面白い

花ではなくワスレナグサの世話をする方法

花ではなくワスレナグサの世話をする方法

水溶性混合物に加えて粒状肥料を適用しないでください。過剰受精を防ぐために、どちらかの方法を選択してください。

ワスレナグサは、小さくて可憐な青い花を咲かせる水を愛する植物です。開花は春先から最初の霜まで続き、植物は冬まで休眠状態を保ちます。それらは通常、適切に維持されていれば自分で再播種し、毎年再出現します。

適度な日陰にろ過され、湿った砂利の多い土壌のある地域にワスレナグサを植えます。ワスレナグサの自然の生息地は、数インチの水柱の小川や小川の河床の近くにあります。低くて濡れやすい植栽地を選びましょう。初秋に庭に直接種を蒔き、少なくとも12インチ離して、1/8インチの湿った土で覆います。

  • ワスレナグサは、小さくて可憐な青い花を咲かせる水を愛する植物です。
  • 適度な日陰にろ過され、湿った砂利の多い土壌のある地域にワスレナグサを植えます。

ワスレナグサの花の周りの土は常に湿らせておき、決して乾かさないでください。十分な水は、健康的なワスレナグサを育てる上で最も重要な要素です。乾燥した地域で毎日水をやり、涼しい気候で土壌を常に湿らせておくのに十分です。通常は2〜3日に1回です。

葉を頻繁に温水でミストして湿度を上げ、植物の自然環境をエミュレートします。スプレーボトルに石灰を含まない水を入れ、1日1回程度葉の周りに直接スプレーします。非常に乾燥した気候では、1日2回のミストが必要になる場合があります。

春先に年1回徐放性粒状肥料を施肥します。適切な投与量と用途については、製造元の指示に従って使用してください。あるいは、水溶性肥料を使用して、春から秋にかけて週に1回ワスレナグサの花を与えることもできます。

  • ワスレナグサの花の周りの土は常に湿らせておき、決して乾かさないでください。
  • あるいは、水溶性肥料を使用して、春から秋にかけて週に1回ワスレナグサの花を与えることもできます。

害虫の兆候がないか定期的に葉をチェックしてください。適切に維持されれば、通常は害虫は発生しませんが、アブラムシは新しい葉の成長を攻撃することがあります。アブラムシの場合は、製造元の指示に従って、ウォーターホースから強力なスプレーでそれらをノックアウトするか、葉に殺虫性石鹸を塗布します。


ビデオを見る: LIVE Forget-me-not. 清水翔太 Shota shimizu (10月 2021).