情報

DOCGイタリアワイン:Aglianico del Taburno DOCG生産仕様

DOCGイタリアワイン:Aglianico del Taburno DOCG生産仕様



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

生産規制-Aglianico del Taburno DOCG

ワインの原産地の管理され保証された指定の認識
アグリアーニコデルタブルノDOCG

DOCはDPR 29.10.1986で承認
DOCGはDM 30.09.2011 G.U.で承認236-10.10.2011(S.O.n.217)
DM 30.11.2011で変更Mipaaf-品質および安全セクションのPDOおよびPGIワインの公式ウェブサイトで公開

第1条
宗派とワイン
管理された保証付きの起源の名称「Aglianico del Taburno」は、1986年10月29日のDPRですでに管理された起源の名称として認識され、1993年8月2日にDM 2に置き換えられ、この生産仕様で規定されている条件と要件を満たすワインのために予約されています。タイプ:
1.赤
2.レッドリザーブまたはリザーブ
3.ロゼ

第2条
アンペログラフィックベース
管理され保証された起源「Aglianico del Taburno」の名称が付いたワインは、社内に次の皮の組成を持つブドウ園からのブドウから取得する必要があります。
アグリアニコデルタブルノ赤、ロゼ、赤の予備または予備:アグリアニコ、最低85%;残りの部分については、他の非芳香族の黒ブドウの品種が貢献することができ、最大15%までのベネヴェント州での栽培に適しています。

第3条
ぶどう狩り場
アグリアーニコデルタブルノの生産を目的としたブドウは、アポロサ、ボネア、カンポリデルモンテタブルノ、カステルポト、フォリアーゼ、モンテサルキオ、パウピシの自治体の行政区域を含む生産地で収穫されなければなりません。トレベッソとポンテ、そして一部はベネヴェント、カウターノ、ヴィトゥラーノ、トッコカウディオの自治体の領土で、すべてベネヴェント州にあります。
このエリアは次のように区切られています。
ApollosaとBeneventoの自治体の間の境界から始まり、特にviaAppiaのkm 256で、国道はありません。 7、境界線はカロレ川を横断するまで、北に向かって急流Serretelleに従います。ベネヴェント-カゼルタ鉄道線に出会うまで約2キロこの国境をたどり、東にs.s.を横切るまで続きます。 n。標高248度でトレクーゾの自治体の境界まで続く2つの公国のうちの88。それは同じ高速道路nの80 kmまでこの東にまだこの閉じ込めに従っています。 88と市の境界に沿って西に、ほとんどの場合はルートに沿って、ポンテの自治体の境界に達するまで続きます。パウピシのこの市境は、標高720でトレクーゾの国境に達するまで続きます。
モンテSに到達するまで、トレクーゾの市境を少し伸ばしてください。
Foglianiseの自治体のミケーレ。同じ国境に沿って到着すると、S。Mennaの急流に到着し、標高582のマドンナデッリアンジェリの場所まで同じように上り、ヴィトゥラーノの自治体に隣接する3キロにわたって行きます。サンジュゼッペでは、カサレフシェディソット、カザレレジ、カザレタンマリを結ぶ道路に沿って区切りが続き、フォンタナレアーレの高さに向かって曲がり、カウタノの自治体の境界を越えるまで、パリロの急流をたどります。さらに南に行くと、境界線は標高291で州道ヴィトゥラネーゼの第1幹線を横切り、Iencaストリームに入り、さらに標高282で市道Luciarcoを横切ります。この道路は約10キロにわたって続きます標高423の州道ヴィトゥラネーゼの高さで、カンポリデルモンテタブルノの自治体の境界を横切るまで。この時点で、制限線は標高502までカンポリデルモンテタブルノの境界に沿って続き、トッコの市町村のチェシーネ市道に合流します。カウディオは、同じ自治体のフリウニ州道を横切るまで一気に覆われています。州道フリウニに従って、Castagnola torrentに入るまで南に下り、続けて、Casino-Friuni市道を標高559 mで横断します。この地点から下ると、常にCampoli del Monte Taburnoの市境に沿って、スペラータの町の近くのモンテサルキオの市境を越えるようになります。モンテサルキオの市境に続いて、ソルゲンテリヴッロの地域でボネアの境界を越えます。この点から、境界線はボネアの地方自治体の国境をたどり、s.s。付近の標高269でモンテサルキオの境界線を再び横切るまで続きます。 7.モンテサルキオの市境を通り、トゥファラヴァッレのアポロサ地区に出会い、出発点を越えるまで続きます。
この区切りには、Tocco Caudioの自治体に属し、次のように区切られた、同じ独立した小さな領域を追加する必要があります。
トッコカウディオの墓地から始まり、北に進むと、カウターノとトッコカウディオの自治体を区切る東に国境を走り、サラ地区に到着します。市道マイオーネに到着し、タッシ急流に続きます。この小川は、標高752のS. Cosimo教会に送られます。境界は、Iencaの小川を横切るまで西向きに続き、そこから墓地へと続きます。

第4条
ブドウ栽培のルール
4.1自然環境条件
DOCG「アグリアニコデルタブルノ」ワインの生産が予定されているブドウ畑の環境と栽培条件は、この地域の伝統的なものである必要があり、いずれの場合も、特定の品質特性を持つブドウとワインに適しています。
したがって、丘陵地帯と丘陵地帯に植えられたブドウ園のみが適切と見なされます。ボトムバレーのブドウ畑と湿った土壌に植えられたブドウ畑は除外されます。
4.2植栽密度、植栽密度およびトレーニングシステム
植栽レイアウト、トレーニングシステム、および剪定システムは、一般的に使用されているものでなければならず、どの場合でも、ブドウとワインの固有の特性を変更しないのに適しています。日よけの飼育は除きます。
新しい植物や植え替えの場合、トレーニングシステムは先駆者でなければならず、1ヘクタールあたりの特殊栽培の密度は3,000未満にはできません。
強制的な行為は禁止されています。ただし、緊急の灌漑は許可されています。
4.3ヘクタールあたりの収量と天然アルコールの最小含有量
特殊作物の1ヘクタールあたりのブドウの最大生産量と最小自然量は次のとおりです。
タイプ
-赤製品最大t / ha 9-アルコール度数。巻。 nat。最小11.5;
-ロゼ最低生産量11.5;
-赤の予備または予備の最小生産12。
新しい植物の収量は3年目の成長年で80%に減少します。5年目以前にも、赤の予備タイプを生産することはできません。
前の段落で確立された最大収量を損なうことなく、混合栽培の1ヘクタールあたりの収量は、ブドウの木で覆われている実際の面積に関連して、特殊なものと比較して計算する必要があります。
これらの限界まで、例外的に有利な年であっても、全体の生産量が限界を20%超えない限り、ブドウの収量を報告する必要があります。
カンパニア州は、保護コンソーシアムの提案により、不利な年が必要になった場合に、この仕様で規定されているよりも低い収量を固定します。これも、芸術で言及されている生産地域内で区別されます。 3.この記事で設定された最大収量の範囲内で、カンパニア州は、組織団体の意見を聞いた後、保護コンソーシアムの提案に基づいて、1ヘクタールあたりに主張できるブドウの最大制限を、それを統制機関に伝達することにより、より良い市場バランスを達成します。この場合、前項の規定は適用されません。

第5条
ワイン造りと精巧なルール
5.1-ワイン製造エリア
必須のワイン製造、熟成、精製、瓶詰め作業は、たとえブドウ生産地域に部分的にしか含まれていない場合でも、上記の第3条で言及されている自治体の行政区域内で実行する必要があります。
EC Reg。Nの第8条に準拠607/2009、品質または評判を保護するため、または出所を保証するため、または管理の有効性を保証するために、ボトリングまたはパッケージングは​​前述の定義された地理的領域で行われる必要があります。
5.2ブドウ/ワインの収量
ワインのブドウの最大収量は次のとおりでなければなりません。
タイプブドウ/ワインの収量
赤70
ピンク65
赤い予備または予備70
5.3エンリッチメント
濃縮は、EUおよび国内規則によって確立された制限内で許可されます。
5.4処理とエージングの方法
ワイン醸造では、ワインに独特の品質特性を与えることを目的として、地元の公正で一定したワイン醸造法のみが許可されています。
原産地の指定が管理および保証されているアグリアーニコデルタブルノワイン、ロゼは、収穫の翌年の3月1日より前に消費することはできません。
アグリアニコデルタブルノレッドと保証された原産地のワインは、ブドウ生産の年の11月1日から、少なくとも2年間の必須の熟成期間を経る必要があります。
Aglianico del Taburno Rosso Riserva oriservaが管理および保証する原産地のワインの指定には、少なくとも3年間の必須の熟成期間、少なくとも11か月から木製樽で12か月、6か月のボトルが必要です。ブドウの生産年。

第6条
消費者の特徴
6.1 Aglianico del Taburnoを使用して、当時の原産地指定が管理および保証されているワイン
消費のためのリリースは、次の特性を満たしている必要があります。

赤いタブルノアグリアニコまたはタブルノアグリアニコ:
色:多少強烈なルビー色、経年とともにガーネットになる傾向があります。
におい:特徴的、持続性。
フレーバー:ドライでフルボディ。
容量による最小合計アルコール度数:12.00%vol;
最小総酸性度:5.0 g / l;
最小非還元エキス:24.0 g / l。

ロゼタブルノアグリアニコ:
色:多少濃いピンク。
におい:繊細でフレッシュ、フルーティー。
フレーバー:ドライで調和のとれた、フレッシュで上質。
容量による最小合計アルコール度数:12.00%vol;
最小総酸性度:5.0 g / l;
最小非還元エキス:19.0 g / l。

アグリアニコデルタブルノ赤保護区またはアグリアニコデルタブルノ保護区:
色:濃いガーネットレッド。
におい:特徴的、持続性。
フレーバー:ドライで調和の取れたフルボディ。
容量による最小合計アルコール強度:13.00%vol。
最小総酸性度:5.0 g / l;
最小非還元エキス:26.0 g / l。
木製コンテナでの保管の可能性に関連して、ワインの風味はわずかな木の感覚を明らかにすることができます。総酸度と最小の非還元性抽出物に異なる最小値を設定するのは、独自の法令を定めた農林水産省の学部です。
6.2総酸度と最小の非還元性抽出物に異なる最小値を設定するのは、独自の法令を定めた農林水産政策省の学部です。

第7条
指定と表示
7.1 Aglianico del Taburnoワインの指定と表示では、仕様:赤、ロゼ、リザーブ、またはリザーブレッドはラベルに表示され、原産地「Aglianico del Taburno」の名称に使用される文字以下のサイズの文字で書かれなければなりません。赤と赤のリザーブまたはリザーブの場合、カラー表示は省略される場合があります。
7.2「Aglianico del Taburno」という管理され保証された原産地名とともに、「上位」、「追加」、「細かい」、「選択された」などの形容詞を含む、この製造仕様で提供されているもの以外の追加の資格を使用することは禁止されています。
7.3称賛に値しない、消費者を誤解させるのに適さない名前、会社名、プライベートブランドを指す表示の使用は許可されます。
7.4ワイン生産者、農場、地所、農場、農家などのボトラーの農業活動を特定する傾向がある表示は、この問題に関するEUおよび国の規定に準拠して許可されています。
7.5「ブドウ園」という用語のラベルに続いて対応する頭文字が記載されていることは、現在の規制に従って許可されています。
7.6 DOCGワイン「アグリアーニコデルタブルノ」を含むボトルまたはその他の容器には、
ブドウの生産年の真実で文書化可能な表示。

第8条。
梱包
8.1 Aglianico del Taburno DOCGワインは、容量が6リットルを超えないボトルまたはその他のガラス容器で消費するためにリリースする必要があります。さらに、宣伝目的のために、9、12、15リットルの容量の使用が許可されています。
8.2前の段落で言及した容器は、ボルドーまたはブルゴーニュタイプで、天然のコルク栓で閉じられていて、衣類に関しては、特定の価値のあるワインの伝統的な特性に適している必要があります。

第9条。
地域とのつながり
A)地理的領域とのリンク
1)地理的領域との関連性に関連する自然要因定義された地理的領域には、アポロサ、ボネア、カンポリデルモンテタブルノ、カステルポト、フォリアーゼ、モンテサルキオ、パウピシ、トレコーソ、ポンテの自治体の行政区域全体、および一部の自治体の領土が含まれます。ベネヴェント、カウターノ、ヴィトゥラーノ、トッコカウディオのすべてがベネベント州にあります。
岩石学および地形学の観点から、関係する領土は、十分に特定されたユニットとして表示されます。
岩石学および地形学の観点から、関係する領土は、十分に特定されたユニットとして表示されます。
表面の形態は、平底のカルストの窪みが常に点在するレリーフと、局所的で激しいイベントの結果である古代の第四紀の侵食相の暴力を証明する切り込みによって特徴付けられます。
岩相学の観点から、土壌が発達する層は中生代〜第三紀堆積物、または第三紀の第三紀堆積物、砕屑物および火砕物〜第四紀堆積物です。
段ボールの堆積物は、ドロマイト、ドロマイトのカラス、石灰岩です。
テリジェニアスな堆積物は砂岩と色とりどりのうろこ状粘土で構成され、マッシコの東側と西側の両方で露頭しているのが見られます。粘土コールターは、赤レンガ、緑、灰色の粘土で構成されています。それらは、土壌生成への貢献が最も興味深い材料であり、第四紀の砕屑性および火砕性堆積物と競合して、ほとんどすべてのレリーフをカバーし、窪地を埋め、亜熱帯亜遺伝学と密接に混合しています。
この地域の土壌は典型的なレゴスオーリです。主な基質は、軟岩、粘土、石灰岩で構成されています。
加工された表面の水平線は、一般的にゴツゴツした構造を持ち、それほど一般的ではないが、中程度から砕けやすいものまで多面的であり、深さでは、多面的で、より耐性のある圧力の詰まりになりがちです。全体的に浅く、細いこともあります。すぐ下には、ゆっくりとした排水の地平線があり、それがこの地域で見られる摩耗と裂け目の主な制限となっています。適切な機械化を使用し、適切な農業慣行を使用することにより、基板材料が一般に柔らかいことを考慮して、簡単に克服できる制限。
粒子サイズに関しては、薄い寸法の成分が優勢であり(0.02mm未満)、その結果、含水率の値は一般に、異なる特性点で高くなります。水の容量は一般的に高く、他の物理的特性と同様に、農業慣行と土地利用の形態の合理化により、それを有利に高めることができます。
土壌は主に飽和しています。炭酸カルシウムは、細かく拡散した形や沈殿団塊の形であっても、通常存在する成分です。土壌は特に窒素や有機化合物に富んでいないため、通常の施肥と簡単に組み合わせることができます。粘土質材料の場合、これは、樹木作物の根本的な探査のための栄養素の適切な利用可能性を確保するのに役立つ交換能力を持つ基質です。
領域の一般的な特性の全体的な調査、サブドミナントの憲法の特性、および分析データの調査から、特に土壌の処理に関連する適切な栽培慣行によってサポートされている場合、その地域はブドウの栽培に非常に適していることがわかります。
最後に、この地域は全体として丘陵であり、標高は海抜200〜650 mです。
気候は、最も重要な土壌形成因子の1つであり、そこで発生するすべての化学的および生化学的イベント、その進化と分解、微生物の発生と増殖、作物の居住性、本質の発生と成長の制御を表します草本および樹木。
この地域の特徴は、穏やかな温度と年間約1000 mmの降雨量で、保護された谷底がよく露出していることです。しかし、標高が高くなると、冬はより寒くなり、夏は適度に暖かくなり、年間降水量は1400 mmに達することがあります。
高度が制限されている地域では、最大2か月(6月中旬、8月中旬)から、高度の高い地域では最低になるまで、乾燥の時期がありました。
降雨量の分布は内部地域の典型的な傾向に従っており、秋に最大の降水量があり、春に2番目の最大値になることもあります。
これらの傾向により、低高度の地域は基地の浸出の影響を受けず、水文気象体制は栄養分の除去を含みません。標高が高い地域では、浸出は制限され、安定化因子であるカルシウムが一般的に存在する基質の性質により中程度です。
全体として、地域全体は、ブドウの栽培に特に有利な気候特性を備えており、さまざまな生物季節学の段階に対応して、作物のニーズとうまく調和しています。
最後に、この地域全体としては、大気の下層の移動性が良いことが特徴です。これは、作物の十分な放散を伴い、栄養活動と生産の健康にとって好ましい要素となります。
サムナイトのブドウ栽培は、以前は本質的に指向性のあるブドウ栽培として特徴付けられていましたが、ブドウの選択とブドウ畑の設定の両方において、量に向かってスムーズに変更されたため、カンパニアでは、近代化プロセスが行われている地域と見なすことができますぶどう畑はより激しく過激でした。 6分の1の選択、育種と剪定の方式、新しい植物で採用される栽培技術は、品質基準に厳密に向けられています。
そのため、ほぼすべてのブドウ園で採用されているサンバーストという栽培形態で、ブドウの木と1ヘクタールあたりの大規模な大量のつぼみ(1ヘクタールあたり10万から15万のつぼみ、4つの「アーチ」に分布する28のアセポのつぼみ)ができました。非常に豊富なユニット生産を誘発し、生産性のより優れた制御のために開発が減少したフォームに置き換えられました。
新しいインプラントと再植栽は主にespalierで作られており、delguyot、拍車をかけられた索、吊り下げカーテンが普及しています。つる間の距離が大幅に減少し、列のメーターを下回りました。その結果、植物の密度が1ヘクタールあたり最大6000植物に増加し、つるあたりの芽の数が大幅に減少しました。
植物の更新は栽培技​​術の近代化と適応を伴い、選択を通じてブドウの活力を常に制御することを目指しました
第6と台木だけでなく、葉の診断と土壌の物理化学的分析によって提供された指示に基づいて、植物のバランスを保ち、最適な栄養状態に保つ傾向のある土壌と肥料の管理も推論されました植物の栄養生産的な行動。
植物検疫防衛は、防衛計画の文脈において地域行政によって策定された適応症に基づいて、ガイド付き闘争によって設定された原則に触発されています。
全体として、生産プロセスの合理化と栽培の専門化により、1つの部分に生産コストを含めることができ、もう1つの部分には生産の質的改善が含まれます。
1970年代、ベネベント州は、元のアンペログラフィックの基盤変化が他のカンパニア州よりも根本的に変化した地域でした。トスカーナトレビアーノ、さまざまなマルヴァシアス、特にカンディアのサンジョヴェーゼは、植物の構築に選ばれたブドウですが、モンテプルチャーノ、メルロー、ランブルスコの導入も重要でした。
その後、生産者によって、カテゴリーによって、地方のワインプラットフォームの大幅な改定と適切なサポート介入の活性化の両方によって支持され、地域行政によって支持された、迅速で確信のある方向転換がありました。
ライトモチーフは、貴重な土着のツル、特にファランギナ、コーダディフォックス、ギリシャ、アリアニコ、ピエディロッソの強化によって表され、ブドウ栽培システムの更新に広く使用されており、今日この地域で広く普及しています。生産されたワインの商業的成功を考慮して、生産者の関心は特にアグリアニコに集中してきました。アグリアニコは現在、登録簿に登録されているブドウ畑の面積の50%以上を占めています。 Aglianicoの場合、地域で選択され省によって認定されたAglianicクローンが優先されます。これにより、使用される材料の遺伝的および健康的特性と均質性がより確実に保証されます。
特にフィロキセラに対する優れた耐性と地域の土壌条件への良好な適応を示すことに加えて、活力の制御と植物の発育の制御に適した遺伝子型を採用することにより、主に作られる台木を選択することにも注意が払われます飼育システムを採用。
この地域のブドウ栽培の深化した近代化は、専門のブドウ畑を作り、密に密集し、農家のトレーニングを受けており、DOCに登録されているブドウ畑で行われた生産に反映されています。
多くのブドウ畑は、CMOが課す最低限の基準を尊重する農業形態を主に採用することにより、地域機関の指示に従って再植林されています。
具体的には、地元企業は現代のブドウ栽培に言及する、さらに制限的な基準を採用しています。植栽レイアウトは、列間の最大条件が約2.50メートル、最小が2メートルで、ブドウの木の間の列間の距離は約0.80メートルから1.60メートルです。
新しい植物の1ヘクタールあたりのブドウの木の密度は、最低2500植物から特定のケースまで、1ヘクタールあたり7000/8000植物の範囲です。
各つるのつぼみの負荷は、最低約8/10のつぼみから15/20以下の果実のつぼみまでの範囲です。生産量の平均は、1株あたり最大約5 kgから、1株あたり1.5 kgの生産量を提供する高品質の生産量までの範囲です。これらの制限は、現在この地域のワイン生産者に広く使用されている間伐によって保証されており、生産者から高品質のブドウ栽培、したがって上質なワインへの転換が現在完了しています。
灌漑は通常、ベネヴェント州では行われていません。それは不利な年の緊急の場合にのみ使用できます。
登録簿と1ヘクタールあたりの収量の協議から偶然ではなく、ブドウ園の収量が重要なレベルに達していることは、規制によって設定された制限よりも大幅に低いことを示しています。
ベネヴェント州で栽培されているブドウ畑は、品種と熟成期間に応じて、標高が海抜50メートルの範囲にあります。最大高さ約500メートルまで。
2)地理的領域とのリンクに関連する人的要因
Aglianico del Taburno PDOワインの生産において基本的に重要なのは、生産地域に関連する人的要因です。
行われた調査結果と実施された研究に基づくと、ベネベント州でのワインの栽培は、紀元前2世紀にさかのぼる古代の起源を持つと言えます。
ドゥジェンタの町では、生産オーブン、インディアンがワインの保存と取引に使用された印象的な堆積物が見つかりました。学者たちは、これが確かにワインの生産と販売に特に適した地域に建設されたアンフォラ工場であり、ベネベント州全体を流れるカロレ川が支流であるボルトゥルノ川の左岸に沿って位置することに同意しました。
ベネベント州で見つかったアンフォラは、ドゥジェンタとadAnzioの2か所でのみ生産され、エトルリア南部、ラツィオ、カンパニア、サミオの間の地域で使用されました。
確かに、ワインの生産は地元の需要を十分に満たしており、そのためワインは地域の境界外でも販売されたため、ローマ時代のワインのマーケティングにおいてドゥジェンタの町は重要な役割を果たしました。これは、ドゥジェンタで作られたアンフォラがイギリス南部とアフリカ北部で発見されました。
ベネベント州で生産されたワインの多くとイタリアの他の地域からのワインは、ローマに次ぐポンペイのワイン市場で販売されました。
Attilio Scienzaが行った研究によると、ポンペイの民族構成には、起源の強いサンサナイトワイン生産者のクラスが存在していたはずであり、サンニオのデルヴィーノ文化がローマ時代の初期ではないにしても現代的であることが確認されました。
何世紀もの間、サンニオはプーリアとカンパニアの間の自然なつながりを表してきました。
サムニェスは移牧の道をたどって、アブルッツェーゼとプーリアのワインの世界を知り、イピロスのギリシャのブドウの木をサンニオに持ち込みました。
アッティリオ・シエンツァは、サムナイトのワインについて、紀元前5世紀後半のアテネの劇作家、プラトンのコミックからの引用を見つけたと語っています。彼は、穏やかなスモーキーな香りを持つ優れたベネヴェントワインについて話しています。さらに、サイエンスオブサムナイトワインによると、プリニーはナチュラリスヒストリアでもそれについて語っています。ナチュラリスヒストリアは、カプニオスワインの産地の1つがサンニオにあると主張しました。カプニオスワインのスモーキーな風味は、ブドウを乾燥させる方法や喫煙する方法だけでなく、ブドウ自体の特性にも由来します。
サムナイトがブドウの栽培とワインの生産に献身したもう1つの重要な証言は、紀元前5世紀の終わりにサムルニテ家がヴォルトゥルノバレーに定住しました。トレビュラバリエンシスの生産のおかげで、これらの地域は経済発展を遂げました。これは、長老のプリノがナチュラリスヒストリアで報告したものです。
他のカンパニア州と同様にベネヴェント地域では、イタリア北部とガウルの最も軽くて香りのよいワインを発見したローマの市場の味の変化により、ブドウ栽培が危機に瀕しました。最初のガリアのワインは西暦79年にローマに到着しました。
傾向の反転は、約500 ADのみで発生しました。ロンバードのおかげで、パンノニア産のブドウの木を輸入しただけでなく、死石でブドウの木を収穫することもできませんでした。
シャルルマーニュは、キャピトゥラーレデヴィリスを通じてブドウの木の手入れにも取り組みましたが、教会のおかげで、1000年頃に、サムナイトの領土を含むブドウの木の栽培が決定的に復活しました。各修道院の近くにブドウ畑が植えられたと偽って司祭、ベネヴェントランダルフォの司教でした。ワインの売り手の存在と1100年の文書によって証明されるように、特にソロパカ地域でブドウ栽培の復活を支持しました。
この期間中、1400年代までは、州を横断する航行可能な河川を利用する可能性のおかげで、多くのベネヴェントワインが、地中海全体と北海のワインを選別する最大の港であるガエータとナポリの港に到着しました。
その間、ベネヴェントとアヴェリーノの後背地から大量のワインが輸送され、当時のヨーロッパの市場から大きな需要があったスチルワインとともに、スウィートワインも輸送されました。
ベネベント州の領土が教会の統治下にあったという事実から派生する莫大な利益を享受することができたので、それらの年のベネベントの商人クラスはカンパニア地域で最強になりました。
ベネベントのブドウ栽培の科学的根拠に関する最初の説明として、ベネベント州の生産を知り、経済的および社会的条件とサムナイト人口のライフスタイルを再構築することを可能にしたサムナイト領土の最初の真の研究である1811年のムラティアン統計を待つ必要があります。
この研究は、ベネベント州がさまざまな市場の需要を満たすワインを生産していたことを示しています。実際、セレートサンニータのワインは、ソロパカ、フラッソテレシーノ、メリッツァーノのワインと非常に貴重であると見なされ、地域および地域外の市場で販売されました。サンタガタデイゴティのワインは州の市場でのみ販売されていましたが、グアルディアサンフラモンディでは、マラガに似た甘くて強化されたワインが生産されました。
Da Cerreto Sannita e Guardia Sanframondi partiva nel 1811 il più alto numero di barili di vino perla capitale, 79.229, contro i 31.281 di Airola, i 12.557 di Solopaca e i 10.470 di Sant’Agata deiGoti.
Per quanto riguarda il numero di vigne Cerreto Sannita e Guardia Sanframondi non superavano dimolto Solopaca infatti nei due comuni se ne trovavano circa 3.480 ed invece nel solo comune diSolopaca se ne potevamo trovare circa 2.880.
Sempre agli inizi dell’Ottecento c’è testimonianza di un ottimo vino prodotto anche nei comuni diPontelandolfo, Baselice e Foiano in Val Fortore.
Nel 1872 un grosso studioso, Giuseppe Frojo, incominciò a parlare di vitigno in senso scientifico esostienne che le migliori uve della regione Campania erano il Pallagrello, oggi diffuso solo nellaprovincia di Caserta, ma lodava anche le uve Aglianico, Sciascinoso, il Piede di Colombo(Piedirosso), Greco e Fiano, tutti vitigni coltivati nella provincia di Benevento.
Circa venti anni dopo Frojo, fu il Ministero dell’Agricoltura a fare un’accurata analisi delle uvepresenti su territorio sannita.
L’Aglianico restava il vitigno predominate, seguito dal Piedirosso, l’Aglianicone, il Gigante, ilMangiaguerra, la Tintiglia di Spagnala Vernacciola e il Sommarello.
Tra i vini a bacca bianca si notano il Bombino, l’Amoroso bianco, la Passolara, il Greco, laMalvasia, il Moscatello e la Coda di Volpe.
In questo periodo il vino prodotto è destinato al consumo interno, in quanto in provincia diBenevento stava nascendo una classe borghese più attenta e sensibile alla buona tavola, ma anchetrasportato il nord Italia in quanto molto apprezzato e richiesto.
Negli anni in cui Frojo compiva i suoi studi, la superficie vitata della provincia di Benevento erarappresentata da poco più di 15.000 ettari, estensione che pur ponendo la provincia ultima nellaclassifica regionale, la rendeva seconda sola a Napoli per rapporto fra territorio e superficie, mentrea partire dal 1904 e almeno fino al 1924 i terreni a vigna erano più che raddoppiati. Negli anni cheandavano dal 1896 al 1910 il vigneto sannita si arricchì di 8.046 ettari, pari ad un incremento del46%.
Dopo l’unità d’Italia nel vigneto sannita vengono coltivate anche altri tipi di vitigni nazionali edinternazionali come il Sangiovese, Barbera, Cabernet Sauvignon, Malbek, Sirah, Erbaluce,Semillon, Pinot e Riesling renano.
Dopo le due grandi guerre mondiali, vi fu un risveglio in tutti i settori produttivi che influenzòanche quello agricolo, e nella provincia di Benevento si verificò che i contadini, fino ad allora soloconduttori dei terreni, ne acquisirono anche le proprietà. In questo periodo la produzione delle uveaumentò sensibilmente nella provincia di Benevento, favorendo da una parte la nascita del primoEnopolio nella provincia a Solopaca che vantava una capacità di 13 mila ettolitri contro i solicinquemila dell’Enopolio napoletano, ma dall’altra lo sfruttamento dei grossi mediatori neiconfronti dei piccoli produttori.
In realtà neanche la creazione dell’Enopolio di Solopaca contribuì a migliorare la condizione deipiccoli produttori e quindi nacquero con il passare degli anni le quattro Cantine sociali ancora oggioperanti sul territorio sannita, La Guardiense, la Cantina sociale di Solopaca e La Cantina delTaburno e il CECAS (Centro Cooperativo Agricolo Sannita).
Il compito fondamentale delle cantine sociali fu quello di raccogliere, trasformare e vendere, le uveprovenienti dalle diverse zone della provincia di Benevento, in modo da sostenere i piccoliproduttori e favorire lo sviluppo della viticoltura nel Sannio.
B) Informazioni sulla qualità o sulle caratteristiche del prodotto essenzialmente oesclusivamente attribuibili alla zona geografica.
I vini di cui al presente documento presentano, dal punto di vista analitico ed organolettico,caratteristiche molto evidenti e peculiari, descritte all’Art. 6 del presente disciplinare, che nepermettono una chiara individuazione e tipizzazione legata allambiente geografico.
In particolare tutti i vini rossi e rosati presentano caratteristiche chimico-fisiche equilibrate in tuttele tipologie, mentre al sapore e allodore si riscontrano aromi prevalenti tipici dei vitigni.
C) Descrizione dell’interazione causale fra gli elementi di cui alla lettera A) e quelli di cui allalettera B).
L’orografia collinare e montuosa del territorio di produzione e lesposizione prevalente dei vigneti.
orientati a sud, sud-est, localizzati in zone particolarmente vocate alla coltivazione della vite,concorrono a determinare un ambiente adeguatamente ventilato, luminoso, favorevoleallespletamento di tutte le funzioni vegeto-produttive della pianta.
Nella scelta delle aree di produzione vengono privilegiati i terreni con buona esposizione adatti aduna viticoltura di qualità.
La millenaria storia vitivinicola della provincia di Benevento, che parte dal II secolo a.C., passa peril medioevo e giunge ai nostri giorni, attestata da numerosi documenti, è la fondamentale provadella stretta connessione ed interazione esistente tra i fattori umani e le qualità peculiari delterritorio e dei vitigni dai quali si ottiene il vino “Aglianico del Taburno”.

第10条。
Riferimenti alla struttura di controllo
IS.ME.CERT - Corso Meridionale n.6 - 80143 Napoli – Italia
L’ IS.ME.CERT è lOrganismo di controllo autorizzato dal Ministero delle Politiche agricolealimentari e forestali, ai sensi dellarticolo 13 del decreto legislativo n. 61/2010 (Allegato 1) cheeffettua la verifica annuale del rispetto delle disposizioni del presente disciplinare, conformementeallarticolo 25, par. l, l° capoverso, lettera a) e c), ed allarticolo 26 del Reg. 607/2009, per iprodotti beneficianti della DOP, mediante una metodologia dei controlli sistematica nellarcodellintera filiera produttiva (viticoltura, elaborazione, confezionamento), conformemente al citatoarticolo 25, par. l, 2° capoverso, lettera c).


ビデオ: イタリアフィレンツェで自然派ワインを飲むならここヴィネリアソノラ Florence in Italy natural wine bar Vineria Sonora (八月 2022).