーの両方を助けます。

考慮事項

シャクナゲは、適切な環境で一度確立されると丈夫な植物です。彼らは酸性土壌のある日陰のある地域が好きで、土壌に有機層がある森林地帯でよく見られます。シャクナゲは冬の風と強い太陽からの保護が必要です。樹木が茂った地域のより高い樹冠は、この保護を提供します。


ビデオを見る: 女王アリ大量発生したから大量の戦闘アリで巣を襲ってみた Ant Queen #7ラスト (10月 2021).