面白い

桜のお手入れ方法

桜のお手入れ方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

桜の木(セイヨウミザクラ)涼しい春のそよ風に揺れ、花びらがつぼみから離れ、白とピンクの花の雲に向かって開きます。桜の冬休眠後、桜の花や葉が咲くと、新たにケアのサイクルが始まります。

木に肥料を与える

施肥 花が開くか、新しい葉が現れる前の2週間から1か月の間の木。ただし、その窓を逃した場合でも、6月末までは、開花中も施肥できます。 6月以降に施肥すると、やわらかい新しい成長が促進されます。お住まいの地域によっては、初期の霜によって成長が損なわれます。桜の木は、品種に応じて米国農務省の植物の耐寒性ゾーン3〜8で繁殖するため、樹木の成長期が短い場合があります。

土壌分析は、桜の木を支えるために必要な土壌と栄養素の組成の正確な測定値を提供しますが、汎用肥料を使用して木に栄養を与えることができます。

若い木

一般に、まだ実をつけていない若い木は、バランスの取れた10-10-10または13-13-13徐放性肥料で施肥することができます。シーズンには1回のトリートメントで十分です。

2オンスのスクラッチ 肥料 木の幹から1フィートのところから始まり、肥料をドリップラインまで散布して、幹の直径の1インチごとに土壌に入れます。施肥後は十分に水をやります。 4インチのすくい 根おおい 土の上で、木の幹から6インチ引き戻します。マルチは雑草の成長を抑え、土壌からの水分の蒸発を遅らせます。

  • 桜は涼しい春のそよ風に揺れ、花びらは芽を出し、白とピンクの花の雲に向かって開きます。
  • 2オンスのスクラッチ 肥料 木の幹から1フィートのところから始まり、肥料をドリップラインまで散布して、幹の直径の1インチごとに土壌に入れます。

成熟した木

45-0-0などの果樹園用に配合された肥料で成熟した桜の木に肥料を与えます 徐放性肥料。木が開花する約2週間前の春に、木の幹の1インチごとに1/4ポンド(4オンス)の肥料を適用します。幹から1フィートのところから始めて、肥料を土壌に散布し、ドリップラインまで肥料を散布します。肥料の塩が木の柔らかい根を傷つけないように、施肥後に十分に水をまきます。

肥料を与えたり、休眠油を噴霧したりするときは、手袋と安全ゴーグルを着用して、皮膚と目を保護してください。

木に水をまく

桜が必要 毎週の水やり 花や果物を生産する。木の幹の直径の1インチごとに10ガロンの水を適用します。冬、木が休眠しているとき、または雨が降っているときは水やりを減らし、極端に暑い時期には週に2回水やりをします。

秋と冬の片付け

真菌性疾患の蔓延を防ぎ、害虫の越冬を阻止するために、 掃除 秋と冬の終わりに剪定した後、木の下で。枯れ葉、小枝、その他の残骸をすべてすくい取り、堆肥の山またはゴミ拾いのために緑のゴミ箱に置きます。また、古い根おおいを取り除き、新しい根おおいの層と交換します。

休止オイルスプレー

適用を開始します 休眠油 冬の終わりと成長期を通して。気温が華氏40度から90度の間にあるときにそれを木に適用します。などの昆虫を制御するために サンノゼスケール、2.5〜7.5杯の休眠油濃縮物を1ガロンの水と混合します。体幹と枝、特に手足の下側を溶液に浸します。昆虫の侵入を減らすために必要に応じて繰り返します。制御するには うどんこ病、2.5〜5杯の濃縮物を1ガロンの水と混合します。さくらんぼの穴が固まり始めるまで、10〜14日間隔で塗布します。越冬菌を減らすために収穫後に再適用します。

  • 桜が必要 毎週の水やり 花や果物を生産する。
  • 冬、木が休眠しているとき、または雨が降っているときは水やりを減らし、極端に暑い時期には週に2回水やりをします。

木の剪定

桜は上向きに成長する傾向があり、 毎年の剪定 結実を促し、木の形を維持します。中央のリーダーを地上2.5〜3.5フィートで切断し、3つまたは4つの大きな枝が広い足場を形成することにより、木の形状を維持します。あるいは、古い木や大きな木では、水平分枝の発達を促すために、毎年特定の高さで中央のリーダーを剪定します。

  • 等量の水と消毒用アルコールの溶液で、剪定ツールをカットの間に滅菌します。これは病気の蔓延を防ぎます。
  • 剪定するときは、靴やブーツ、長袖シャツ、長ズボン、手袋、安全眼鏡を着用して、破片や迷い枝や小枝から肌や目を保護してください。

休眠中の晩冬または早春に桜の木を剪定します。死んだ、壊れた、交差する枝を取り除くことから始めます。枝全体を取り除いた場合は、枝の襟と同じ高さに切ります。

  • 真菌性疾患の蔓延を防ぎ、害虫の越冬を阻止するために、 掃除 秋と冬の終わりに剪定した後、木の下で。
  • あるいは、古い木や大きな木では、水平分枝の発達を促すために、毎年特定の高さで中央のリーダーを剪定します。

剪定しながら枝を調べます。辺材に病気の兆候や黒い筋が見られる枝がある場合は、剪定機を再度滅菌し、枝を健康な木に切り落とします。

幹の接ぎ木の下に現れる可能性のある枝とすべての葉、手足、および根の芽から上向きに成長する水芽を取り除きます。水と根の芽が現れたら、まだ小さくて扱いやすいうちに剪定します。


ビデオを見る: 無水鍋を比較ルクルーゼとストウブはどっちがおすすめ (かもしれません 2022).