面白い

アラバマ州のピーカンの木に肥料を与える方法

アラバマ州のピーカンの木に肥料を与える方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アラバマは主要なピーカン栽培地域ですが、樹木が一貫して大量の果実を収穫するためには、毎年の施肥計画に従う必要があります。カスケードスケジュールで春と初夏に適用される窒素肥料と微量栄養素および土壌改良剤のカクテルは、木を健康で生産的に保ちます。

毎年3月に、10-10-10または13-13-13の分析が保証された完全でバランスの取れた肥料処方をピーカンの木に適用します。 4ポンドを適用します。幹の直径の1インチごとの肥料の量。地面から4-1 / 2フィートの高さで、最大25ポンドの施肥まで測定されます。年間の肥料の。肥料を木のドリップラインの周りに均等にキャストします。幹から少なくとも2フィートのところから始めて、キャノピーのドリップラインを越えて少なくとも2フィート伸びます。肥料を土の上部2インチに引っかき、2〜3インチの水を追加します。

  • アラバマは主要なピーカン栽培地域ですが、樹木が一貫して大量の果実を収穫するためには、毎年の施肥計画に従う必要があります。
  • 肥料を木のドリップラインの周りに均等にキャストします。幹から少なくとも2フィートのところから始めて、キャノピーのドリップラインを越えて少なくとも2フィート伸びます。

毎年4月と6月に、ピーカンの木に硝酸アンモニウムを与えます。トランクの直径1インチごとに1ポンドの硝酸アンモニウムを適用し、20ポンドで補充します。年間の木あたり。 4月に半分の用量を与え、6月に​​後半を与えます。アンモニウムをキャストして、樹冠の2倍のサイズの土壌を覆います。上部の1〜2インチの土にひっかき、水を深く入れて、上部の2〜3インチの土を浸します。

  • 毎年4月と6月に、ピーカンの木に硝酸アンモニウムを与えます。

2ポンドまでの樹齢の毎年1/10ポンドの硫酸亜鉛をキャストします。 7月または8月の年間亜鉛の。木のドリップラインの下にキャストし、土壌の上部1〜2インチに寄り添い、2〜3インチ下に浸るまで土壌に水をまき、亜鉛を土壌に浸透させ始めます。

5ポンドを適用します。樹齢1年あたり最大100ポンドまでの樹齢の毎年のドロマイト石灰の。再び、ドリップラインを超えて伸びる木の根の塊の上に石灰を投げます。土が2〜3インチ下にびしょ濡れになるまで、土と水の上数インチにそれを入れますが、立っている水はありません。

  • 2ポンドまでの木の年齢の毎年の硫酸亜鉛の。
  • 樹齢1年あたり最大100ポンドまでの樹齢の毎年のドロマイト石灰の。


ビデオを見る: 石灰の種類と効果秋の作付け前に勉強しましょう (七月 2022).


コメント:

  1. Tujar

    彼女に完全に同意します。これは素晴らしいアイデアだと思います。仰るとおりです。

  2. Parr

    私は間違いを犯していると思います。午後に私に手紙を書いてください。

  3. Laird

    はい、ありがとう

  4. Casper

    驚くべきメッセージ

  5. Cahal

    うーん...それは役に立つでしょう...



メッセージを書く