情報

豆の種子の発芽の段階

豆の種子の発芽の段階

Fotolia.comのFrancPodgorÅ¡ekによるインゲンの画像

成熟したマメ植物は、水はけの良い土壌で日当たりの良い条件で最もよく働きます。アラバマ協同拡張システムによると、60度の最低土壌温度が理想的であり、60〜85度の範囲が最適です。土壌温度は3〜4インチの深さで測定されます。

種子

種子は無地で特徴がないように見えるかもしれませんが、中に埋もれているのは植物全体の未来です。外側の種皮は内側の胚を保護します。胚には、上胚軸(胚の茎と葉)、幼根(根に発達する)、胚軸(子葉を幼根に接続する)、および子葉(種子の葉)が含まれます。豆は双子葉植物で、2つの子葉があります。単子葉植物には子葉が1つしかありません。

  • 成熟したマメ植物は、水はけの良い土壌で日当たりの良い条件で最もよく働きます。
  • 種子は無地で特徴がないように見えるかもしれませんが、中に埋もれているのは植物全体の未来です。

胚は胚乳に囲まれています。胚乳は、種子の初期の変化を養う種子内部の栄養素です。ワシントン州立大学は、より大きな種子は、植物の成長を養うための胚乳の量が多く、表面に到達するために必要な追加のエネルギーを提供するため、より深く植えることができるとアドバイスしています。表面に到達すると、光合成がエネルギーを供給します。

露出と活性化

水にさらされると、種子は水を吸収し始めます。これは、細胞に増殖するように信号を送る酵素を活性化します。全国園芸協会によると、植物学者は種子の細胞が分裂するのか、それとも拡大して初期の成長を生み出すのかまだはっきりしていません。

ルートの出現

根(または幼根)は、胚の特徴が成長するにつれて、最初に種皮を突き破ります。それはプロセスを続けるために水と栄養素を吸収し始めます。また、種子を土壌の所定の位置に保持します。

  • 胚は胚乳に囲まれています。胚乳は、種子の初期の変化を養う種子内部の栄養素です。

根が発達するにつれて、胚軸アーチの「首」が土壌から現れます。この曲線はまっすぐになり、苗は立って上向きに成長し続け、日光を求めます。

子葉の移行

子葉は光にさらされ、開き始めます。子葉は、植物が土壌を突き抜ける間、敏感な本葉を保護する働きをします。茎が成長するにつれて、真の葉が子葉の保護から現れ、発芽の終わりを知らせます。最後に、子葉は落ちます。豆では、子葉も緑色に変わり、光合成を利用して新しい植物に餌を与えます。

  • 根が発達するにつれて、胚軸アーチの「首」が土壌から現れます。
  • 茎が成長するにつれて、真の葉が子葉の保護から現れ、発芽の終わりを知らせます。


ビデオを見る: 花のつくりと分類花のつくり双子葉と単子葉の花の決まり (1月 2022).