情報

牛の品種:ピンツガウアー

牛の品種:ピンツガウアー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

起源と拡散領域

原産地はオーストリアのザルツブルク地方です。それは古代起源の品種で、素朴で丈夫で、特に山岳環境に適しています。牛乳や肉の生産に優れ、バイエルンアルプス、オーストリア、南チロル(ヴァルプステリーア)で飼育されています。また、北米や南米など、多くの東ヨーロッパ諸国にも広まっています。イタリアでは、ピエモンテで高度に育種されています。これは、ヨーロッパアルペンシステム連盟の品種に属する11品種の1つです(アボンダンス-フランス、グリッジオアルピナ-イタリア、ヘーレスヴェルダー-ドイツ、ピンツガウアー-オーストリア、レンデナ-イタリア、タレンテーズ-フランス、チロラーグラヴィエ-オーストリア、 Valdostana-Italy;Vordelwälder-Germany; Vosgienne-France)。
1985年以降、拡散が制限されている固有のウシ個体群と民族グループのレジストリが確立されました。この登録は、イタリアで飼育されている絶滅危惧種の牛の品種を保護し、これらの遺伝的遺産を保護するために設立されました。次の品種が受け入れられました:アゲローゼ、ビアンカヴァルパダナ(モデネーゼ)、ブルリーナ、カバニーナ、カルヴァーナ、チニサーラ、ガルファニーナ、モディカーナ、カウピサーナ、ペッツァータロッサドロパ、ピンズガウアー、ポントレモレーゼ、ペスタータラー、レッジャーナ、サルダ、サルドモディカーナ、ヴァルツェ。

形態学的特徴

コートの色:ピエバルドレッド(マホガニー)、主に支配的な赤。体を縦方向に(デューラップからウィザーまで)囲む典型的な白いバンドがあります。
レッドマホガニーブラウンのヘッド。
脱色した粘膜(赤マホガニー)。
先端に光と黒のホーン。
中小サイズで身長の調和のとれた動物。
女性の身長130 cm
女性5.5〜6.5キンタルの生体重量

生産的特徴

肉の有病率が高い二重目的の品種。
それはその素朴さ、寿命、繁殖力、そして高地の放牧への順応性が特徴です。

ピンツガウアー・ハイファー

ピンツガウアー種雄牛


ビデオ: 肉磨きASMR黒毛和牛のゴッドファーザー但馬牛ってどんな肉-但馬牛ランイチのカット- (かもしれません 2022).