情報

日本の桜の品種

日本の桜の品種



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Fotolia.comのPetroFeketaによる日本の桜(桜)の開花画像

日本の桜は、花が咲く春に全国の庭園や景観を美しくします。日本の桜は、1912年に日本政府が米国に3,000本以上の桜を贈ったことで知られるようになりました。ワシントンのいくつかの場所に植えられたこれらの木は、毎年恒例の全国桜祭りの焦点となっています。

ソメイヨシノ(Prunus x yedoensis)

1872年に東京に紹介されたソメイヨシノは、ほのかにピンクがかった香りのよい五花弁の白い花でいっぱいの枝を生み出します。この木は、東洋の枝分かれ模様と光沢のある樹皮のある幹が特徴です。樹木は、USDAハーディネスゾーン5〜8で高さ45フィート、幅40フィートまで成長します。その直立した癖により、歩道や中庭の近くに植えるのに理想的です。春の早い時期に花が咲くので、風の強い条件や遅い霜からの保護の恩恵を受けます。ソメイヨシノは、ほとんどすべての種類の水はけの良い土壌で、太陽の下で最もよく育ちます。木はまた、それが知られている強力な構造を開発するのを助けるために剪定の恩恵を受けます。吉野は鳥に魅力的な小さな果実を生産しています。

  • 日本の桜は、花が咲く春に全国の庭園や景観を美しくします。
  • 木々はまた、品種に応じて、葉が赤、黄、金の色合いに変わるときに、秋の庭に視覚的な興味を与えます。

クワンザン(Prunus serrulata 'クワンサン')

カンザンの桜は、カーネーションに似た濃いピンク色の二重花の房で覆われた枝が特徴です。このお気に入りの木は、耐寒性ゾーン5〜9で高さと幅が最大40フィートに達します。カンザン桜は4月に咲き始めます。秋になると、葉は美しい金色に変わります。木は、水はけが良い限り、ほとんどすべての土壌で完全な太陽から部分的な太陽まで成長します。しかし、この木は、穴あけ器、鱗屑、ハダニ、アブラムシなど、多くの害虫を引き付け、木が損傷しているように見える可能性があります。

しだれコヒガン(Prunus subhirtella pendula)

日本では「しだれざくら」と呼ばれるしだれ桜は、ピンクがかった白い花が滴る垂れ下がった枝が特徴です。木の枝はほぼ地面に達し、3月下旬または4月上旬に花が咲きます。しだれ桜は、庭や湖や池に沿って、単一の標本の木と同様に良い日陰の木を作ります。樹木は、耐寒性ゾーン5〜8の水はけの良い土壌で、部分的な太陽よりも完全な太陽を好みます。この樹木は、鳥やリスなどの小型哺乳類が好む小さな果実を生成します。

  • カンザンの桜は、カーネーションに似た濃いピンク色の二重花の房で覆われた枝が特徴です。
  • 日本では「しだれざくら」と呼ばれるしだれ桜は、ピンクがかった白い花が滴る垂れ下がった枝が特徴です。

フゲンゾウ(Prunus serrulata 'フゲンゾウ')

遅咲きの桜であるフゲンゾウは、シロフューゼンという名前でも呼ばれています。木は4月中旬から下旬に現れる花ごとに30から40の花びらで花を特徴とします。長持ちする花は白っぽいピンク色で始まり、時間の経過とともに濃いピンク色に深まります。新しい葉は銅茶色になり、木に色が加わります。樹木は高さと幅が最大20フィートに達し、耐寒性ゾーン5〜9の水はけの良い土壌の部分的に日当たりの良い場所よりも完全な場所を好みます。


ビデオを見る: 桜の品種がいっぱい桜咲く (八月 2022).