情報

鶏の品種:スイスドワーフチキン

鶏の品種:スイスドワーフチキン

起源、普及および経済的特徴

原産国:スイス。 1946年に承認されました。黄色がかった殻の卵を産みます。

形態学的特徴

中層の水平型小人鶏。強力で細長いボディ。体に引き締まった羽。
単色:白。
中重量:
-ガウル1.0 kg
-0.9 kgの鶏

スイスドワーフチキン(写真www.kgzv-rorschacherberg.ch)

品種規格-FIAV

I-一般

原点
スイス。 1946年に認定されました。


最小重量g。 35
シェルの色:黄色がかった。

リング
オンドリ:15
編:13

II-選択のタイプとアドレス
中層の水平型小人鶏。強力で細長いボディ。体に引き締まった羽。

III-標準
品種の一般的な外観と特徴

1-フォーム
トランク:中くらいのサイズ、長くて深い。
頭:大きすぎず、狭く、細長い。
くちばし:短くて強い。ライトホーンカラー。
目:赤橙色のアイリス。
紋章:バラ、ミディアムサイズ。広く埋め込まれ、頭蓋骨から突き出ていない:細かい真珠色;首から外れた水平脊椎;赤。
バルジリ:ミディアム丈、楕円形、赤。
顔:滑らかで細かく、赤。
おたふく風邪:中型、楕円形、赤。
ネック:ミディアム丈。豊富なケープ。
肩:幅広で丸みを帯びています。
背中:長く、幅が広く、まっすぐ。広いクループ。
翼:ミディアムレングス。しっかり閉じて体に引き締めます。
尾:十分に発達した大きな鎌と多数の小さな鎌があり、丸みを帯びています。流れがわずかに検出されて閉じられました。
胸囲:幅広、フル、ディープ。
脚:やや明白な、中程度の長さの脚。 tarsiは大きすぎません。羽毛なし;白からライトホーン。縦方向の赤い糸は許容されます。 4本の指、よく広がります。
腹:よく発達した。

2-重量
ルースター:Kg.1,0
編:Kg。0,9

深刻な欠陥:
バックまたは短いバックライン。高度に開発されたベアリング;テールホールドが検出されすぎている、または垂下している。うなじ線に沿った背骨;おたふく風邪の白。

3-プルーム
形状:柔らかく、体に近い。クッションにならない厚手のダウンジャケット。

IV-色

白い
真っ白。
ホワイトダウンジャケット。
深刻な欠陥:強い黄色がかった色合い。他の色のペン;羽毛布団ですす。


ビデオ: 副菜を簡単3分でコウケンテツのこれ添えてちぎりプチトマトのおいしいマリネMarinated Tomatoes, Ready in 3 Minutes! (1月 2022).