コレクション

ドラゴンフルーツを肥やす方法

ドラゴンフルーツを肥やす方法

ピタヤとしても知られるドラゴンフルーツはラテンアメリカ原産であり、現在、主にフルーツの栄養成分のためにアジア諸国で栽培されています。ドラゴンフルーツの植物は登山サボテンであり、乾燥した地域での繁殖に最適です。夜にのみ咲く長い白い花(この植物は夜咲きのセレウスとも呼ばれます)は、肉質の鱗状の果実を生成します。ドラゴンフルーツは、観賞用または実を結ぶために育てられます。観賞用のドラゴンフルーツは受精を必要としません。しかし、食物のために育てられたドラゴンフルーツは健康な作物を生産するために頻繁な施肥を必要とします。ドラゴンフルーツの根系は表面近くにあり、土壌中の既存の栄養分をすばやく吸収します。正しい施肥は、ドラゴンフルーツの豊作につながる可能性があります。

  • ピタヤとしても知られるドラゴンフルーツはラテンアメリカ原産であり、現在、主にフルーツの栄養成分のためにアジア諸国で栽培されています。
  • ドラゴンフルーツの根系は表面近くにあり、土壌中の既存の栄養分をすばやく吸収します。

3オンスを適用します。植え付けから3ヶ月後の植物の根元の周りの13-13-13肥料の。植物の根元を4ポンドで囲みます。よく堆肥化された牛糞の。肥料を茎から遠ざけてください。

成長の最初の年の間、3〜4ヶ月ごとに肥料の適用を繰り返します。収穫の10日前に施肥をやめてください。

  • 植え付けから3ヶ月後の植物の根元の周りの13-13-13肥料の。

0.3から0.4ポンドを適用します。 2年目と3年目は2ヶ月ごとに肥料を与えます。肥料を6ポンドに増やします。 2年目と3年目には、各植物の根元に肥料を散布します。

4年目以降は、肥料を0.5〜0.75ポンドに増やし、年に3〜4回施肥します。 5ポンドを追加します。年に2回の肥料の。

  • 2年目と3年目は2ヶ月ごとに肥料を与えます。
  • 4年目以降は、肥料を0.5〜0.75ポンドに増やします。

有機栽培で化学肥料を避けたい場合、ドラゴンフルーツは牛糞だけの施用によく反応します。

ドラゴンフルーツは、水はけのよい土壌で最も効果的です。

ドラゴンフルーツはコンテナで育てられ、寒い季節には屋内に移動できます。


ビデオを見る: ドラゴンフルーツ03挿木から収穫 (12月 2021).