情報

イタリアワインDOCG:Cerasuolo di Vittoria DOCG DOCGワインの製造に関する懲戒処分

イタリアワインDOCG:Cerasuolo di Vittoria DOCG DOCGワインの製造に関する懲戒処分


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

生産仕様-Cerasuolo di Vittoria DOCG

D. M. 2005年9月13日。 2005年9月26日の224

ワインの原産地の管理され保証された指定の認識
Cerasuolo di Vittoria DOCGおよびCerasuolo di Vittoria Classico DOCG

第1条
統制および保証された原産地の名称Cerasuolo di Vittoriaは、1973年5月29日の共和国大統領令(1991年11月6日に変更)により、統制原産地の名称としてすでに承認されており、Cerasuolo di Vittoria Classicoは、条件と要件を満たすワイン用に予約されています。
この仕様で規定されています。

第2条
アンペログラフィックプラットフォーム起源が管理され保証されているワインであるCerasuolo di VittoriaおよびCerasuolo di Vittoria Classicoは、単一または多品種栽培のブドウ園から入手する必要があります。
社内では、次のようなアンペログラフィーの比率があります。NerodAvolaの50%から70%およびFrappatoの30%から50%。

第3条
産地
原産地ワインの管理され保証された指定の生産に使用できるブドウの生産地域には、隣接する3つの州(ラグーザ、カルタニッセッタ、カタニア)に属する地域が含まれ、区切られた広い地域が含まれます以下のように:
a)ラグーザ州:この州では、生産地域には、ヴィットーリア、コミソ、アカテ、キアラモンテグルフィ、サンタクローチェカメリーナの地方自治体の全領土と、ラグーザの地方自治体の一部が含まれます。ラグーザの自治体の領土のこの部分は、S。Croce CamerinaとVittoriaの領土の境界の間、および海と州道Castello di Donnafugataの間にあり、Comiso-Ragusa線路の踏切まで、そしてそれに沿って続きますS. Croce Camerina-Comiso州道(約9,600 km)に合流するまで田舎道を横切る次の踏切まで(C. da Passolatoを区切る)同じであり、トンマシの家のための農場間道路とヴィットーリアの自治体で領土の限界に達する;
b)カルタニッセッタ州:この州では、生産地域に次の自治体の地域の一部が含まれています:ニシェミ、ゲラ、リージ、ブテーラ、マッツァリーノ。次のように区切られています:ニシェミの自治体:このように区切られた市区の一部:南から始まる-est、Caltagirone-Niscemi州道から、Valle Pileri-Ponte Galloコンソーシアム道路(Caltagironeから13 km)との交差点から始まり、Terrana渓谷(Catania州とCaltanissetta州の間の制限)からMonte Paoloまで、南西に行く; Case Iaconaに到着し、Mortelluzzo-Giardino del Ficoコンソーシアム道路に参加するまで、Caltagirone-Niscemi州道(正確にはNiscemiから15 kmにある)に到達し、前述の交差点に到達するまで、道を進むValle Pileri-Ponte Galloコンソーシアム。ジェラの自治体:地区«Rinazzi»、«Feudo Nobile»、«Spina Santa»、«Passo di Piazza»、«Priolo Sottano»、«Farello»、«Monacella»、«Piano Stella»、«Valleを含む領土の一部アンバー「、」、「Mignechi」、「Priolo Soprano」;次のように区切られます:ゲラニシェミ自治体の境界の高さでガズニシェミロイヤルトラツェラから北から始まり、州境のカルタニッセッタカタニアに達するまでこの境界に沿って東に移動します。ここから南下し、州との国境のカルタニセッタラグーザまで、そしてそれに沿って地中海へと続きます。次に、西に向かって海岸線を少し伸ばし、Mignechi道路に沿って北に向かい、Piana del Signore-Catarrosone地方道路まで進み、同じ方向に沿って、Spina Santa-Rizzuto地方道路と交差するまで西に向かって進みます。 ssとの交差点まで短い距離を進みますn。 115 Centrale Sicula、ここから北方向に、ローカル道路Piana del Signore- Spina Santaに沿って、直接Gela-Niscemiトラックのある接ぎ木まで、そしてPoggio-Chiancata農道に沿って、Gela-Sabuciローカル道路と交差し、南へ-西、Ponte Grande-Niscemi道路との交差点まで、そしてそこから北方向にMaroglio川に到達するまで。ゲラ川と合流するまで南西に向かって川のコースをたどります。ここから、ゲラ川のコースを北方向に上り、グロティチェリダムの出口まで行き、次に東に向かって、ダムから分岐した農場に沿って、グロティチェッリサブチ道路に合流し、それに沿って南東に、市の境界であるゲラニシェミへ北上する直接のトラゼラゲラニシェミとの交差点。リージの自治体:カステッラッツォ地区を構成する市の領土の一部、つまり区切られた:南にはリーズィ-マッツァリーノ-ピエトラペルツィアトラツェラ、北西には地元のアランパト-カステラッツォ道路、東には地方のリージー-ピエトラペルツィアが交差している。ブテーラとマッツァリーノの自治体:イウデカ、サンジャコモ、パンターノディブテーラ地区を含むそれぞれの地方自治体の地域。ファヴァーラとムラーラディマッツァリーノは単一のボディを構成し、したがって区切られます。s.s。の接木からIudeca地区から始まります。 190は王宮のトラツェラLicata Barrafrancaで、現在は車両で、北東方向にブテーラとマッツァリーノの市町村境界に至り、この境界に沿って東方向に地方道路パンターノ-ムララまで、そしてそれに沿ってs.s. km 2の近くにある190は、Favara-Abbeveratoio Mastra地方道路との交差点まで東に約200 m走り、後者に沿って南に、そして西に向かって、酒飲みの高さでSan Giacomo地方道路に合流するまで続きます。それは市町村国境のブテーラマッツァリーノの境界線に沿って進みます。ブテーラ-リージ通りに合流するまで地方道路プントゥロ-ファヴァーラまで西に進みます。 32と同じように、王宮のリツァータ-バラフランカとs.sを交差させることにより、区切りを閉じます。 190。
c)カターニア県:この州の生産地域には、カルタジローネ、リコディアエウベア、マッツァローネの自治体の領土の一部が含まれ、次のように区切られています:地方道路ポルトサルボモスチッタサンマウロの5 kmから北に始まり、サンマウロ遺跡の飲酒桶の近くで、リキリツィア渓谷(レベルカーブ473)をたどり、サンマウロディソット州道まで続きます。そこからカルタジローネニシェミ州道まで続きます。それは、Moschittaの近くのレベル曲線390まで後者のストレッチをたどり、Gela Caltagirone鉄道線に沿って、Piano Carbone地区の方向に沿って、Balatazze Saracena道路を横断します。
Villa Marottaの近くで、地元の道路マドンナデッラヴィアとの交差点を通過して、地元の道路サラセナ-コメンダまで続き、これから地方の道路コメンダ-ピアノサンパオロまで州道nまで続きます。 34カルタジローネヴィットーリア。前述の州道から。 34ヴィットーリアカルタジローネは、東に州道nの交差点まで続きます。 63カルタジローネ-グラニエリ-マザローネ-コーミゾと同じように、グラムミケーレからケースデブラシまでの道路の交差点まで、ケースフォルノの近くで北東にカットし、レベル381のカーブに触れると、リコディアユーベアのローカル道路48を進みます。 、CaltagironeとLicodia Eubeaの自治体間の境界線に沿って続き、レベル曲線394を切り、Licodia Eubeaへの道路に沿って、マンガリビティストリームの始まりまで続きます。東には、マンガリビティ川がリコディアエウベアへの道路の交差点まで(レベルカーブ348近く)流れ、南からカサカントニエラまで続きます。そこからキアラモンテグルフィへの道路に沿って進み、カターニアの州の境界まで行きます。ラグーザ;南には、前述のAcata川への制限に従い、橋に沿って同じように続きますが、川沿いに続きます。また、CaltagironeとAcateの市町村の境界を北に戻り、Quattro Finaiteに到達します州の境界線をまたぐ西側に続き、ピアノキアッツィナ道路沿いのボルゴヴェンティミリアは、ピアノステラ地区のカルタジローネとアカテの自治体の境界に沿って、ボーダレロ地区のフィクッツァストリームまで続きます。西と北に、それは前述の小川に沿ってヴァラーナテラナとのジャンクションに登り、カターニアとカルタニッセッタの州の境界でもある同じ道を進み、ガロ地区に到達するまで、コンソーシアムの道バジェピリエーリ-ポンテに沿って進みますカルタジローネとニシミの自治体の間のオンドリの国境、それは州道39カルタジローネニセミ(カルタジローネからKm 13にある)の合流点に達し、ヴァッレピリエリ農場の近くで東に切り、前述の州道に再び達するまで、 stradella Valle Pilieriは«Il Mandorlo»地区を横切り、Maroglio川に到達します。ここから州道サンマウロディソプラに至り、同名の飲用トラフの高さまで続きます。
チェラスオロディヴィットーリアクラシコが保証する原産地ワインの管理された宗派の生産地域は、1973年5月29日共和国大統領令を承認する最初の布告ですでに区切られた領域用に予約されており、以下の自治体の全自治体領域を含みます
ラグーザ県:ヴィットーリア、コミソ、アカテ、キアラモンテグルフィ、サンタクローチェカメリーナ、および領土の一部:カルタニッセッタ県の地区に限定:プリオロソプラノ:プリオロソプラノ(今日のゲラの自治体の土地登記所、シート163)テラナ(今日のカルタジローネの地籍、シート277、292、293、294、295、296)。カルタニセッタ県のジェラ、地区限定:リナッツィ(シート120、121、122、123)、ヴァッレアンブラ-C.ダフェウドノビレ(シート166、167、168、170、171、172、173、206) 、207、208、209、211、212、213、214、215、223、224、225、236、237、247)、スピナサンタ(シート157、159、199、200、231)、パッソディピアッツァ(シート203、219、220、221、229、230、231、241)、プリオロソッタナ(シート131、160、161、162、201、202、204)、ファレロ(シート196、197、198)、 Monacella(シート164、165、205)、Piano Stella(シート232、233、234、235、242、244、245)およびMignechi(シート239、240、243、250)。カターニア県のカルタジローネ、地区限定:サントピエトロ(シート281、282、283、284、285、289)、フィクッツァ(シート286、299、301、302、303)C.デマッツァローネ-ピアノキエーザ-ボッテッヘレ(今日の土地登記簿:地域法n。55/1976で設立されたマッツァローネの自治体、シート4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14のコードU4CJA)とグラニエリ(aiシート248、266、267);カターニア県のLicodia Eubea、地区に限定:Piano Sciri(シート6、7、11、12、14、15、16、20、28、30)およびSciri Sottana(今日のMazzarroneの自治体の土地登記所、コードU4CJB)シート1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11)。

第4条
ブドウ栽培のルール
制御され保証された原産地であるセラーゾロディヴィットーリアとセラースーロディヴィットーリアクラシコの名称が付けられたワインの生産に向けられたブドウ畑の環境と栽培条件は、ブドウとワインに特定の品質特性を与えるのに適している必要があります。
植栽のレイアウト、育種と剪定の形態は、ブドウとワインの特性を変えないために適したものでなければなりません。
この仕様の発効後に建設された既存のプラントの場合、樹木と海賊訓練システムのみが許可されます。
この仕様の承認後に植えられたブドウ畑の1ヘクタールあたりの最小つる数は4,000です。
ブドウ畑にはD.O.C.G.の権利があります。製造3年目からのみ。
強制的な行為は禁止されています。レスキュー灌漑は許可されています。 Cerasuolo di VittoriaとCerasuolo di Vittoria Classicoの起源が管理され保証されているワインの場合、専門の栽培では、ブドウの最大生産量が1ヘクタールあたり7トンを超えてはなりません。
有利なヴィンテージでは、管理され保証された原産地であるセラーオスロディヴィットーリアとセラーオスロディヴィットーリアクラシコの名称でワインの生産に向けて運ばれるブドウの量は、世界の生産量が制限の20%を超えない限り、上記の制限内で報告する必要があります。同じことで、問題の量に対するブドウ/ワインの収穫量の制限を損なうことはありません。
法令が定められたシチリア地域では、毎年自主的なコンソーシアムを聞いた後、収穫前に1ヘクタールあたりのブドウの使用の上限を、管理され保証された生産地であるセラーゾロディヴィットーリアとセラスーロディの名称でワインの生産に確立できます。ヴィットーリアクラシコは、この仕様によって確立されたものよりも低く、農林省の政策-ワインの原産地表示と典型的な地理的表示を保護するための全国委員会に即時の連絡を提供します。
ワイン醸造を目的とするブドウは、管理され保証された原産地であるチェラスオロディヴィットリアとチェラスオロディヴィットリアクラシコのワインを、12.50%vol。
毎年、適切な登記簿に登録されているブドウ園の指揮者は、ブドウの熟成の特徴を考慮し、また市場の進化に基づいて、収穫時にこれらのブドウのD.O.C.G.を主張することを選択する場合があります。 Cerasuolo di Vittoria ClassicoのプロデューサーのためのCerasuolo di Vittoria
または、D.O.C.G。のすべてのプロデューサーのために。 Cerasuolo di VittoriaとCerasuolo di Vittoria Classicoは、その下位仕様で制御された起源«Vittoria»の名称です。

第5条
ワイン醸造のルールワイン醸造、瓶詰め、熟成の操作は、芸術で区切られた生産地域の全地域で実施する必要があります。 3。
伝統的な生産状況を考慮して、これらの作業は、ラグーザ県の全領土と、カルタニッセッタ県のニシェミ、ゲラ、リージ、ブテーラ、マッツァリーノの自治体の行政区域全体で実施することが許可されています。カターニア県のカルタジローネ、リコディアユーベア、マッツァローネ。
ワインのブドウの最大収穫量は65%を超えてはならず、管理され保証された原産地であるセラスオロディヴィットリアとセラスオロディヴィットリアクラシコのワインのヘクタールあたり52 hlに相当します。
利回りがこの制限を超えているが70%を超えていない場合、剰余金は管理および保証された出所の額面を受け取る権利がありません。
ブドウワインの70%以上が、製品全体の管理され保証された原産地名の権利をもたらします。
Cerasuolo di Vittoriaが管理および保証する原産地ワインの指定は、ボトルでの熟成期間が少なくとも3か月間である場合にのみ、リリース後、収穫後の年の6月1日までにリリースする必要があります。原産地名称が管理さ​​れたCerasuolo di Vittoria Classicoワインの場合、ボトルの精製期間は8か月以上である必要があり、消費のための放出は収穫後2年目の3月31日までに行うことはできません。
ワイン醸造では、地元の公正で一定した醸造技術のみが許可されています。ワインに独特の特徴を与えるのに適しています。

第6条
消費者の特性規制され保証された起源«Cerasuolo di Vittoria»の名称を持つワインは、消費のためにリリースされると、次の特性を満たす必要があります。
チェラスオロディヴィットーリア:
色:チェリーレッドから紫がかった色まで。
におい:フローラルからフルーティーまで。
フレーバー:ドライ、フル、ソフト、調和。
体積による最小総アルコール強度13%vol;
最小総酸性度5 g / l;
最小非還元エキス:27 g / l。
Cerasuolo di Vittoria Classico:
色:ガーネット傾向のあるチェリーレッド。
匂い:チェリー。熟成ワインでは、乾燥した梅、チョコレート、革、タバコの官能的な特徴を示す傾向があります。
フレーバー:ドライ、フル、ソフト、調和。
ボリュームごとの最小合計アルコール強度:13%ボリューム;
最小総酸性度:5 g / l;
最小非還元エキス:27 g / l。

第7条
表示、指定、表示Cerasuoloが管理および保証する原産地指定
di VittoriaおよびCerasuolo di Vittoria Classicoでは、形容詞や属性「その他」、「細かい」、「選択された」、「選択された」などを含む、この仕様で提供されている以外の資格を追加することは禁止されています。
行政単位、集落、地区、地域、農場、地域に加えて、地理的および地理的表示を参照する、地理的およびトポロジー的な追加表示の使用。これにより、適格なワインの入手元であるブドウが許可されます。原産地のCerasuolo di VittoriaおよびCerasuolo di Vittoria Classicoの管理され保証された名称のワインの指定では、「ブドウ園」という用語を使用できます。ただし、それに対応するトポニーがあり、相対表面がブドウ園のリストで明確に指定されている場合、ワインの処理と保管は別々の容器で行われ、この言及に続いてトポニムが、ブドウの非難、記録、および添付文書の両方で報告されています。

第8条。
ヴィンテージ、コンテナ
統制され保証された原産地であるCerasuolo di VittoriaとCerasuolo di Vittoria Classicoの名称が付いたワインの場合、適格なワインが得られたブドウの製造年を示す必要があります。
起源が管理され保証されているワインセラーであるCerasuolo di VittoriaとCerasuolo di Vittoria Classicoは、最大5リットルの従来のガラス容器でのみ消費できるようにリリースする必要があります。


ビデオ: 語呂ワインソムリエワインエキスパート試験対策講座. (かもしれません 2022).