情報

ヴァッレスキュラステートバイオジェネティック自然保護区-ベネト

ヴァッレスキュラステートバイオジェネティック自然保護区-ベネト



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

保護区の種類-設置場所

類型:州の生物遺伝学的自然保護区。省令で制定1975年12月20日。ベッルーノドロミテ国立公園内にあります。
ベネト地域
州:ベッルーノ

ヴァレスキュラバイオジェネティック自然保護区、好熱性の木材、ブナ、ムゲタのあるドロミテ渓谷は、標高655 mから1800 mのサンタジュスティナ(BL)の223ヘクタールの面積を占めています。 s.l.m.

サンタジュスティナ周辺の山(BL)-バジェスキュラ自然保護区

説明

ヴァルスキュラ保護区は、自然林の形成、オリジナルの植物相の集落、特定の価値のある動物が特徴です。ベセス川の右岸と左岸にあります。地質学的基盤は石灰質です。一部の場所を除いて、傾斜は一般的に高いです。以下は、白いシデ、黒いシデ、ヘーゼル、黒いハンノキの雑木です。ブナを上るのも現れます。また、人工植物に由来する白いモミ、スコットランドパイン、マウンテンパインのいくつかの核を見つけます。最上部では植生がまばらで、山の松のある牧草地とともに大きなクリアが現れます。
保護区に存在する動物種の中で、アルプスのシャモア、ノロジカ、ダマジカ(導入)、アナグマ、キツネ、ヤマネ、テン、リス、ノスリ、クロキジについて触れます。

見学のご案内

管理:
Ex Asfd
Gregorio XVI経由、8
32100ベッルーノ