情報

DOCGイタリアワイン:バローロDOCGワイン生産規制

DOCGイタリアワイン:バローロDOCGワイン生産規制

生産規制-バローロDOCG

大統領令1980年7月1日。

ワインの原産地の管理され保証された指定の認識
バローロ

第1条
バローロが管理し保証する原産地呼称は、バローロ赤ワインのために予約されています。 1966年4月23日。この生産仕様で確立された条件と要件を満たします。

第2条
バローロは、次の技術で説明されている原産地の地域で生産されたミシェ、ランピア、ロゼのサブ品種のネビオーロ品種のブドウからのみ入手する必要があります。 3。

第3条
すでにD.M.で区切られた地域を含む、バローロの生産に適したブドウの産地。 1933年8月31日、1933年10月12日のオフィシャルジャーナルに掲載、n。 238、および条件が芸術の第2項で言及した条件と同様。大統領令1 1963年7月12日、いいえ。 930には、バローロ、カスティリオーネファレット、セッラルンガダルバの自治体の領土全体が含まれ、モンフォルテダルバ、ノヴェッロ、ラモッラ、ヴェルドゥーノ、グリンツァーネカヴール、ディアノダルバ、ケラスコ、ロッディの各自治体の領土が含まれています。
この領域は次のように区切られます:(省略)。

第4条
生産が予定されているブドウ畑の環境と栽培条件
デルバローロは地域の伝統的なものでなければならず、いずれにしても
ブドウと派生ワインに特定の品質特性を与えるように設計されたもの。
したがって、適切な位置と向きを持ち、土壌が主に粘土質石灰岩である丘陵のブドウ園のみが、適切であると見なされるべきです。
植栽レイアウト、トレーニングシステム、および剪定システムは、一般的に使用されているものでなければならず、いずれの場合でも、ブドウとワインの固有の特性を変更しないのに適しています。強制のいかなる慣行も、特に環状の切開は除外されます。
特殊作物の1ヘクタールあたりの最大生産量は80ブドウを超えてはなりません。
この制限まで、例外的に有利な年であっても、生産は上記の最大制限を20%超えない限り、ブドウを正確に選択して行う必要があります。
ワインのブドウの最大収穫量は、最初のラッキングで70%を超えてはならず、必須の熟成期間後に65%を超えてはなりません。

第5条
従来技術で提供された最大収量の範囲内。 4有能な地域団体は、専門組織や関係団体や機関の意見を聞いて、毎年9月20日までに、ブドウの平均単一生産と収穫開始日を指示として確定します。
指標となるものよりも高い収穫量を期待する関心のあるドライバーは、収穫の開始日の少なくとも5日前までに、迅速かついかなる場合でも、この日付を示すために、より高い収穫量の推定値を、書面による本文に通知する必要があります。領土を担当するピエモンテ州。
ブドウのレポートが実際のブドウ畑の生産に準拠していることを確認するために、季節の傾向とその他の栽培環境(植栽、栽培システムなど)を考慮して、平均指示収量を固定する必要があります。

第6条
醸造と必須の熟成操作は、芸術で区切られたエリアで実行する必要があります。 3。
農業森林省は、ワインの原産地の指定の保護に関する国内委員会の意見を聞いた後、前述のワイン製造および必須の熟成作業を、クネオ県の地域に工場を置く会社が実施することを許可することもできます。 、アスティ、アレッサンドリアはアートに含まれています。大統領令に添付された仕様書の4つ1966年4月23日、商工会議所の証明により、彼らがすでにこれらの作戦を実行したことを示しています。

第7条
必要に応じて事前に選別された、ワイン醸造用のブドウは、ワインの最低総天然アルコール度数が12.50度であることを保証する必要があります。
ワイン醸造では、ワインに独特の特性を与えることができる忠実で一定した醸造法のみが許可されています。ワインの保存と熟成は、伝統的な方法に従って行われなければなりません。
ワインは少なくとも3年間の熟成期間を経て、その期間の少なくとも2年間オークまたはクリの樽で保管する必要があります。
熟成期間は、ブドウの生産年の翌年の1月1日から始まります。
改善の目的で、若いバローロを同一の古いバローロに追加すること、またはその逆は、最大15%まで許可されています。
ラベルには、主に競合するワインに関連する1000分の1を含める必要があります。
必須の熟成期間が完了すると、バローロが管理し、保証された原産地のワインの指定は、アートのポイント4で提供される試飲テストを受ける必要があります。大統領令5 930。
この試飲テストは、特別委員会、通常は委員会自体が所在するアルバのブドウ栽培とレノロジーに特化した州の農業技術研究所で、意見を聞いた後、農林省が具体的に発行した規則に従って実施する必要があります。ワインの起源の宗派と関係団体の保護のための全国委員会の。

第8条。
バローロは、消費のために解放されるとき、次の特性を満たさなければなりません:
色:ガーネットレッド、オレンジ色の反射。におい:特徴的で、優雅で、心地よく、強い香水。フレーバー:ドライ、フル、ロバスト、厳格だがビロードのような、調和のとれた。
最小アルコール含有量の合計:13度。最小合計酸度:1000あたり5;最小純乾燥抽出物:gr。 23リットル。
農林大臣は、独自の命令により、上記の総酸性度と正味乾燥抽出物の最低限度を変更する権利を有します。

第9条。
5年以上の熟成期間を経たバローロは、追加の仕様として長期留保を運ぶことができます。
バローロが販売のためにパッケージ化されるボトルは、アルベイサの形状または古代の使用または伝統に対応し、現在の法律で許可されている容量である必要がありますが、いずれの場合も350 cc以上のダークガラスで、コルクストッパーで閉じています。
消費者を誤解させる可能性のある、またはいかなる場合でもワインの名声を害するようなボトルの包装および人工的な提示は禁止されています。

第10条。
バローロチナートという名称は、バローロワインをベースにして作られたフレーバーワインで、この宗派の権利を持たないブドウ酒やワインを追加することなく、また、法律により、中国の宗派での参照を許可するなどのアロマを使用できます。

第11条
バローロの宗派と共に、形容詞を含む、この仕様で提供されているもの以外の追加の資格を使用することは禁止されています:余分、罰金、選択、選択、および類似。
ただし、称賛に値する意味がなく、購入者を誤解させるのに適さない名前、会社名、プライベートブランド、コンソーシアムを参照する表示の使用は許可されています。
地方自治体、集落、農場、地所、地所、農家などに言及する地理的および地形的表示、ならびに地理的下位仕様、bricco、海岸、ブドウ園、および地域、場所で構成されるローカル使用の他の同義語の使用も許可されています。従来の技術で定義されたエリアに含まれるマップ。 3そして、実際には、適格なワインが得られたブドウから。
独自のブドウを使用するか、地理的またはトポロジー的な表示と、ブドウとその原産地のワインの購入者に地理的な下位仕様の使用を許可したい関心のある運転手は、原産地を個別に示すブドウの年次報告書の特定の要求に飢えている必要があります。法律で義務付けられている書類にも同じ表示を貼付する必要があります。
クーネオ商工会議所は、バローロ登記簿内に、地理的下位仕様で示されたブドウ畑の特定の土地登記簿を確立し、相対的な特定の表示を含むブドウの領収書を毎年発行しなければなりません。

第12条
バローロが入っているボトルやその他の容器には、ブドウの生産年を真実または文書で示す必要があります。
バローロが管理し保証する原産地表示は常に強調表示する必要がありますが、高さと幅がボトルのメインラベルに表示される他の表示の最大値の2/5以上の文字で表示する必要があります。

第13条
この生産仕様によって確立された条件と要件を満たさない、管理され保証された原産地バローロワインの名称で消費のために生産、販売、提供、または配布する人は、芸術の祖母によって罰せられます。大統領令28 930。


ビデオ: Sommelier For Free ワイン講座 第19回オーストラリアニュージーランド (12月 2021).