コレクション

スイカズラを一年中咲かせ続ける方法

スイカズラを一年中咲かせ続ける方法

スイカズラ(Lonicera)は成長しやすいつる植物であり、その豊富な花はあなたの庭をその香りで満たします。ほとんどの種類のスイカズラは春から夏にかけて咲きますが、夏に咲くスイカズラと一緒に冬のスイカズラ(Lonicera fragrantissima)を育てれば、一年中スイカズラの花を楽しむことが期待できます。

スイカズラを一年中咲かせ続ける

夏に咲くスイカズラと冬のスイカズラの両方を、完全な太陽と水はけの良い土壌で育て、必要な条件を確実に受けられるようにします。

夏と冬の両方のスイカズラを、春の初めと真夏に毎年2回、N-P-K比が10-10-10のバランスの取れた植物性食品で施肥します。

両方のスイカズラが春に活発に成長し始めたら、低窒素または「ブロッサムブースター」肥料を与えます。

  • スイカズラ(Lonicera)は成長しやすいつる植物であり、その豊富な花はあなたの庭をその香りで満たします。

両方のスイカズラに十分な水を与えますが、もう一度水をやる前に土を乾かします。

スイカズラは一年のうちに咲きますか?

落葉性のふさふさした低木である早咲きの香りのよいスイカズラ(Lonicera fragrantissima)は、高さが6〜10フィートに成長し、3月から4月に芳香性の白い花を咲かせます。米国農務省の植物耐性ゾーン4〜8で栽培できますが、バージニア州とテネシー州では侵入種と見なされていることに注意してください。黄色いスイカズラ(Lonicera flava)は、高さ10〜20フィートのつる植物で、4月から5月にオレンジイエローの花を咲かせ、USDAゾーン5〜8で育ちます。日本のスイカズラに似ていますが、侵襲性とは見なされません。ウッドバインは10フィートから20フィートの高さまで上昇し、USDAゾーン5から9で成長させることができます。ノースカロライナ州とメイン州はウッドバインを侵略的であると考えています。

  • 両方のスイカズラに十分な水を与えますが、もう一度水をやる前に土を乾かします。
  • 黄色いスイカズラ(Lonicera flava)は、高さ10〜20フィートのつる植物で、4月から5月にオレンジイエローの花を咲かせ、USDAゾーン5〜8で育ちます。

ツシマヒョウモンは高さ約10フィートに成長します。ツシマヒョウモンは、USDA気候帯4から8まで、耐寒性があります。ツシマヒョウモンの開花が終わったら、制御したい形に剪定することができます。夏のスイカズラの蔓延するブドウの木を封じ込めるために、トレリスまたは他のサポート手段を提供します。冬のスイカズラは、より低木のような植物です。

小さな木や低木の近くにスイカズラ(夏のスイカズラ)を植えることは避けてください。すぐに登って首を絞める可能性があります。


ビデオを見る: プロが教える特別レッスン ゼラニウムの秋の育て方 (10月 2021).