情報

牛の品種:フレンチブラウン

牛の品種:フレンチブラウン

起源と拡散領域

フレンチブラウン(国際名フレンチブラウン)は1830年からフランスで導入されました。最近ブラウンブラッド(米国)で改善されました。フランスの山岳地帯(マシフセントラルの南西、ピレネーの北)で純粋に育てられています。一部のエクスポート。 1922年以来の群れの本。

形態学的特徴

コートの色はライトブラウン(牛の方が暗い)です。白いハローの黒い銃口。先端が透明で黒色の短いホーン。 3ヶ月までの灰色の子牛。
良いコンフォメーション。
身長と体重はスイスブラウンよりも大きいです。
成牛:体重600-700 kg;高さ135-140 cm。

生産的特徴

制御された牛の頭あたりの平均生産量6,095 kg脂肪3.74%タンパク質3.33%-1987年のデータ牛乳/肉の比率のバランスが良い(牛乳が優勢になる傾向がある)。

フレンチブラウン牛

フランスのフレンチブラウン品種の繁殖地


ビデオ: 牛頬肉の煮込み 巨峰とバルサミコとフレンチStewed cow jowl (12月 2021).