情報

鉢植え:Cyperus、Cyperus、Papyrus、Cyperus alternifolius、Cyperus argenteostriatus、Cyperus diffusus、Cyperus haspan viviparus、Cyperus longus、Cyperus papyrus、Cyperus vegetus

鉢植え:Cyperus、Cyperus、Papyrus、Cyperus alternifolius、Cyperus argenteostriatus、Cyperus diffusus、Cyperus haspan viviparus、Cyperus longus、Cyperus papyrus、Cyperus vegetus

分類、起源、説明

一般名:パピルス、チペロ
種類:Cyperus。

家族:ツツジ科。

語源:属の名前は、テオクリタスとテオフラストゥスによってすでに知られている種を示すためにギリシャ語のkypeirosに由来しています。この名前は、他の湿地植物とも考えられています。
出所:属の名前は、テオクリタスとテオフラストゥスによってすでに知られている種を示すためにギリシャ語のkypeirosに由来しています。この名前は、他の湿地植物とも考えられています。

ジャンルの説明:根茎、草本、一年生または多年生の植物の約500〜600種が含まれます。これらの植物は、発達するために湿度の高い環境を必要とします。それらは、葉に似た、細長い葉の美しさのために栽培され、さもなければ重要ではない花を保護する傘に集められ、それはそうでなければ重要ではなく、終末の花序に集められます。屋外(池、湖、小川、盆地の端)で栽培できる素朴な種と、寒い季節には屋内で、暖かい時期には屋外で栽培できる鉢で育てなければならない繊細な種があります。パピルス(C. papyrus)はこの属に属します。

Cyperus involucratus(ベルリン植物園)(写真のウェブサイト)

種と品種

Cyperus alternifolius (同義語 Cyperus involucratus Rottb。):アフリカ原産で、常緑の繊細な多年生の湿地または半湿地の種で、根茎が根から直立して中空の茎が始まり、開放地では1.5 m以上の高さに達することがあります。花瓶は1メートルを超えません)。頂点には、直立または裏返しの直線状の芽の冠があり、その間に夏には緑の花の小さなくぼみがあり、花弁は鱗状の芽を持ちます。鉢植えとしてかなり普及し、よくかき回されます。半錆びた種で、新鮮な環境によく適応し、すべての穏やかな気候の地域で屋外で栽培できます。散発的な霜は通常、植物にとって致命的ではなく、春に再び発芽します。覚えている品種はいくつかあります。「Gracilis」は、小さくて繊細です。 「Variegatus」、茎と緑の葉に白い縞があります。

Cyperus argenteostriatus:高さが30 cmを超えない小人種で、よりコンパクトな外観と、大きくて先が細くなっている葉。

Cyperus diffusus:モーリシャス島原産で、以前の種よりも高さが低くなっています(30〜90 cm)。直立した中空の茎は、C。altenifoliusと同様の広葉樹の房を持っていますが、黄緑色から茶色に広がっています。末端小穂は長くて派手で、しばしば枝分かれしており、淡い茶色をしています。

Cyperus haspan viviparus:元々はアフリカ産で、高さ70〜80 cmに達する繊細な常緑樹のさまざまな種類を表しています。茎は滑らかで、葉は6月から9月に開花する花序の下部を囲みます。

Cyperus longus:ヨーロッパ原産のこの多年生で素朴な種は、高さが40〜90 cmに達し、非常に活発なので侵入されます。大きな濃い緑の葉と赤褐色の羽毛の花序があり、非常に長く垂れ下がる芽があります。

Cyperus papyrus:この種は、もともとアフリカ北東部(ただし、シチリアでも自然に成長する)に由来するもので、エジプト人が骨髄を紙の製造に使用した一般的な「パピルス」を表しています。多年生の常緑樹で繊細な種であり、高さ2〜3 mに達する茎があり、三角形の部分から傘状の球形で羽毛状の花序が上部につながり、長さは約30センチです。

Cyperus vegetus:南アメリカ原産で、この多年生で素朴な種はC. alternifoliusに似ていますが、花序は羽毛状で、幅は約20センチで、最初は緑、その後は茶色になります。

Cyperus alternifolius L.(フィレンツェ農業技術研究所)(ウェブサイトの写真)

環境要件、基質、受精および特別な注意事項

温度:冬の最低気温が10〜13°Cを下回ってはなりません。
:直射日光を避け、強く拡散した光。
水やりと環境湿度:それらは十分に水をやる必要がある植物です。実際に、ポットを湿気のある環境をシミュレートし、大気の湿度を高く保つには、ポットを水を含む別のコンテナに浸けた方が良いでしょう。
基板:砂を加えた葉土。豊富な水がそれを固めるのを防ぎます。
特別な受精とトリック:デリケートな種は、5月から9月まで、深さ約10 cmの水に浸したままにするポットに植えなければなりません。黄ばんだ茎は根元で切る必要があります。南イタリアの穏やかな気候の地域では、屋外で栽培することもできます。素朴な種は、イタリアのすべての地域で冬の低温に抵抗します(春に空中部分が死んでも、再び芽が出ます)。 C. longus種は、他の15 cmまでの水を必要とするのとは異なり、45 cmまで水没する必要があります。高さ30 cm、幅40-50 cmの浴槽で栽培され、鉢植えの土壌と成熟した肥料の混合物で満たされており、水で満たされたコンテナに浸されているC.パピルスの場合、最低冬温度は下回ってはなりません。 15°C
一般に、3月から9月までは、2週間ごとに液体肥料を与えるのが良いでしょう。豊かな植物を得るために、乾燥した茎を取り除くように注意する必要があります。

乗算

彼らは、すぐに植えなければならないか、または基礎シュートを使用して、春に植物が生成するいくつかの根も取るように注意しながら、根茎の分割(4月から8月に)を掛けます。 C. haspan viviparusとC. alternifoliusは、挿し木を掛けることができます:茎を芽の冠から3〜4 cm切り、芽を5〜6 cmに短くした後、発根させます逆さまに湿った土の上に置くか、水の入った容器に入れて置きます。これが葉に触れるか、わずかに水没するように注意してください。理想的な温度は約21°Cです。根が形成されたら、それを植えます。サイパーは、鉢植えの土壌で満たされたテリーヌを少量の水に浸しておくと、4月に種子で繁殖できます。苗は常に水に浸したボウルに再梱包する必要があり、大きくなると、最終的なポットに植えられます。

病気、害虫および逆境

-葉が黄色くなったり枯れたりする:水不足または冬の気温が低すぎる(後者の場合、茎を5 cmに切り、温度を13°C以上に保つ)。

-「垂れ下がる」葉:受け皿に水が不足していない場合、問題は環境の明るさが低いことにあると考えられます。


ビデオ: How to grow Papyrus (10月 2021).