情報

DOCGイタリアワイン:Asti SpumanteおよびMoscato d'Asti DOCGの生産規制

DOCGイタリアワイン:Asti SpumanteおよびMoscato d'Asti DOCGの生産規制

生産規制-Asti Spumante DOCG-Moscato dAsti DOCG

D. M. 1993年11月29日-1993年12月7日のOJ 287。 1995年8月14日-1995年9月29日のOJ 228

の懲戒処分
起源「ASTI」の管理され保証された指定

第1条
(名前の認識)
1.管理され保証された起源の名称「ASTI」は、この生産仕様によって確立された条件と要件に対応するワインのために予約されています。
a)「Asti」という名前は、他に何も表示されていないか、
スパークリングワインの仕様(「Asti」または「Asti spumante」)は、神のスパークリングワインタイプ用に予約されています。
b)「アスティ」という名称は、強制的にモスカート(「モスカートダスティ」)の仕様が前に付くものであり、非発泡性の白ワイン用に予約されています。

第2条
(許可されたブドウ)
前のポイントで言及された名称で指定されたワインは、Moscato Biancoブドウのみで構成されたブドウ畑からのブドウから取得する必要があります。

第3条
(ブドウコレクションエリア)
原産地「アスティ」の管理され保証された額面を持つワインの生産地域は、次のように定義されます。
-アレッサンドリア県:
アックイテルメ、アリスベルコッレ、ビスタニョ、カッシーネ、グロナルド、リカルドン、ストレビ、テルゾ、ヴィゾーネの自治体の全領土。
-アスティ県:
ブッビオ、カラマンドラナ、カロッソ、カネッリ、カッシナスコ、カスタニョーレランツェ、カステルボリオネ、カステレットモリナ、カステルヌオーヴォベルボ、カステルロッチェロ、セスーレ、コアッゾロ、コスティリオーレダアスティ、フォンタニーレ、インシーザモロッサンバマルカッツァカッパルッツァーノ、カッパッツァーノ、Montabone、Nizza Monferrato、Quaranti、San MarzanoOliveto、Moasca、Sessame、Vesime、Rocchetta Palafea、San Giorgio Scarampi;
-クネオ県:
カモ、カスティリオーネティネッラ、コサーノベルボ、マンゴー、ネイヴェ、ネヴィグリエ、ロッケッタベルボ、セッラルンガダルバ、S。ステファノベルボ、S。ヴィットーリアダルバ、トレイソ、トレッツォティネッラ、カスティーノ、ペルレット、コモの集落の自治体の全領土アルバの自治体のロッコSenodelvio。

第4条
(栽培と返品)
1.ワインの生産を目的とするブドウ畑の環境および栽培条件は、アートに基づいて管理および保証された原産地名称を使用しています。 2は地域の伝統的なものでなければならず、いずれの場合でもブドウ、果汁、ワインの派生品に特定の品質特性を与えるのに適しています。
2.したがって、これらは、当技術分野で言及されている登録簿への登録に適していると見なされます。法律の10。 1992年164年、日当たりの良い丘陵の丘にあるブドウ園のみ。できれば石灰岩、または石灰岩-粘土質地を除く。ただし、谷底に植えられたブドウ畑や、平坦、光、湿気があるブドウ畑は例外です。
3.植栽レイアウト、トレーニングシステム(espalier)および剪定システム(short、long、mixed)は、一般的に使用されているものでなければならず、どの場合でも、ブドウ、果肉、ワインの特性を変更しないのに適しています。
4.強制的な行為は禁止されています。
5.芸術で言及されている管理され保証された原産地呼称のワインを生産するための専門作物の1ヘクタールあたりのブドウの最大収穫量。 1つは100キンタルを超えてはならず、最大で75ヘクトリットルのペレッタロワインに相当します。
6.この制限では、例外的に有利な年であっても、ブドウ園全体が制限を20%超えない限り、ブドウの正確な選択を通じて生産量を報告する必要があります。
7.新しく登録または再植えられたブドウ畑は、1ヘクタールあたりの植物の数で構成され、植物の6番目に計算され、4,000以上である必要があります。
8.ピエモンテ州は独自の法令を定めており、収穫前に、芸術で言及されている管理され保証された原産地指定のあるワインを生産する場合の、1ヘクタールあたりのブドウの最大生産制限は年ごとに変わる可能性があります。 1法律第164/1992号に基づいて、この仕様で定められた下限よりも低い下限を設定することにより、いかなる場合でも、農林水産政策調整部、ワインの起源の名称の保護と強化のための全国委員会に直ちに通知し、領土の有能な商工会議所に。
9.ブドウは、事前の選別によっても、「アスティスプマンテ」ワインでは9%、「モスカトダスティ」では10%の最小天然アルコール強度を確保する必要があります。
10.ただし、気候条件が好ましくないヴィンテージでは、9.5%の体積で自然なアルコール度数のMoscato dAstiワインを保証するブドウも適していると見なされます。
ピエモンテ州は、芸術で区切られた地域の存在を確認するために委任されています。 3、好ましくない気候年の条件のうち、そのように考えられた各ヴィンテージの9月15日までに、前の段落の規定を承認する。
12.ピエモンテ州はまた、自発的な自衛隊または法律n.164 / 1992の第19条と第20条で言及されている専門家間協議会の要請により、収穫前に酸性度レベルを確立することができる。ブドウの最小限のプロファイルと芳香成分。

第5条
(製造と瓶詰めに関する規制とその他の規制)
1.芸術に基づいて管理され保証された原産地のワインを生産するためのブドウのマッシュ操作。 1は、アレッサンドリア、アスティ、クネオの州の領土内で実行する必要があります。
2.特に以下を含む、忠実で一定した地元の慣行のみがワイン製造で許可されています。必要な場合のブドウの選別、房の通常の圧搾、いわゆるブランケットのタンクでの形成、通常の用量での凝固剤と清澄剤の追加いずれの場合も、法律で定められた制限内で、必然的にデカントした後、同じものをろ過または遠心分離し、さらに冷蔵し、実際のアルコールと残留糖分の適切な比率を採用するように設計された発酵の後、ワイン「アスティスプマンテ」の泡立ちの瞬間まで「モスカ・ダスティ」のボトリング時。
3.アートに基づいて、管理され保証された原産地表示が指定されたワインを生産するための、ワインのブドウの最大収量。 1は75%を超えてはなりません。
4.余剰分は、管理された原産地名を使用できません。
5.制御され保証された原産地「Moscato dAsti」の指定が保証されたワインの生産に向けられたマストまたはワインの容量による最小天然アルコール強度の増加は、ピエモンテで生産された濃縮白マスカットブドウのマスト、または濃縮濃縮マストを追加することによってのみ取得する必要があります。
6.オートクレーブ内またはボトル内で自然発酵の方法で実行される、管理され保証された原産地名「アスティスプマンテ」の製造のためのスパークリングプロセスに向けられたバッチは、この仕様のとおり、アベンティルマストの特性から取得する必要があります。
7.熟成期間を含む第2発酵の製造プロセスは、1か月以上続くことはできません。
D.O.C.gの処理、2番目の発酵および安定化操作、ならびに瓶詰めおよび包装操作「Moscatod’Asti」と「Asti spumante」は、アレッサンドリア、アスティ、クネオの各州の領土と、トリノ県のキエーリ自治体のペッション地区で作成する必要があります。
9.そして、農業、食糧および森林政策の調整のための大臣の学部において、前述の準備作業がミラノ県の領土またはトリノの領土の残りの領土に位置する施設で実施されることを可能にするために、これらの工場で会社DPRが発効する前の少なくとも10年間、懸念されていた1963年7月12日、n.930、「AstiSpumante」および「Moscato d’Asti」。
10. D.O.C.G.までのワインは禁止されています。アートで呼ばれます。 1部分的または全体的な人工ガス化、およびそれらの保全のために、これらの慣行が現在のEUおよび国の規制で一般に許可されている場合でも、抗発酵物質の追加は禁止されています。
11.年次生産報告時に原産地管理が保証された「MoscatodAsti」が指定された保証付きワインは、収穫後、管理され保証された原産地「Asti spumante」の詳細を作成するため、収穫後6月30日までに運航することが許可されています、それがこの仕様によって提供される特性に対応する場合。逆の操作は禁止されています。
12.関係する貿易機関と協議した後、ピエモンテ州は、ブドウの重量を含む適切な方法論を用いて、ブドウ畑を含むブドウの自慢に適したマストとバルクまたはボトルワインの量的および質的チェックを確立できます。アートに基づいて、管理され保証された原産地の指定。 1。

第6条
(消費者ワインの特性)
1.消費のためにリリースされた場合、原産地名「Moscato dAsti」が管理され保証されているワインは、次の特性を満たしている必要があります。
•明快さ:明るい。
•色:多少濃い麦わら色。
•におい:特徴的で香りがよい。
•フレーバー:甘く、芳香があり、特徴的で、時々活気があったり、きらめく。
•容積による最小総アルコール強度:11%は4.5%から6.5%の範囲内で実行されます。
•最小合計酸度:1000あたり5;
•最小の正味乾燥抽出物:1000あたり15;
•1.7バールまでの圧力とCO2。
2.当時の起源と呼称が保証されたワイン「アスティスプマンテ」
消費のためのリリースの場合、次の特性を満たす必要があります。
•泡:細かく、持続性があります。
•明快さ:明るい。
•色:ストローから非常に薄い金色まで。
•におい:特徴的で、マークされ、繊細。
•風味:芳香があり、特徴的で、繊細で甘い、バランスが取れている。
•ボリュームごとの最小合計アルコール強度:12%は7%の制限内で実行されます
9.5%;
•最小合計酸度:1000あたり5;
•正味乾燥エキスの最小量:1000あたり17。
また、農林水産省の学部では、自主保護協会または法律第164/92条の第19条および第20条に言及されている専門家協議会からの特別な要求に応じて、これが外国の商人のニーズによって要求される場合、前の段落で参照されているパラメータのわずかな変動。

第7条
(ラベル)
1.原産地が「Asti」または「Asti spumante」および「Moscato d'Asti」の管理された名称のワインの指定および表示では、トップ、リザーブ、エクストラなど、この仕様で提供されている以外の資格を追加することは禁止されています、細かい、選択された、大規模で類似しています。
2.管理され保証された原産地「Astispumante」または「Asti」の名称では、芸術で言及されている生産地域に含まれる自治体、集落、地域、小地域およびブドウ園を示す地理的表示を使用することも禁止されています。 3。
3. 1992年4月22日の省令で規定された条件のもとでブドウ​​が完全に対応する地理的またはトポノミックな地域に由来する場合、前出の段落で言及されている地理的表示の使用は、制御および保証された起源の「Moscatod’Asti」で許可されています。
4. D.O.C.ワインの指定においても許可されます「Asti」または「Asti spumante」および「Moscato d’Asti」は、称賛に値する意味がなく、購入者を誤解させるのに適さない名前、会社名、プライベートブランドを指す表示の使用。
5.「winegrower」、「estate」、「farm」、「farm」、「farmhouse」などのボトラーの農業活動を特定する傾向のある表示は、この問題に関するEECおよび国の規定に準拠して許可されています。
6.ブドウの製造年の表示は、それが真実で文書化可能である場合に許可されます。

第8条。
(試験とボトル)
1.アートに準拠。法律第164/92号の13条で、ワインは芸術で言及されています。 1原産地呼称指定および保証指定の使用については、管轄の商工会議所で関係者の要求に応じて実施される化学的-物理的および官能検査に合格する必要があります。
2.化学物理的および官能検査のために、商工会議所は、この目的のために承認された必要な機器を備えた保護のために、他の機関、団体、および自主的なコンソーシアムの構造を利用できます。
3.原産地指定が「Moscato d’Asti」および「Asti spumante」であるワインは、以下の特性が指定され、芸術によって予告された状態マークが付けられたボトルで消費するためにリリースする必要があります。ラベルNo. 164/1992の23。ラベル自体を非アクティブ化せずに内容が抽出されるのを防ぐ方法で適用されます。
4.管理および保証された起源「Moscato dAsti」の名称が付いたワインは、国および地域の規制で予測される種類に対応するボトルで消費用にリリースし、「Moscato dAsti」と消えないようにマークされたコルク栓で閉じる必要があります。このタイプの場合、キノコキャップとケージの使用は禁止されています。
5.スパークリングワインの特徴的な衣服に包装された、管理され保証された原産地名が「Asti Spumante」であるワインは、次の容量のボトルで消費するためにリリースする必要があります。 ml 200; ml 375; 750 ml; litri1,5;リットル3; 4.5リットル。
6.さらに、関係会社の要請に応じて、宣伝目的で、6リットル容量の使用を許可することができます。これには、農林水産政策調整局からの特別な許可が必要です。
7.前の段落で言及したボトルは、ボトルの外側に残っている部分に「Asti Spumante」または「Asti」と消えないようにマークされたコルクストッパーで閉じる必要があります。公称含有量がclを超えないボトル用。 20個の他の適切な閉鎖装置が許可されます。

第9条。
(罰則)
1.管理および保証された原産地「Asti spumante」または「Asti」および「Moscato d'Asti」のマスト、マスト-条件を満たさないワインおよびワインを生産、販売、販売またはその他の方法で消費者に配布する人そして、出所を証明する関連する会計および管理要件を含む、この生産仕様によって確立された要件は、法律n°164/1992の記事28、29、30および31に従って罰せられます。


ビデオ: 前編フランチャコルタFranciacorta. バローネピッツィーニBarone Pizziniイタリアワイン飲み比べ (10月 2021).