面白い

パワーレーキで死んだメヒシバを取り除く方法

パワーレーキで死んだメヒシバを取り除く方法

デサッチャーとも呼ばれるパワーレーキは、死んだメヒシバなどの芝生の茅葺きを切り裂き、茅葺きを緩め、すべての死んだ有機物を芝生の表面に運ぶプッシュビハインドマシンです。通常、パワーレーキを購入する代わりに、地元の庭やホームセンターで借りることができます。パワーレーキの使用は、プッシュモアを操作するのと同じくらい簡単ですが、芝生から死んだメヒシバを取り除くには、いくつかの追加手順が必要です。

最も低いブレード設定を使用して芝生を刈ります。すべての草の切り抜きをすくい取り、取り除きます。

直定規のシャベルを使用してメヒシバの周りと下の土をこすり落とし、メヒシバの大きなパッチを取り除きます。これにより、芝生の領域が斑状に見えますが、メヒシバと一緒に良い草を取り除く必要はありません。

  • デサッチャーとも呼ばれるパワーレーキは、死んだメヒシバなどの芝生の茅葺きを切り裂き、茅葺きを緩め、すべての死んだ有機物を芝生の表面に運ぶプッシュビハインドマシンです。

パワーレーキで芝生エリアを1回通過します。パワーレーキは、死んだメヒシバや他のわらぶきに溝を切り、それを緩めて表面に運びます。

堅い色の熊手を使用して死んだメヒシバをすくい取り、堆肥箱にメヒシバを処分するか、さもなければサッチを処分します。芝生エリアに堆肥の0.5インチの層を広げます。

ドロップスプレッダーを使用して、芝生のスターター肥料を堆肥に広げます。次に、ドロップスプレッダーに草の種子を入れ、その領域を1回通過して、種子を分配します。必ず既存の草と同じまたは類似の草の種子を選択してください。涼しい季節の草と暖かい季節の草を混ぜないでください。

  • パワーレーキで芝生エリアを1回通過します。
  • ドロップスプレッダーを使用して、芝生のスターター肥料を堆肥に広げます。

通常の熊手の裏側を使用して、草の種とスターター肥料を堆肥層に入れます。堆肥を湿らせるのに十分なだけ芝生エリアに水をやり、次に草が芽を出し始めるまで、必要に応じて毎日または1日2回軽く水をやります。

次の春まで待って、ドロップスプレッダーを使用して、発芽前のメヒシバ防除剤を芝生エリアに適用します。ポンプスプレーを使用して、メヒシバの広い領域が戻ってきた場合は発芽後のメヒシバ防除処理を適用し、小さなパッチが表示された場合は手でメヒシバを引っ張ります。

死んだメヒシバと茅葺きの層の厚さが0.5インチ以上の場合は、パワーレーキを使用して、さまざまな方向にその領域を数回通過する必要があります。

芝生にある草の種類に合わせて、正しい季節にパワーレーキを使用してください。たとえば、ケンタッキーブルーグラスやファインフェスクがある場合は、春または秋に芝生を刈り取ることができますが、夏の間はできません。ただし、Zoysiagrassをお持ちの場合は、夏にデサッチする必要があります。

パワーレーキを使用するときは、常に保護具、特に耳栓を着用してください。


ビデオを見る: 雑草抜きの決定版雑草の除去に超便利アイテムを紹介 (10月 2021).