情報

DOCGイタリアワイン:Lison DOCGワイン生産規制

DOCGイタリアワイン:Lison DOCGワイン生産規制

生産仕様-Lison DOCG

原産地名称が管理さ​​れ保証されているワインの製造に関する懲戒処分
リソン

第1条
1.管理され保証された原産地「Lison」の名称は、「Lison」および「Lison」クラシックタイプのこの生産仕様によって確立された条件と要件を満たすワインのために予約されています。

第2条
アンペログラフィックベース
1.管理され保証された原産地「Lison」の名称は、Tai品種の85%以上で構成されたブドウから得られたワイン用に予約されています。さらに、ヴェネツィア、トレビソ、ポルデノーネの各州での栽培に適していれば、同様の果物の他の品種の非芳香性ブドウも単独で競争できます。

第3条
産地
A)管理され保証された原産地表示のあるワインを生産するためのブドウ
「Lison」は、それぞれの州を含め、次の地方自治体の管轄区域を含む地域で生産されなければなりません。
ヴェネツィア県:Annone Veneto、Cinto Caomaggiore、Gruaro、Fossalta di Portogruaro、Pramaggiore、Teglio Veneto、およびカオルレの自治体の領土の一部、Concordia Sagittaria、Portogruaro、San Michele al Tagliamento、Santo Stino di Livenza;
トレヴィーゾ県:メドゥナディリヴェンツァとモッタディリヴェンザの領土の一部。
ポルデノーネ県:チオン、コルドバード、プラビスドミニ、アッツァーノデシモ、モルサーノアルタリアメント、セストアルレヘナの領土の一部。
このブドウ生産地域は、大統領令に付属しているトカイディリソンの生産の懲戒処分の第3条ですでに説明されているものに対応しています。 1971年8月4日の境界は次のとおりです。タリアメント川から始まり、ヴィラノヴァマラフェスタの高さで、境界線はヴェネツィア県の南方向に沿っており、ベリア沿岸と合流するまで、タグリアメント自体とほぼ一致しています。ベバッツァーナのパイロンとスイングブリッジ。プンタミニスカルキの高さでルグニャーナ運河と合流するまで、西にヴェネタ海岸をたどります。次にcを通る市道。カヴァ、フォッペディモンド、およびc。 TerzoBino盆地まで北に曲がるLoviは、常に北に向かって、少しの間、Canale dei Loviの左側に続き、3番目の盆地とカントンに沿ってCàla Bernardaまで続く道路に続きます。境界線は西に曲がり、カブラートの南端であるルグナナ運河を少し通り、プラティヌオビ干拓地に沿って走る道路に合流し、ロレゴロ運河に合流するまで南に続きます。それは前述の運河に沿って南に続き、第7盆地のウォーターポンプの近くのロビ運河に出会います(プラティヌオビ干拓)。カヴァネラ運河と合流するまで、カナーレデイロヴィをたどります。次にカバネッラ運河に沿って西に続き、次にバーセレゲ運河に沿って北西に進み、モルト運河とアルベロニ運河に沿って高さ0まで続きます。戦闘機;
次に、ペレラ渓谷とジニャゴ渓谷のラージーンに沿って、ビニャーティ家の近くを通り、それらを除いて、グラメラダとバッタリオンの埋め立てを迂回し、リエチェ家の近くを通り、シンダカレのヴィオラ運河に架かる橋まで西に続く道をたどります。ここから北に向かって進み、次にヴィオラ運河からS.ジャコモ運河の入口まで東に進み、ボッロ邸の北にあるストラーダファウスタ(Km。0,950)を渡った後、S。ジャコモ運河に沿ってフォッサロン運河に接する角まで続きます。
境界線はフォッサロン運河とデガン運河に沿って南に折れ曲がり、アクアドールとパロクローゼレを分ける道路に出会い、ヴィアーレローマとの交差点を通過します。それはこのコンソーシアムの道路に沿って、c.Macchinettaの近くのviale Zignagoとの交差点まで続きます。次に、c.Alessandraの近くで州道Portogruaro-Caorleと合流する道路に沿って南西に曲がります。上記の州道に沿って南に進み、Fausta道路と交差してMaranghetto橋に向かいます。前述の橋から、南東にMaranghetto運河の右側に沿って、Nicessolo運河からMiglio運河の高さまで進みます。これに続いて運河が続き、ヴァッレグランデの広い谷、ペドッキオの沼、プールの2つのクオータに触れて、ファルコネラの家を通るカートトラックに入ります。ボッカボルタを横切り、カナレニコレッゾロの堤防を南に向かって進むと、港近くのファルコネラの地域に到達します。カオルレの町の北を通る道路に沿って南西に曲がり、サエッタ運河に架かる回転橋まで続きます。 Saettaの水路に沿って南に進み、時計の水路と合流し、リベンザ川と合流します。そして、北にある川については、Cammesseraの水路に出会うまで続きます。それはブライアンのリベサモルタ運河と合流するまで、カンメッセラ運河に沿って続きます。その後、リヴェンツァモルタ運河を北に向かって進み、ファウスタ道路に続いて、ファウスタ道路からラサルートディリヴェンザのリヴェンツァ川の左側に向かいます。 DOC地域で同じ市町村内にある表面全体を含むモッタディリヴェンツァ市の行政境界を越えるまで、リヴェンザ川の左側を北西に進みます。領域の限界である北側は、リベンザ川の軸に沿ってcの高さまで続きます。カザーリ(Meduna di Livenza);その後、トレヴィーゾとポルデノーネの間のパルディエイまでの地方の制限に従います。その後、パシアノディポルデノーネとプラビスドミニの間の境界に沿って、シレ川に合流します。この時点から、境界線はシレ川に沿って続き、チオンの自治体とc近くのベネト川の間の領土の境界に接します。マルクス;チオン、セストアルレヘナ、モルサーノアルタリアメントの自治体の領土を区切る境界線に沿って東に進み、モリアーノアルタリアメントの自治体の境界線をたどり、州の境界に達するまで南に流れるタリアメント川に合流します。ヴェネツィアの出発点。
このように区切られたエリア内には、除外されたロンコンとセブンシスターズの埋立地があり、その境界は次のとおりです。
フォッソン運河とロンコン川の合流点から始まり、境界線はロンコン川に沿って南に向かってブラガト橋まで続きます。 Lemene川の右岸に出会うまで、Torba道路(TorbaピットとPossidenzaピットの間)に沿って北東に進みます。ここでは、レメン川を南下し、マランゲット橋近くのマランゲット運河と合流するまで続きます。ロンコン川と合流するまで西にマランゲット運河をたどり、続いてビガイピット水路と合流します。フォッサビガイ運河に沿って続き、ピバ埋め立ての排水地点から州道S. Stino di Livenza-Caorleの高さまで続きます。この地点から、州道Sに沿って北に続きます。 Stino di Livenza-Caorleから運河Contarina fossa diponenteに平行なパラミン私道まで。次に、パラミン私道に沿って西に進み、セブンシスターズの再生の外周道路との交差点に行きます。コーナースクールの近くを通り、Cernetta運河で合流するまで上記の道路に沿って進みます。次に、Cernetta運河に向かう右の平行道路をたどって、州道S. Stino diLivenza-Caorleを渡って交差します。ロンソン川と合流するフォッソンフィーノ運河の右側を進みます。
Lemeneエリア。ここから、レメネ川に沿って南下し、マランゲット橋近くのマランゲット運河の合流点まで続きます。西にはマランゲット運河がロンコン川と合流し、フォッサビガイ運河と合流します。 S.Stino di Livenza-Caorle州道の高さまで、Piva干拓の排水ポンプを通過してFossa Bigai運河に沿って進みます。この地点から、州道S.Stino di Livenza Caorleは、フォッサコンタリーナディポネンテ運河に平行な私道パラミンまで北に続きます。次に、プラミン私道に沿って西に進み、セブンシスターズの再生の境界コンソーシアム道路との交差点まで進みます。コーナースクールの近くを通り、Cernetta運河で合流するまで上記の道路に沿って進み、Cernetta運河の右側の平行道路をたどり、S。Stinodi Livenza -Caorle州道が交差するまで進みます。ロンソン川と合流するまでフォッソン運河の右側。
B)クラシックな「Lison」が管理および保証する原産地ワインの指定の生産地域には、次の割合が含まれます。
-ポルトグルアーロの自治体にあるリソン、プラディポッツォ、スンマガ。
-プラマッジョーレ市のベルフィオーレ、ブレッサリア、サルバローロ。
-Annone Venetoの自治体にあるCarlineとLoncon、およびS. Stino di LivenzaとCinto Caomaggioreの自治体の行政区域の一部。
大統領令に付属するトカイ・ディ・リソンの懲戒処分の第7条ですでに説明されているブドウ生産のこの領域したがって、1971年8月4日は区切られています。境界線はノイアーレの地域から始まり、国道nに合流する南西に向かって市道をたどります。オステリア・デル・トロヴァトーレの14。国道nに沿って進みます。 Km。59の高さで橋まで14;コンコルディアサジタリアとポルトグルアーロの自治体の間の境界に沿って南に続き、タウ運河に出会います。タウ運河に続いて、アガッツィ脱水工場の近くのロンコン川に到達します。フォッソン運河と合流するまでロンコン川に向かって北西に続きます。この時点から、境界線は最初にフォッソン運河を上昇し、次にフォッソンストリームがメロネット運河と合流するまで上昇します。メロネット運河は、アノンヴェネトベルフィオーレ県道に合流するまで続きます。前述の州道に沿って北に進み、Le Quattro Stradeの産地に向かいます。次に、市道沿いに進みます。ここでは、Boschettoの地域で境界線が北に続き、Annone VenetoとPramaggioreの間の共通の制限がScoloStucciàt運河でのヴェネツィアとPordenoneの間の地方の制限に達します。州道は、南に走る市道La Stradattaまで、州道Pramaggiore-Chionsとの交差点まで続き、Prmaggioreに向かって続き、この道は、viale Europaとの交差点に達しています。それは、バイエル・エウロパに続き、地方道路のシント・カオマッジョーレ・ブレッサリアとの交差点まで走る市道viaBassaまで続きます。
前述の州道を渡った後、マルティニョンの市道との交差点までComugneを進み、Martignonの道を進み、S。Biagio di CintoCaomaggioreにあるザンパーを経由するマッツァロゴの市道との交差点に到達します。その後、市道に沿って南に曲がり、国道No. 753はS.ジュストへの道のあるジャンクションに少し続きます。この地点から、ノイアーレの地域にあるS.ジュストへの道に沿って、境界線の開始点に到達します。

第4条
ブドウ栽培のルール
1.第1条で言及されているワインの生産が予定されているブドウ畑の環境と栽培条件は、生産地域の伝統的な条件である必要があり、ブドウや派生ワインに特定の品質特性を与えるのに適しています。
2.したがって、石灰岩やスケルトンの結石が存在していても、中程度の混合の堆積性沖積土にあり、傾向として粘土質で緩いブドウ畑だけが、第1条に言及するワインの生産に適していると見なされます。
EracleaからLatisanaに続く地方道の南のエリアに限定され、Salute di LivenzaとLugugnanaを通過して、砂質粘土質の土壌も許可されます。
3.一方、砂質泥炭土壌にあり、有機物が豊富で湿ったまたは新鮮なブドウ畑は、復活したり洪水にさらされたりすることはありません。 (写真の解釈の詳細は、ヴェネト州の農業食品生産管理に保管されています)。
4.植栽レイアウト、トレーニングシステム、および剪定システムは、一般的またはいかなる場合でも、ブドウとワインの特性を変更しないように使用する必要があります。
5.シングルまたはダブルカウンターエスピアリア形状のみが許可されます。
6.リソンプラマッジョーレDOCの生産にすでに適したブドウ園を損なうことなく、この仕様の承認後に植えられたブドウ園は、3000以上の最低数のブドウペレッタロを持たなければなりません。
7.すべての強制慣行は除外されます。ただし、緊急の灌漑は許可されています。
8.アートで言及されているワインの生産を目的とするブドウ品種の特別な栽培における、1ヘクタールあたりのブドウの最大収穫量。 1およびそれぞれの容量による最小の天然アルコール強度は次のとおりです。

ブドウ品種リソン:
-最大生産量(ブドウ/ ha)11トン
-タイトルalc。巻。 nat。最小11.00%
クラシックリソンブドウ品種:
-最大生産量(ブドウ/ haトン)10トン。
-タイトルalc。最低11.50%

9.有利なヴィンテージでは、管理され保証された原産地「Lison」のワイン単位の生産に使用するために取得されたブドウの量は、全体の生産量が制限の20%を超えない限り、上記の制限内で報告されなければなりません。問題の量のブドウ/ワインを制限します。
10.ヴェネト州とフリウリヴェネツィアジュリア州の地域は、保護コンソーシアムからの合理的な要請に応じて、収穫前に毎年、一義的な技術管理基準と合わせて採用される、独自の対策を用いて、該当するカテゴリの専門組織を免除します。この仕様で設定されたものよりも低い「Lison」という起源の管理され保証された名称を持つワインの生産のための、1ヘクタールあたりのブドウの最大生産または使用制限。農林省にすぐに連絡します。

第5条
ワイン醸造と特別加工のルール
1.ワイン製造では、国内および地域の法律で許可されているすべてのワイン醸造法が許可されています。
2.熟成を含むワイン醸造作業は、第3条で区切られた生産地域内で実行する必要があります。ただし、伝統的な状況を考慮して、これらの作業を地方自治体の全地域で実施することは許可されています。ブドウ生産地域、および以下の自治体:
ヴェネチア州:トッレディモスト、チェッジャ、エラクレーア、イェーゾロ、S。ドナディピアーヴェ、ノヴェンタディピアーヴェ、メオロ。
トレヴィーゾ県:チェサルト、キアラノ、ゴルゴアルモンティカーノ、サルガレーダ、ガイアリーン、マンスエ、ポルトブッフォレ、オデルツォ、オルメール。
ポルデノーネ県:ヴェネト川、パジアーノ、ポルシア、ポルデノーネ、プラタディポルデノーネ、カザルサデッラデリツィア、サンヴィートアルタリアメント。
ウーディネ県:ラティザーナ、ベルティオーロ、コドロイポ。
ただし、地域の責任を負う地域の意見を聞いた後、前の段落で想定されている地域外であっても、「Lison」という管理され保証された名称のもとでワインを生産するための前述の操作を承認するのは、農林水産省の教職員です。いずれの場合も、ヴェネツィア、トレヴィーゾ、ポルデノーネの州の境界内で、単一または関連する要求企業が、2000年5月29日の省令の日付で、第1条に言及するワインの生産にすでに適したブドウ畑の管理を示している限り。
3.ワインのブドウの最大収量は70%を超えてはなりません。この収量が上記の制限を超えて75%を超えない場合、剰余金は原産地指定を受けることができません。ブドウ/ワインの収量が75%を超えると、製品全体で管理および保証されている原産地の権利が失効します。
4.第1条で言及されているワインは、収穫後の翌年の3月1日までに消費用にリリースすることはできません。

第6条
消費者の特徴
1.消費のためにリリース時に第1条で言及されているワインは、次の特性を満たしている必要があります。
リソンとリソンクラシコ
-色:緑がかった色から金色の反射を伴う、多少濃い麦わら色。
-におい:特徴的で心地よい。
-風味:木材の心地よい知覚を伴う、乾燥したビロードのようなもの。
-ボリュームごとの最小合計アルコール強度:12.00%vol。および12.50%vol。 「クラシック」タイプ。
-最小総酸性度:4.50 g / l;
-最小非還元エキス:20.00 g / l。
2.農林水産省の政策は、この仕様書で言及されているワインの総酸性度と非還元性抽出物について、上記の最小制限を修正する能力を備えています。

第7条
指定と表示
1.「Lison」で管理および保証された原産地表示のあるワインの指定と表示では、形容詞«extra»、«fine»、«chosen»、«selectedを含め、この仕様で提供されている以外の追加の資格を追加することは禁止されています»、«スーペリア»など。
2.称賛に値しない、購入者の誤解を招くのに適さない名前、会社名、プライベートブランドを指す表示の使用は許可されます。
3.「ワイン生産者」、「農場」、「農家」、「農場」、「農家」などのボトラーの農業活動を特定する傾向がある表示は、関連するコミュニティおよび国の規定に従って許可されています。
4.管理され保証された原産地「リソン」の名称のワインは、ラベルに製造年を報告する必要があります。

第8条。
梱包
1.すべての「Lison」で管理および保証された原産地ワインの指定は、従来のガラスボトルで最大容量3リットルまで口の近くで閉じて消費できるようにリリースする必要がありますが、0.375リットルまでのボトルでは許可されますスクリューキャップの使用。


ビデオ: Sommelier For Free ワイン講座 第11回イタリア (10月 2021).