情報

牛の品種:ヘレン

牛の品種:ヘレン

起源と拡散領域

このスイスの品種の名前は、その起源であり、長年飼育されてきた同名の地区(スイスのローヌ渓谷)に由来しています。それはローマ時代にすでに存在していたと考えられています。今日では、スイス(ブリンゲンとマルティニーの間の地域のヴァレー州)、アオスタ渓谷、フランスのシャモニー地域で飼育されています。これは、ヨーロッパアルペンシステム連盟の品種に属する11品種の1つです(アボンダンス-フランス;グリージョアルピナ-イタリア;ヘレス-スイス;ヒンターヴェルダー-ドイツ;ピンツガウアー-オーストリア;レンデナ-イタリア;タレンテーズ-フランス;チロラーグラヴィエ-オーストリア; Valdostana-Italy;Vordelwälder-Germany; Vosgienne-France)。

形態学的特徴

コートの色は茶色がかった茶色までの均一な黒です。時々、ムリーナ列の存在(より明るいバックライン)。
黒色の粘膜。
先端の黒い顕著な角。黒い爪。短くて広い頭。短い手足と非常に強い爪。
横径が大きく、発達した筋肉組織、軽くて頑丈な骨格を持つ中型の小さくてずんぐりした深い動物。
生き生きとした好戦的な気質。

生産的特徴

牛乳の蔓延を伴う、二重目的の品種。
素朴で長持ちする肥沃な品種で、非常に強い爪と手足を備えた優れた牧草地です。

ヘレン種牛

ヘレン種牛


ビデオ: 必見牛の心臓の捌き方!! (12月 2021).