情報

イタリアワインDOCG:ワインヴィーノノービレディモンテプルチャーノDOCG DOCGの生産に関する懲戒処分

イタリアワインDOCG:ワインヴィーノノービレディモンテプルチャーノDOCG DOCGの生産に関する懲戒処分

生産仕様-Vino Nobile di Montepulciano DOCG

官報1999年8月9日のn°185

ワインの起源の管理され保証された額面の生産懲戒処分
ノービレディモンテプルチャーノワイン

第1条
制御され保証された原産地の名称Vino Nobile di Montepulcianoは、この生産仕様で確立された条件と要件を満たす赤および赤の予備ワイン用に予約されています。

第2条
生産地が管理され保証されているワインVino Nobile di Montepulcianoのあるワインは、会社内で次のアンペログラフィーの構成を持つブドウ園から入手する必要があります。
-Sangiovese(モンテプルチャーノ種ブラックソーンと呼ばれる):最小70%。
黒のカナイオーロは最大20%まで寄与できます。シエナ県の推奨および/または認可されたブドウの木は、最大20%まで寄与できますが、白ブドウの品種の割合が10%を超えない場合に限ります。 。
マルヴァシアデルキアンティを除いて、芳香族のブドウの木は除外されています。
上記のアンペログラフィック構成のブドウ畑が、管理され保証された原産地名の登録「Vino Nobile di Montepulciano」に入力されていることも許可されています。 」

第3条
ブドウの生産地域は、シエナ県のモンテプルチャーノの自治体の行政区域内にあり、この仕様で定められた要件を満たす生産物を供給するのに適した地域に限定されています。
このエリアには以下が含まれます:
モンテプルチャーノの自治体の領土の一部は、線で区切られています。シエナ-キウージ鉄道線とモンテプルチャーノの市境であるコンフィネエステート近くの交差点から始まり、モンテプルチャーノの境界線をたどって、鉄道駅の北側の前述の鉄道に到達します。モンタレーゼ。
この国境は、前述の線路に沿って出発地点まで続きます。
モンテプルチャーノの自治体の領土の一部-市の境界が標高251でキアナッチェの道路と交差する点から始まり、時計回りの方向に走る線で区切られたバリアーノの画分、前述の市の境界が道路に出会うまで標高253の沼地。次に、前述の道路を進み、フォルナーチのローカル道路とのジャンクションまで進みます。ジャンクションは、ヴァリアーノのラウレターナ道路との接ぎ木まで識別します。それは西に走り、少しの間、開始点に合流するまで続くキアナッチ道路に到達します。

第4条
ワインの生産が予定されている、生産地の管理され保証されたワインの生産地であるブドウ畑の環境と栽培条件は、この地域の通常の条件でなければならず、どの場合でも、ブドウとワインに特定の品質特性を与えるのに適しています。
したがって、海抜250メートルから600メートルの高度にある露出度の高いブドウ園のみが適しています。
植栽のレイアウト、トレーニングシステム、および剪定システムは、一般的に使用されているものでなければならず、いずれの場合でも、ブドウとワインの固有の特性を変更しないのに適しています。強制的な行為は禁止されています。レスキュー灌漑は許可されています。
この仕様の発効の翌年から始まる、生産地ワインの管理され保証された指定ワインVino Nobile di Montepulcianoの生産に適したブドウ園の新しい植物および再植栽の場合、ヘクタールあたりの最小密度は3330ブドウである必要があります。
制御され保証された原産地表示のあるワインの生産を可能にするブドウの収穫量は、Vino Nobile di Montepulcianoがtを超えてはなりません。 1ヘクタールあたり8の特殊作物。
無作為に栽培されたブドウ園の場合、1ヘクタールあたりのブドウの最大生産量は、実際にブドウの木が使用している面積と比較する必要があります。
この制限では、例外的に有利な年であっても、生産量が制限を20%超えない限り、収量を上記の制限に戻す必要があります。
ワイン醸造を目的とするブドウは、管理され保証された原産地名「Vino Nobile di Montepulciano」のワインに、12%の最小天然アルコール強度を確保する必要があります。
ワイン醸造では、ワインに独特の特徴を与えることができる忠実で一定したワイン醸造法のみが許可されています。
独自の法令のあるトスカーナ地域では、関連する貿易機関の意見を聞いた後、毎年収穫前に1ヘクタールあたりのブドウ生産量の上限をこの仕様で設定された上限よりも低く設定することができます。ワインの原産地と典型的な地理的表示の保護と強化のため。

第5条
ワイン製造と必須の熟成操作は、モンテプルチャーノの自治体の領域内で実行する必要があります。
ただし、生産地域外での醸造と熟成は、次の条件を満たす企業に許可されます。少なくとも1980年7月1日の共和国大統領令の発効以降、モンテプルチャーノの地方自治体の境界近くに、そしていずれにしても超えない距離
m。 DOCGワイン登録簿での1996年7月1日の法令の発表(Vino Nobile di Montepulcianoの製造に関する規律の修正)から始まり、少なくとも5年間登録された、カラスが飛んでおり、ブドウのブドウ畑が2,000である「Vino Nobile di Montepulciano」。
ワインのブドウの最大収量は70%を超えてはなりません。利回りがこの制限を超えているが75%を超えていない場合、剰余金は管理および保証された出所の額面を受け取る権利がありません。
製品全体の管理および保証された原産地指定の権利の75%以上が失効している。
原産地名が管理され保証されているワイン "Vino Nobile di Montepulciano"は、収穫後の1月1日から少なくとも2年間熟成する必要があります。
この期間内で、次の可能なオプションはメーカーの裁量に任されています。
1)木材で24か月の熟成。
2)最低18か月の木材での熟成と残りの月の別の容器での熟成。
3)最低12か月は木材で、最低6か月はボトルで、残りの月は別の容器で。
ケース2と3の場合、木材の熟成期間の開始は、収穫後の年の4月30日を超えて延長することはできません。
木製コンテナの熟成期間の開始日と終了日の日付は、セラーの記録に関連するメモとともに文書化する必要があります。
木製容器に入った熟成製品は、セラーの記録に注釈を付けた後、一時的に他の容器に移すことができます。また、木製の最小保管期間を守る義務があります。
ワイン生産地の管理され保証されたワインVino Nobile di Montepulcianoは、ブドウ生産の翌年の1月1日から計算された2年間の強制熟成が完了する前に、消費のためにリリースすることはできません。
12.50%の最小の自然なアルコール度数を持ち、少なくとも3年間の熟成期間を経た、1つがボトルの精製であるブドウに由来する、管理され保証された原産地名のワイン "Vino Nobile di Montepulciano"は、この記事に記載されている木材の最低使用期間を損なうことなく、ラベルに「予備」という資格を付けてください。
この記事に記載されているように、木製コンテナの熟成期間の開始日と終了日の日付、およびボトルの精製は、セラーの記録に関連するメモとともに文書化する必要があります。
「予約」タイプの成熟期間も、ブドウ生産の翌年の1月1日から計算されます。
木製の容器で熟成を損なうことなく、同じワインの4%を別の容器に入れて、過剰充填に使用できます。
改善の目的で、管理され保証された原産地名「Vino Nobile di Montepulciano」の異なるヴィンテージのワインの15%まで、または管理され保証された原産地名「Vino Nobile di」に適したワインを追加することができます。モンテプルチャーノ」。
商工会議所と食糧詐欺の抑圧のための中央検査官に提示されるワインメーカーによって通知されると、ワインは、収穫後1月1日から始まる16か月以内に許可されます。制御され保証された起源の名称「Vino Nobile di Montepulciano」は、相対生産分野によって確立された条件と要件に対応する限り、管理された起源の名称「Rosso di Montepulciano」に再分類されます。ただし、管理され保証された原産地名「Vino Nobile di Montepulciano」のバッチが上記の期間の後に生産者によって転送される場合、確立された金種は、特性の損失を除いて、不可逆的に維持する必要があります。
瓶詰め作業はワイン製造エリア内で行う必要があります。
ただし、管理され保証されている原産地名「Vino Nobile di Montepulciano」については、農業政策省に要請された場合、「留保」の言及はありません。国の保護と強化のための国家委員会起源とワインの典型的な地理的表示の、トスカーナ地方の全領土における管理され保証された起源の「Vino Nobile di Montepulciano」のワインの瓶詰めは、管理され保証された起源の「Vino Nobile」の名称のワインを瓶詰めするセラーへこの生産仕様が発効する前の少なくとも3年間。

第6条
消費者向けにリリースされた場合、管理され保証された原産地名のヴィーノノービレディモンテプルチャーノのワインは、次の特性を満たす必要があります。
色:老化に伴いガーネットになりやすいルビー色;
におい:強烈で、エーテルのような、特徴的な香水。
風味:乾燥した、バランスの取れた、持続性があり、木のヒントが考えられます。
容量による最小合計アルコール度数:12.50%vol、「予備」タイプの場合13.00%vol。
最小総酸性度:4.5 g / l;
最小純乾燥抽出物:23 g / l。
農業政策省-原産地呼称およびワインの典型的な地理的表示の保護と強化のための全国委員会-独自の法令で総酸性度と正味乾燥抽出物の制限を変更する能力を備えています。

第7条
「Vino Nobile di Montepulciano」という管理され保証された原産地名称のラベリングおよび指定では、形容詞「fine」、「chosen」、「selected」などを含む、この仕様で提供されている以外の資格を追加することは禁止されています。ただし、称賛の意味を持たず、現在の規制に従って消費者やその他のオプションの用語を誤解させないような名前、会社名、プライベートブランドを指す表示の使用は許可されています。ブランドと会社名を除いて、同じように、より限定的で一般的なルールを除いて、ワインの原産地の指定に使用される文字より大きくなく、はっきりとした活字文字でのみラベルに表示されます。
追加の地理的言及の使用、ならびにトポニムの使用の一般的な条件に従って、ブドウ園の登録簿への特定の登録、特定の苦情を規定する管理手順に従って、相対的な頭字語を伴う用語「ブドウ畑」の使用も許可されていますブドウの年次および必須のセラーの記録の特定の担当。制御され保証された原産地表示「Vino Nobile di Montepulciano」のあるワインが入ったボトルには、常にブドウの製造年の表示が含まれている必要があります。
分析および官能検査を実施するための「Vino Nobile di Montepulciano」のバッチのサンプリングは、消費のためにリリースする前に、醸造エリア内で実施し、必要に応じて、瓶詰めが行われない場合は繰り返す必要があります。次の90日以内に。

第8条。
原産地名称が管理さ​​れ保証されているワインVino Nobile di Montepulcianoは、容量が5リットルを超えないガラス瓶でのみ使用できるようにリリースする必要があります。
ボトルはボルドータイプのダークガラスで、口に近いコルクで閉じている必要があります。
ワインの名声にふさわしくない場合は、ボトルの包装とドレッシングは禁止されています。


ビデオ: イタリア ロンバルディア州 ワイン概論 ソムリエ試験対策 (1月 2022).