コレクション

いつ桃の木を移植するのですか?

いつ桃の木を移植するのですか?

あごから滴り落ちるジュースで新鮮な桃を食べた思い出はたくさんあります。成功するには、次の要素を考慮する必要があります。

いつ移植するか

桃の木を移植するのに最適な時期は1月です。木は冬からまだ休眠状態にあり、移植の衝撃を軽減します。それはまた、成長期の前に定着するためのルーツの時間を与えます。 1月が理想的ですが、モモの木は、新しい成長が始まる約6週間前の冬の月に移植できます。

植える前に、モモの木に葉のカールの兆候がないか調べてください。これは、最終的に木を殺す可能性のある真菌です。これが問題になる場合は、葉のカールに推奨される殺菌剤を適用してください。

何を探すべきか

桃の木は、1歳以上のときに移植し、できれば3歳に達した後は移植しないでください。古いモモの木はうまく移植できず、若いモモの木は1年前に移植に耐えるのに十分な根系を確立していません。

黄色または茶色の葉がある場合は、移植用の桃の木を購入しないでください。これは、真菌の可能性を示しており、樹木が繁殖できない可能性があります。

  • 桃の木を移植するのに最適な時期は1月です。
  • 木は冬からまだ休眠状態にあり、移植の衝撃を軽減します。

考慮事項

ルートボールの周りの根を緩めて新しい成長を促し、家の南側に木を植えます。桃の木は寒さに弱いので、その構造は厳しい冬の風からの保護を提供します。

桃の木に最適な品種は、ゴールデンジュビリー、カロライナゴールド、ジューンゴールドです。ジューンゴールドは新鮮なものを食べるのに最適な品種です。ゴールデンジュビリーはジャムやゼリー、フルーツ全体の缶詰に最適で、カロライナゴールドは料理に最適です。


ビデオを見る: 苗木の植えつけ方 鉢植え 農業屋 (10月 2021).