情報

イタリアのDOCGワイン:Colli Bolognesi Classico Pignoletto DOCG生産仕様

イタリアのDOCGワイン:Colli Bolognesi Classico Pignoletto DOCG生産仕様

生産仕様-Colli Bolognesi Classico Pignoletto DOCG

DECREE 2010年11月8日(公式官報No. 278 of 27-11-2010)

の懲戒処分
オリジン「COLLI BOLOGNESI CLASSICO PIGNOLET」の管理され保証された指定

第1条
制御および保証された起源«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»の名称は、この生産仕様によって確立された条件と要件を満たすワインのために予約されています。

第2条
原産地名称が管理さ​​れ保証されているワイン「Colli Bolognesi Classico Pignoletto」は、ブドウから、そして少なくとも95%のピニョレットのブドウで構成されたブドウ畑から生産されたものでなければなりません。会社内のブドウ園に存在するエミリアロマーニャ地域での栽培に適した他のブドウの木も、単独でまたは一緒に、最大5%までこのワインの生産に貢献できます。

第3条
起源が管理され保証されているColli Bolognesi Classico Pignolettoの生産地域には、ボローニャ県のMonte San PietroとMonteveglioの自治体の行政区域全体、およびSasso Marconi、Casalecchioの自治体の行政区域が一部含まれます。ボローニャ県のリノ、ゾラプレドーザ、クレスペラーノ、バッツァーノ、セラヴァッレ城、モデナ県のサヴィニャーノスルパナロ。したがって、この領域は区切られています。s.sから始まります。カザレッキオディレーノとゾーラプレドーザの間の市境からの569は、西に向かって同じ状態をたどり、ゾーラプレドーサ、クレスペッラーノ、バッツァーノの居住地を通過します。それはs.sに沿って続きます。南西方向に569通り、バッツァーノとサヴィニャーノスルパナロの地方自治体間の州境と交差します。あなたはサヴィニャーノ・スル・パナロの市のエリアに入り、リオ・バルドに会うまで左に南西方向にモンティチェッリを介して市の道を進みます。サヴィニャーノスルパナロとカステッロディセッラヴァッレの間の州境に接するまで、西南西に走ります。サヴィニャーノスルパナロ、モンテヴェーリオ、カステッロディセッラヴァッレの自治体の領土が合流する地点まで、東に向かって州境をたどります。モンテヴェーリオとカステッロディセラヴァッレの間の南東方向に市の境界線をたどります。リオマルザトーレを経由して市道を横切り、南西に続いてS.ミケーレの地方道路に合流します。 n。 70秒のトランク。西に向かうこの州道に続いて、Via Farneとの交差点に達し、そこからLa Pianaまで続き、道を離れて、ボローニャとモデナの州境に沿って道nに合流します。ティオラを経由して市道を横断するまで東に70。 Ghiaiaの急流に架かる橋を渡った後、Tiola経由で続行し、via Collineとの交差点に到達します。そこから入り、最後まで進み、丘の尾根に沿ってパルビアーノ経由で交差します。 Via dei Calanchiとの交差点では、後者を南西方向に走らせ、Castello di SerravalleとMonteveglioの自治体の間の地方自治体の国境に合流します。この境界に沿って、ギラディーニ通りとバリセッラ通りの交差点近くの南方向に沿って、ドゥチェントラ地方の上にある丘の尾根と合流し、カノヴェッタに戻るまで続きます。それはカノベッタを経由して谷を下って続き、カノベッタはそれが再び市の境界と交差するまで部分的に交差します。道は州道nに通じます。南東に走る70。州道nを進みます。 27をザッポリーノまで進み、ムリーノを経由してS.アンドレアを経由し、モンテS.ピエトロの市境を越えるまで南西方向に進みます。それはカルデリーノまでその自治体の境界に沿って続き、ラヴィーノ川を渡った後、フォンタネッレの地域で、それはモンテキャプラを介して交差するまでゾラプレドサの市境をたどり、ティニャーノを介して続きます。サッソマルコーニの18と19の自治体、左折してモンガルディーノに到着します。モンガルディーノ州道を南東に向かって南下するまで続きます。 64を北に国道に向かって進み、Via Rosaを左に曲がり、西に向かって、Tizzanoのエルミタージュの教区教会に到達します。ViaTizzanoに沿って、市のZola Predosaの国境に到達します。それは、国道nに出会うまで、この国境に沿って北に続きます。区切りが始まった569。

第4条
Colli Bolognesi Classico Pignolettoの生産地が管理され保証されているブドウ園の環境と栽培条件は、生産地域の伝統的なものでなければならず、いずれの場合もブドウやワインに特定の品質特性を与えるのに適しています。したがって、ワイン登記簿に登録するためには、渓谷の底の湿気の多い土地にあるブドウ園を除外する必要があります。
植栽のレイアウト、トレーニング方法、剪定方法は、地域の伝統的なものでなければならず、いずれの場合もブドウとワインの特性を変えないのに適しています。強制的な練習は除外されます。レスキュー灌漑は許可されています。特別な作物の新しい植物と再植栽のために、最小植物密度が1ヘクタールあたり3,000植物の新しいespalierシステムが採用されました。原産地ワイン«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»の管理され保証された額面を生産するための特別な栽培におけるブドウ畑の1ヘクタールあたりのブドウの最大収量は、9トンでなければなりません。有利な年に、管理され保証された原産地名「Colli Bolognesi Classico Pignoletto」のワインの生産に向けて運ばれるブドウの量は、全体の生産量が同じ制限の20%を超えず、先入観なしに、上記の制限内で報告される必要があります。問題の量のブドウ/ワイン収量制限を損なうことなく。ワイン製造に向けられたルバは、12%volの最小天然アルコール強度で、管理され保証された原産地«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»のワインを保証する必要があります。

第5条
原産地呼称«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»が管理され保証されているワインの場合、ボトル内の醸造、瓶詰め、熟成は、管理された原産地呼称«Colli Bolognesi»で区切られた生産エリア内で行う必要があります。元のワインの管理され保証された額面の«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»について、完成したワインのブドウの最大収穫量は65%を超えてはなりません。この収量が上記の割合を超えて70%を超えない場合、剰余金は管理および保証された出所«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»の名称を付与されません。このパーセンテージを超えると、製品全体の失効に対する管理され保証された原産地指定の権利が制限されます。

第6条
起源が管理され保証されているワイン「Colli Bolognesi Classico Pignoletto」は、消費用にリリースされる場合、次の特性を満たしている必要があります。

-色:緑がかった反射の可能性がある、多少濃い麦わら色。
-におい:繊細で特徴的。
-風味:細かく、調和のとれた、特徴的な;
-ボリュームごとの最小合計アルコール強度:12.00%vol ;;
-残留還元糖:最大6 g / lで、総アルコール度数13.00%volまで。さらに、0.10%volごとに0.2 g / lの残留還元糖が許容されます。 13.00%volの体積で総アルコール強度を超える総アルコールの;
-最小総酸性度:4.5 g / l;
-最小非還元エキス:16.0 g / l。

原産地呼称«Colli Bolognesi Classico Pignoletto»が管理され保証されているワインは、ブドウの製造年の翌年の4月1日以降にのみ、消費のためにリリースできます。総食品の酸性度および非還元性抽出物について上記に示した最低限度を独自の法令で修正するのは、原産地名称とワインの典型的な地理的表示を保護および強化するための農林水産省政策-全国委員会の学部です。

第7条
原産地名称が管理さ​​れ保証されているワイン「Colli Bolognesi Classico Pignoletto」の指定と表示では、追加の形容詞、末尾、選択、選択などを含め、この仕様で明示的に提供されている以外の資格の追加は禁止されています。名前、会社名、プライベートブランドに言及する表示の使用は、それらが称賛に値する意味を持たず、消費者を誤解させるようなものでない限り許可されます。ボトリングの農業活動を«winegrower»、«farm»、«estate»、«farm»、«farmhouse»およびその他の同様の用語として認定する傾向がある適応症は、施行されている法律に準拠して許可されています。規制され保証されたドリジネの名称が付いたワイン「Colli Bolognesi Classico Pignoletto」の指定では、現在の規制で規定されている条件の下で、「ブドウ園」という用語を使用できます。

第8条。
現在の法律で許可されている材料のぴったり合ったストッパーで閉じられた1.5リットル以下の容量のボルドータイプのガラスボトルで消費するために、管理され保証された起源「Colli Bolognesi Classico Pignoletto」の名称を解放する必要があります。
ブドウの生産年の表示は必須です。


ビデオ: キャンティクラシコイタリアの人気赤ワインの解説です (12月 2021).