コレクション

韓国の在来植物

韓国の在来植物

北朝鮮は温暖で多様な気候で、夏は暖かく、冬は寒くて乾燥しています。この多様な地形は、北朝鮮の風景に独自の独特の外観を与える在来植物の豊富な品揃えを生み出します。

Castanea Crenata

韓国または日本の栗として知られているカスタネアクレナタは、東アジアの住民がさまざまな目的で使用している韓国原産の植物です。そのナッツはでんぷんを提供し、その木材は強くて軽いです、そして果物と樹皮からのタンニンは染料として使われることができます。 Castanea crenataは丘陵地帯に生息し、さまざまな土壌でよく育ちます。

アイリス・オデサネンシス

アイリスオダセンシスは、韓国に生息するアイリスのいくつかの種の1つです。この韓国原産の植物は、紙の雪片を幾分刺激する明るい白い花を持ち、花びらに対称的な黄色のマーキングがあります。 Iris odaesanensisは、7月から8月に開花し、適度な日陰から1日6時間の日光まで、さまざまな光レベルに耐えます。

  • 北朝鮮は温暖で多様な気候で、夏は暖かく、冬は寒くて乾燥しています。
  • この韓国原産の植物は、紙の雪片を幾分刺激する明るい白い花を持ち、花びらに対称的な黄色のマーキングがあります。

クレマチスChiisanensis

クレマチスchiisanensisは、韓国原産の開花つる植物の一種です。この植物は夏に黄色から赤までの色のぶら下がっている花を出します。最初の花が枯れた後、慎重に剪定すれば、夏から秋にかけて花を咲かせることができます。クレマチスchiisanensisは韓国の多年生植物で、秋には花そのものの美しさに匹敵する魅力的な種子のさやを出します。


ビデオを見る: 韓国命の価格破壊が始まった中国企業が最新メモリを開発年末から地殻崩壊が始まるのか (1月 2022).